プレイボール2 46話ネタバレと感想|沸き立つ墨谷高校に嬉しいごほうび!

2019年04月03日発売日のグランドジャンプ最新話!

 

プレイボール246話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

もしも絵付きでしっかりとプレイボール246話を読みたい!ということなら、music.jpで今すぐグランドジャンプが無料で読めちゃいますよ。

music.jpでグランドジャンプを無料で読む

プレイボール2 前回までのあらすじ

プレイボール2の前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

プレイボール2 45話ネタバレと感想|墨谷の攻撃に大内はどうなる?
2019年3月20日発売日の最新話! のネタバレと感想をご紹介していきます。 もしも絵付きでしっかりとを読みたい!ということなら、music.jpで今すぐが無料で読めちゃいますよ。 music.jpでを...

プレイボール246話 ネタバレ

墨谷高校野球部は聖陵をサヨナラ勝ちで制し、地区大会ベスト16まで勝ち上がりました。

 

試合が終わり、帰宅の途につこうとしていた野球部員達のところへOBの田所がやってきました。

 

田所は実家の田所電器の仕事が立て込んでしまい、試合には間に合いませんでしたが、駅に向かう学生に試合結果を聞いて飛んできたのでした。

 

喜ぶ田所は谷口を激励します。

 

甲子園まであと4勝、まだまだ長い道のりだな、と言いながらも気が急いている様子の田所でしたが、谷口は、今はまだ目の前の一戦一戦だと田所を制するのでした。

 

しかし、興奮冷めやらない様子の田所は、今年は「去年果たせなかった夢」を果たす、と部員達を商店街のうなぎ屋へと引き連れていくのでした。

 

去年の聖陵戦の後は、うなぎ屋を回避して蕎麦屋に入り、田所にカツ丼をおごってもらったのでした。

 

しかし、今年は球場の横の公衆電話から田所はあらかじめうなぎ屋に予約を入れていたのです。

 

おれのおごり、ただし全員「梅」だという田所。

 

しかし、梅ですら1200円するのです。

 

谷口達は躊躇しますが、猛暑のおかげでエアコンが飛ぶように売れ、大忙しで試合にも遅れてしまったが、そのおかげでおれは大金持ちだ、と田所は安心させるように答えるのでした。

 

サヨナラヒットを打った半田、勝ち投手になった井口に、田所はコーラを振舞います。

 

井口が勝ち投手である事が悔しい五十嵐は堪えるようにうなぎを食べていましたが、そこに田所がやってきて、今日のMVPはお前だ、とコーラを勧めてくるのでした。

 

次は順当に行けば大島工業が相手で、勝てばベスト8です。

 

谷口は今日の試合で頑張った部員達全員に対し、感謝しながらも、あとはおれが采配を間違わない事だ、と考えながらうなぎをほおばるのでした。

 

谷口は技術面を磨くために練習は再び竹バットを使う事にしました。

 

練習試合では打ちまくっていたのに、いざ本番の試合では2試合の得点が4点しかなく、試合で金属バットに頼り切ってしまった結果、芯でボールを捕らえる事をおろそかにしているのではないか、と谷口はミーティングで伝えました。

 

今日は、もう一回竹バットで芯を捕らえる感触を確かめ直してほしい、と、竹バットを使った練習が始まりましたが、竹のバットは手に衝撃が伝わりやすく、部員たちは苦労しています。

 

そんな中で、半田は竹バットでも、いい当たりを出していました。

 

半田は聖陵戦でバントを芯でやってみて、何かをつかめたような気がする、と考えていました。

 

半田のいい当たりのバッティングを見ている谷口の元に、イガラシがやってきました。

 

聖陵戦での生意気な発言を詫びるイガラシに、谷口は怒る事もなく、ニヤニヤと笑っているのでした。

 

「あの試合の前の日 オマエちゃんと眠れたか?」と聞く谷口に、イガラシは素直に、眠れずに一晩中体を動かしていた事を明かすのでした。

 

谷口はイガラシの様子から、全てお見通しだったのです。

 

谷口はイガラシに、中学の軟式野球と高校の硬式野球は、思っている以上の隔たりがあること、練習試合と公式戦も驚くべき程違うことをもう一度確認するように伝え、更に、体調を管理したり、もっとできるかもしれないといった欲を出して体を壊さないよう、自分自身と闘えと言うのでした。

 

バッターボックスに入ったイガラシは、聖陵戦での自分のバッティングを反省していました。

 

金属バットの芯の広さにかまけたルーズなバッティングを反省し、竹バットでスイートスポットに当てる感覚を反復する、と集中してボールの芯とバットの芯を正面衝突させるように打ちました。

 

最高の感覚を得た、と得心したイガラシは、今日はこの一本で止めると谷口に宣言します。

 

谷口はイガラシの成長に期待していました。

 

そこへ、地区大会を見に行っていた田所がやってきて、大島工業が勝ったと伝えます。

 

試合結果は8対9で、大島は買っていても相手に8点を取られている、と谷口は口にし、田所もそれについて谷口の考えと同じことを考えている、という様子です。

 

大島戦は打ちたい、と決意を新たにする谷口でした。

スポンサーリンク

プレイボール2などのグランドジャンプ 最新話を今すぐ無料で読む

ここまで、プレイボール246話のネタバレを見てきましたが、やっぱり漫画は絵を見ながら読むのが一番面白いですよ!

 

music.jpなら30日間の無料お試し期間があり、登録してスグに961Pがもらえるので今すぐグランドジャンプの最新号読めます!

 

今回のプレイボール2も画バレありで読みたいなら、ぜひお試しあれ!

music.jpでグランドジャンプを無料で読む

無料お試し期間中に解約すれば違約金は一切ありません

プレイボール246話 感想

試合も終わり、ホッと一息ついたところに登場する田所電器専務であるOBの田所が、部員達を鼓舞し、谷口には的確なアドバイスを伝えます。

 

プレイボール2の要所要所には必ずと言っていいほど登場する田所は、キャプテンとして時には悩むこともある谷口を上手くフォローしてくれる重要な存在です。

 

谷口もキャプテンとしてかなり成長してきていますが、それでもまだまだ自分の采配に自信が持てない時もあるので、田所の存在は相当助かっているのではないでしょうか。

 

かといって、余計な口出しまですることも無いので、田所はある意味いい上司的な存在なのかもしれません。

 

実家の家電店も商売繁盛ですが、田所によって更に店が大きくなり、従業員も増えるのでは?などと余計なことまで詮索したくなります。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでプレイボール246話のネタバレ&感想をご紹介しました!!

 

ですが、やっぱり漫画は絵と合わせて読むことでグッと面白さが倍増するもの。

 

そこで無料で最新話&最新巻の漫画が読めるサービスをまとめましたので、ぜひご覧くださいッツ!

無料で好きな漫画が読めるサービスまとめ

コメント