六道の悪女たち132話ネタバレと感想|ミナミは六道の正体を知る事に!?

2019年03月14日発売日の週刊少年チャンピオン最新話!(2019年15号)

 

六道の悪女たち132話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

六道の悪女たち132話 ネタバレ

六道を追って、亞森高校へ入学を決めた山吹ミナミは全身をロリータファッションでキメて入学手続きにやってきますが、そこで二人の不良女子に絡まれてしまいます。

 

 

絶体絶命のピンチに、鈴蘭(りんらん)が現れ、ボクシングをやっているという二人をあっと言う間に倒してしまいます。

 

 

その鮮やかな戦いっぷりに、ミナミは、私を助けてくれた…‼スーパーヒーロー⁉と感激してしまいますが、鈴蘭はただの素人に余計な時間をつかってしまった、とうそぶくのでした。

 

 

お礼をいうミナミに、彼女を助けた訳ではなく、理想の学園生活を手に入れるためにやったのであって、一生に一度の青春だから、学校の不良どもを全員血まつりにあげて、亞森の頂上(てっぺん)を取るのだと、鈴蘭は笑顔で答えます。

 

 

それを聞いたミナミは思わず鈴蘭に「お前も不良やないかい‼」と突っ込みを入れてしまいます。

 

 

そして、2人とも同じ3組である事が判明するのでした。

 

 

ロリータファッションのミナミと、入学手続きで受け取った制服を既に着用している鈴蘭という、真逆な2人が互いのファッションを罵倒しあっていると、そこに二年の高城と名乗る、いかにも不良なファッションのいかつい目つきの男が現れました。

 

 

高城は、先程の不良女子の兄でした。

 

 

妹の仇をとりに来た高城に、女に泣かされても文句言うなよ“お兄ちゃん”、と鈴蘭は挑発します。

 

 

一触即発の様子に、ミナミは、これからの学園生活を思うと不安しかないのでした。

 

 

「こんな学校で…‼私はどう楽しく過ごしたらええの…⁉教えて六道くん…‼」と怯えるミナミでしたが、突然、高城の様子が一変します。

 

 

亞森高校の番長がやってきたので、高城は態度が急変し、番長に挨拶をするためケンカを取りやめて駆け付けます。

 

 

他の新入生の不良たちも番長に挨拶する為に続々と集まってきて、自分の出身中学を伝えるなどアピールに必死です。

 

 

ついに番長まで出てきた、と絶望するミナミの前に現れた番長は、あの、幼田(おさなだ)でした。

 

 

髪を二つに結んだ、どうみても可愛い小学生女児にしか見えない幼田と、幼田の傍を歩く通称“課長”と“大佐”、飯沼、つばき、など、かつて温泉旅行で出会ったメンバー達が、実は亞森高校の番長とその仲間である事をしり、ミナミは驚愕するのでした。

 

 

鈴蘭も幼田が番長である事を知り驚きます。

 

 

飯沼は、鈴蘭の制服姿を目にして、思わず違和感あると口走ってしまい、鈴蘭は、最初はそんなもんだろ、と言い返すのでした。

 

 

二人とも仲良くやるんだぞ、と幼田に言われ、しぶしぶながらも友達になる事を宣言するミナミと鈴蘭でしたが、そこに六道が現れました。

 

 

六道を見つけた不良たちは急いで駆け付け頭を下げて挨拶をし、ミナミを襲った不良娘達と高城は、番長たちのお知り合いと知らなかった、とミナミにも頭を下げて謝るのでした。

 

亞森高校の裏番として慕われ、自分の居場所をちゃんと作っている六道の姿を目にした南は、自分もこの学校で理想の学園生活を作ると心に誓うのでした。

 

そして、その時に初めて、互いに相手が六道と既に知り合いであったことを知るのです。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

六道の悪女たち132話 感想

六道のいる学校だから、という情報だけで亞森高校への入学を決めた山吹ミナミでしたが、不良だらけの高校である事を入学手続きの日まで知らずにいたとは、何とも可哀そうです。

 

 

しかし、たとえそれを知ったうえでも、六道の為に、入学を決意したのではないでしょうか。

 

 

ミナミと同じように六道を慕う鈴蘭も同じ新入生で同じ3組です。

 

 

六道を慕う女の子が更に増えて、六道の学園生活はますます賑やかになりそうですね。

 

 

いいコンビになりそうなミナミと鈴蘭が、更にパワーアップした騒動を巻き起こしてくれそうです。

コメント