六道の悪女たち134話ネタバレと感想|何でそうなる?

2019年03月28日発売日の週刊少年チャンピオン最新話!

 

六道の悪女たち134話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

もしも絵付きでしっかりと六道の悪女たち134話を読みたい!ということなら、U-NEXTで今すぐ週刊少年チャンピオンが無料で読めちゃいますよ。

U-NEXTで週刊少年チャンピオンを無料で読む

六道の悪女たち 前回までのあらすじ

六道の悪女たちの前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

六道の悪女たち133話ネタバレと感想|やってきましたホワイトデー!
2019年3月20日発売日の最新話! のネタバレと感想をご紹介していきます。 もしも絵付きでしっかりとを読みたい!ということなら、U-NEXTで今すぐが無料で読めちゃいますよ。 U-NEXTでを無料で読...

六道の悪女たち134話 ネタバレ

男と女の違いは何か。

 

それは遺伝子学的に言うと“Y染色体”である。

 

Y染色体は男性のみが持つ遺伝子で女性にY染色体はない。

 

しかしY染色体は ここ何万年の間で減少し続けている。

 

ある一説では このままY染色体が減少し続けると いずれ地球から…

 

男は絶滅すると言われている。

 

…という、椰子谷のモノローグで第134話は始まります。

 

ミリタリータイプのボンデージファッションに身を包み、鞭を手にした椰子谷は、口開き型全頭マスクで視界を奪われた男をヘッドロックしています。

 

「弱い弱い弱い 面白くない いつから男はこんなに…弱い生き物になったのかしら」と毒づく椰子谷。

 

「アンタら…誰なんだ…‼俺が何したってんだよ…‼」と咳込みながら叫ぶ男に対して、椰子谷の後ろに控えていた男が「お前…針蔵(はりくら)高校だよなァ 帰って皆に伝えろ 俺たちのチーム命は“クロムサム” この街は 俺たちが仕切ることにした…とな」と伝えるのでした。

 

針蔵高校では、椰子谷にやられた生徒が岡森という生徒に報告をしていました。

 

絶対、亞森の仕業だ、と別な生徒がいきり立ちますが、岡森は、今回は亞森は関係ないと断言するのでした。

 

しかし、クロムサムというチームについては何のてがかりも有りません。

そこで、岡森は自分の後ろにいる男に意見を求めるのでした。

 

そこには、あの菫風乃が立っていました。

 

六道との闘いの後、菫姉弟は針蔵高校に転入していました。

 

一緒に更生しようと雷乃に誘われた風乃でしたが、そこは亞森高校に勝るとも劣らない不良だらけの高校でした。

 

風乃は針蔵高校の不良生徒達に一目置かれ、信頼されていましたが、更生する為に普通はこんな学校には入らないと、姉の行動に呆れていました。

 

岡森は風乃を針蔵の頭らしくなってきた、と言いますが、風乃は頭になったつもりはありません。

 

女装を止めて男性の恰好になった風乃ですが、かつて鬼島連合にいた時と同じく、冷静にクロムサムの規模や、どんな奴らなのか正体を見極めてから対処すべきと、すぐにでも戦闘状態に入ろうとしている岡森らに釘をさすのでした。

 

椰子谷にやられた男に、風乃は服を脱いでみろと言います。

 

その背中には鞭の跡が無数につけられ、ズタズタになっていました。

 

その傷跡を見て、風乃は椰子谷の仕業ではないかと訝りますが、それは風乃には考えられない事でした。

 

狙われているのが針蔵高校である事を知った風乃は亞森高校と手を組む事を提案します。

 

しかし、針蔵の生徒たちは、亞森との同盟は絶対に無いと猛反発をします。

 

風乃は納得がいきませんでしたが、それなりの理由があるという岡森の言葉に、引き下がらざるを得ませんでした。

 

その頃、雷乃は六道に、鬼島連合との闘いの後、行方をくらましていた間に何をしていたのか楽し気に語っていました。

 

針蔵高校に転入した事を知らなかった六道に、伝わっているかな、と期待していたという雷乃。

 

自分から教えるのではなく、相手に自分の事を気付いてほしい、という乙女心を汲み取って欲しかった雷乃は、男と女は違う生き物って聞いたことがあるから(気付かなかったのも無理はない)と、六道をフォローします。

 

しかし、チョコもわからなかったという六道に対し、ハートにしたのだから気付いてほしかった、ハートと言えば私、みたいなとこない?と照れながら言うのでした。

 

楽し気に会話をする二人でしたが、突然、意を決したように雷乃は告白を始めました。

 

「今日…六道に会いに来たのはね…その…もう 伝わってるかもしれないけど…私…ね 六道に…」

 

「亞森と針蔵 両方を仕切る 最強の番長になってほしいの」と、とんでもないお願いをするのでした。

 

「汲み取れないよ 雷乃さん‼急にどうしたの⁉」

スポンサーリンク

六道の悪女たちなどの週刊少年チャンピオン 最新話を今すぐ無料で読む

ここまで、六道の悪女たち134話のネタバレを見てきましたが、やっぱり漫画は絵を見ながら読むのが一番面白いですよ!

 

U-NEXTなら週刊少年チャンピオンの最新号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。

 

今回の六道の悪女たちも画バレありで読みたいなら、ぜひお試しあれ!

U-NEXTで週刊少年チャンピオンを無料で読む

一ヶ月間の無料お試し期間があって、更に登録直後に600ポイントまでいただけますので。

 

また、解約金も不要で解約もサクッと終わりますのでご安心ください!

六道の悪女たち134話 感想

前回に引き続き、女王様状態全開の椰子谷。

 

乙女チックに変貌したのに暴力の世界からは抜け出していなかった雷乃。

 

悪女に好かれる術のせいとは言え、六道の周りの悪女は一癖も二癖もあって大変個性的で、大変そうです。

 

針蔵高校と亞森高校は犬猿の仲で、そこに新たな勢力であるクロムサムが絡み、しばしの平穏に別れを告げる事になりそうな六道。

 

次号からは、また戦いの日々になるのでしょうか。

 

頑張れ、六道。

まとめ

ここまで六道の悪女たち134話のネタバレ&感想をご紹介しました!!

 

ですが、やっぱり漫画は絵と合わせて読むことでグッと面白さが倍増するもの。

 

そこで無料で最新話&最新巻の漫画が読めるサービスをまとめましたので、ぜひご覧くださいッツ!

無料で好きな漫画が読めるサービスまとめ

コメント