ヒットマン36話ネタバレと感想|仕事は順調???またもや事件の予感…

2019年3月13日発売日発売日の週刊少年マガジン最新話!(2019年15号)

 

ヒットマン36話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読むことで最新話の内容がバッチリと分かりますよ~!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ヒットマン 前回までのあらすじ

暗礁に乗り上げていた読み切り企画(オリンピック企画)。

 

なんとかしようと頑張る龍之介に運も味方し、音羽マネージャーをやっつけることに見事成功し、本日は待望の御島明日香選手へのインタビューというところから、お話は始まります。

 

前のお話はコチラ!

ヒットマン35話ネタバレと感想|巡り合わせと剣崎の強運
2019年3月6日発売日発売日の週刊少年マガジン最新話!(2019年14号) ヒットマン35話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読むことで最新話の内容がバッチリと分かりますよ~! ヒット...

ヒットマン36話ネタバレ

御島明日香にインタビューをするのは天谷の仕事場。天谷も漫画家として気になったのでしょうか。”こういう企画は先輩作家も立ち会うもんだ”と聞かされ疑いもしなかった御島。

 

「…でもちょっと心配なんだよね。恋愛って相手のこともあるし、一方的に私の主観で話しちゃっていいのかなぁ…」

 

天谷にはまだもう一つ狙いがあったようで…

 

「大丈夫大丈夫。間違ってたらその都度訂正してもらうから」

 

と部屋に入ってきたのは…

桐島青人と柚希(君のいる町の主人公とヒロイン)!!!

さらには、柚希の教え子が小鳥遊だったというところに剣崎は困惑した様子。

関係を整理した後…

 

小鳥遊「私もビックリしました…高校の担任の旦那さんが御島選手の元カレだなんて」と言われる始末。

 

なぜ柚希を呼んだのかよくわからなかった剣崎だったが、ここが天谷の狙いだったようで…「この子(柚希)明日香ちゃんからカレシ奪って結婚したのよ?そこを書いた方が絶対面白くなるでしょ」と性格の悪さが出ますね。(つまり君のいる町みたいな漫画になってしまうのでしょうか…)

 

これからは青人と柚希、明日香との過去の恋愛話が多く語られます。

明日香がウソつきが一番嫌いという理由は君のいる町を見ればわかると思うので、ぜひ読んでみるといいと思います!

 

明日香「まぁ色々あったけど私にとっては大切な思い出なんだ。できれば読んだ人が嫌な気分にならないような漫画にしてよね」

 

剣崎”あ…そうか…ノンフィクションとはいってもマンガなんだ”

打ち合わせで恋愛の話に夢中になっていた剣崎も明日香の言葉を聞いて冷静になったようで、編集者としての一面も見せられます。

 

帰りの道中、小鳥遊「素敵な人だったなー桐島さん。御島選手が好きになるのもわかる気がします。」

剣崎「そォかァ、オレはフツーだと思うけど」

と、ちょっとヤキモチをやく一面も。

小鳥遊にやっぱりちょっと気があるのかなぁとも思わせますね。

 

帰社後、剣崎は北条に呼ばれます。

「ちょっといらっしゃい。話があります。」

「え…オレ何か怒られることしました?」

「いつもいつもロクなことをしないからキミは呼ばれただけで怒られると思うのですよ。」

と一安心の剣崎。呼ばれた内容はというと…

 

「新入社員ですよ。キミがいない間に紹介は済ませました。指導者員は綿貫さんですが、せっかくなのでキミの下に付いて島風先生の担当もやってもらおうと思っています。」

と大抜擢!かと思いきや…

「彼女(敷島怜奈)は週マガ3人目の女性編集者。それだけ期待されているのです。幸い島風先生なら誰が担当でも大丈夫でしょうから」

と剣崎の能力を評価しているというわけではなかったようでした…

 

敷島「では、よろしくお願いします。先輩。」

 

剣崎「先輩つっても1コ違いだし何でも気にせず言ってくれよ!」

 

敷島「ではひとつだけ…私は剣崎さんのような人が大嫌いです」

 

剣崎「……は?」

 

苛烈な新キャラに事件の予感。

というところで、今回は終わりです!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ヒットマン36話 感想

なんだか今回は懐かしいお話に思えました。瀬尾公治さんの「君のいる町」という作品を読んだ方は色々と読み返したくなったのではないでしょうか。桐島青人に柚希と懐かしいキャラが登場しましたね。なんと、小鳥遊が柚希の教え子だったということにも色々な繋がりを感じます。

 

さて、桐島青人の話にはなりますが、青人は妻である柚希(ヒロイン)と付き合って結婚して物語はハッピーエンドを迎えます。その中にも色々物語があり、御島明日香と付き合っていた時期もありましたね。そんな背景も加味しながらお話を読み進めて行くとさらに深く読めると思うので、君のいる町も読んでみることをオススメします!!!

 

最後には、新しいキャラクターも登場しました。敷島怜奈という新入社員。剣崎の編集者人生にどう関わって来るのかが楽しみなところです。

なんというか、難しい性格のキャラクターのようなイメージもありますが、何か北条の狙いもあるような気がしますね。

2年目の剣崎に少し大きな仕事を持たせて、責任を負わせる。

音羽とのやり取りの中でも、北条は自分を守る能力には長けていますが、身内の仲間でないと守ってくれないような印象があります。

 

何か北条の企みがあるのではないかと思わせます。

しばらくは新入社員を介した剣崎の成長ぶりに期待です!

コメント