約束のネバーランド126話ネタバレと感想|ノーマンの帰還!!三人での話し合いは…!?

2019年03月11日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年15号)

 

約束のネバーランド126話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!

約束のネバーランド 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

約束のネバーランド125話ネタバレと感想|鬼との同盟!?ノーマンの計画が明かされる!
2019年03月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年14号) 約束のネバーランド125話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよ...

約束のネバーランド 126話 ネタバレ

クリスのベッドのそばに付き添うエマとレイ

 

眠り続けるクリスは脈も呼吸も脳も異常がないのに目覚めません。

 

不安そうにしているエマにレイは大丈夫だと声をかけます。

 

「顔色はいい、脈も呼吸も落ち着いている。それに脳に損傷はないってヴィンセントが言っていた」

 

頷くエマ、話はノーマンとシスロたちのことに。

 

夜になっても帰ってこなかったノーマン、エマはノーマンに早く自分の気持ちを話したいと言います。

 

「仲良くなれたのに、バーバラもシスロもヴィンセントも」

 

「みんなすごく楽しくていい人達なのに、あんな風に憎しみ一色になるなんて」

 

思い出すのはGP(ゴールディポンド)でのオリバー達のこと

 

しかしオリバー達も鬼は憎んでいても、シスロたちのような果ての無い憎しみではなかったとエマは感じていました。

 

バーバラの顔を思い出しながらエマは言います。

 

「怖かった、『鬼への同情』じゃない…私あの時目の前の憎しみの深さが怖かったの」

 

「でも…『敵はみんな同じ』って、ムジカも?あの子供の鬼達だってきっと何も知らないよね?」

 

バーバラの言葉にやりきれない思いをもつエマ

 

「それを全部同じなんておかしい…おかしいよ…!」

 

そんなエマにレイは静かに言います。

 

「ああ、けどやられた当事者にゃそんなことは関係ない」

 

受けた苦しみは事実であり、憎むなと言えることではない。

 

憎しみの連鎖、それこそが『戦争』というものなんだろうとレイは言います。

 

「殺しあって憎んでまた殺して、だからなくならない。人間同士ですら何千年と繰り返してきたんだ」

 

その時、外からノーマンの帰宅を知らせる声がしました。

 

「ボスだー!みんなーボスが帰ってきたぞー」

 

その声に二人はすぐにノーマンの元に向かいます。

 

ヴィンセントやシスロたちと話すノーマンに、エマとレイは話があると切り出しました。

 

ノーマンの部屋で三人だけでの話し合い、エマが話すより先にレイがノーマンに尋ねます。

 

「お前の策ってどんなだ?『誰一人失わず鬼を滅ぼす』ってどうやる?」

 

「“内乱”か?」

 

レイの的を得た質問にノーマンは

 

「そう!君は話が早くていいねレイ」

 

二人の会話についていけないエマに、ノーマンは説明します。

 

「鬼と鬼とで内乱を起こす、鬼同士で潰しあいをさせるんだ」

 

その言葉に驚くと同時に、エマは気づきます。

 

「じゃあ…会いに行ってた『駒』っていうのも…」

 

「鬼だよ、同盟を結んできた」

 

笑顔で答えるノーマンは、鬼の社会について話し始めました。

 

鬼にも階級が存在し、その中でも王家と五摂家が強大な権力を誇っていること

 

そしてそんな王家と五摂家に不満をもつ鬼の存在、元貴族のギーラン家を利用すること

 

「大丈夫なのか?そいつら…相手として…」

 

ノーマンの話を聞いていたレイは信用できるのか怪訝そうですが、ノーマンは化かしあいなら負けないと言います。

 

利用価値がなくなれば食べるつもりでいる事を理解した上で、こちらが利用する

 

「これは驕りでも自信過剰でもない、“覚悟”だ、必ず無血で食用児(ぼくら)が勝つ」

 

強い眼差しのノーマン、エマはその理屈の通った策に納得しつつ

 

もう一つの話であるムジカたちのことに話を進めます。

 

「でも…ノーマン知ってる?そうじゃない鬼もいるんだよ」

 

「鬼の中には人を食べなくても退化しない鬼もいる。その鬼達は多分新たに食べた物の影響も受けない」

 

レイも続きます

 

「ああ…もしそういう鬼達がたくさんいて人を食いたがっていたら、ノーマンの作戦は土台から駄目になる」

 

二人の話を聞いていたノーマンは、目を見開き動揺を隠せない様子

 

「なぜ…二人がそれを知っているの?その話一体どこで」

 

ノーマンの尋常ではない様子に、ムジカたちとのことを話す二人

 

「エマ達は彼女に会ったの?」

 

更に困惑するノーマン

 

「まさか…信じられない…」

 

「“邪血の少女”の一族はまだ生きていたのか」

 

ノーマンの意味深な言葉、ムジカの正体とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

約束のネバーランド126話 感想

ノーマンが帰ってきたことで三人の話し合いが始まりました。

 

まだエマの鬼を殺したくないという話にはなっていませんが、それよりもムジカのことで話は大きく動き出しそう。

 

ムジカの正体を知っている風なノーマンでしたが、エマたちが会ったと知るととても驚いていた様子です。

 

“邪血の少女”うーん、気になるワードですね!次回、ムジカの正体が明かされるのでしょうか?楽しみです!

コメント