ワンピース935話ネタバレと感想|クィーン登場!どうなるルフィ!?

2019年03月11日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年15号)

 

ワンピース935話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ワンピース 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

ワンピース934話ネタバレと感想|花のヒョウ五郎を救う!!
2019年02月18日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年13号) ワンピース934話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!! ...

ワンピース935話 ネタバレ

―兎丼・囚人採掘場内「幹部塔」―

 

「ソリティア様!!鍵を盗まれました!!」

「何者かに海楼石の手錠の鍵を!!!」

 

副看守長(真打ち)のソリティアは、それを聞いて、何をしていたんだと部下を怒ります。

「犯人を見た者は!?」

 

「顔の…でかい男だカニ!!」

「ニセの鍵を金庫にしまう様にとダマされたカニ!」

「私が横にしか歩けないのをいい事に…」

とカニの鍵番は必死で言い訳しています。

 

「まだ塔の中にいるぞ!!!天井裏までくまなく捜せ!!!」

 

すると…

「忍忍忍忍」

「ニンニ―――ン!」

「忍者の面目躍如でござる!!鍵を手に入れたでござるー!」

と言って廊下を猛スピードで走り抜くのは、赤鞘九人男(忍者)の霧の雷ぞうです。

「ちと時間を要したが、ルフィ太郎殿待っておられよ!!脱獄の刻は来た!!」

「後は、“こっそり”逃げるのみ!!」

 

―採掘場―

 

採掘場はすごい騒ぎになっていました。

それは、囚人採掘場の掟である、

“看守に口答えした者への処罰1回目「両腕切断」2回目「両足切断」3回目「死刑」”

さらに、

“-また、看守にもし手を上げたものは、即刻死刑に処す!!”

というもの。

 

それを、大勢の看守や囚人の前で、ヒョウじいを助ける為に、ルフィは迷わず破り、副看守長(真打ち)のダイフゴーを蹴っ飛ばしたのです。

 

それを見ていた周囲の輩は「死刑!」「死刑!」と盛り上がります。

ルフィを思う囚人たちは、掟には逆らえないと涙を流します。

 

ヒョウじいも、囚人たちと同じようにここでお手上げという様子で、ルフィをほめたたえます。

「天晴でござんした!!麦わらの人」

 

でも、ルフィはもちろん諦めてなどいません。

「ハァ…ハァ…何だもう終わりみてェに!!ここから逃げるぞ!」

 

ルフィがここまで動けることに、看守たちは焦ります。

「能力者には、規定通り“働ける程度”の海楼石をつけてます!最低限の動きしかできねェはずなんですが!!」

 

ダイフゴーはそれを聞くと、自分はそれ以下っていいたいのか!と看守たちをにらみつけます。

 

そこへ現れたのは…

「息は上がってるさ…海楼石は効いてる!!コイツの精神力が異常なんだ…!!」

「困るな…物理の法則を無視して貰っちゃあ」

看守長・ババヌキです。

 

「看守長!!」

 

ルフィは、

「俺は今修行中なんだ!!コレが外れた時少しでも強くなってる様に…!!!」

 

前向きなルフィの言葉を聞いたババヌキは、怒ります。

「明日もねぇのに、強くなってどうすんだ!!」

そういって、“象の鼻息”という技を、ルフィ目がけて発射します。

 

「ぐわァ!!」

ルフィはもろ喰らってしまいました。

「くそ、覇気だけでも使えたら……ん?」

辺りを見回すと、クイーンが到着したという報告を受けたババヌキ達が、一斉にルフィから離れ、クイーンの元へ向かいます。

 

「クイーン様~!!!」

「素敵~~!!」

 

百獣海賊団 大看板“疫災のクイーン”は、小紫の大ファン。帰りに遊郭へ寄ってくぜ~とノリノリの様子で、登場しました。

それを聞いた部下たちは、小紫が死んだことを恐くて言えない…と話します。

 

「待たせたな!ゴミクズ共ォ~!!!」

「順を追って聞こうか、ババヌキ」

「最近困ってる事ランキ~ング!ダララララ~ダン!!第3位は?」

 

「ユースタス・キッドが逃げました」

 

「え~~~!!?第2位は?」

 

「海楼石の手錠の鍵を盗まれました」

 

「え~~~!!?第1位は?」

 

「麦わらのルフィが逃走中」

 

「え~~~!!?追えよアホンダラァ!!」

目玉を飛び出す勢いでクイーンは怒り、ルフィを連れ戻させます。

 

―その頃、えびす町―

 

ゾロと一緒にえびす町に立ち寄っていたトの康のところへ、ウソップ、ロー、フランキーがやってきました。

ところが、一足違いでゾロは、「刀を盗まれた」といって、誰かを追いかけて行ったと言います。

そして、ウソップ達と一緒に居たはずのサンジまでも気づいたらいません。

 

―花の都・湯屋―

 

ここでは、オロチ城から逃げ出したナミ、ロビン、しのぶが休息を取っていました。

能力者であるロビンは、大衆浴場という場所であることを警戒し、力の使えなくなるお湯(水)に浸かりません。

ナミは、敵はいないけど、混浴だからナミ達をじっと見ている男たちからお金取ろうかしらと言います。

そんな大衆浴場から上がっていると…

 

「しかし狂死郎は恐ぇな。考えがわからねぇ。」

「ヤクザってのは大衆の味方よ!!もう若ぇモンは知らねぇかなぁ。昔はおめー“花のヒョウ五郎って立派な親分がいて…」

 

そんな話が聞こえてきます。

それを聞いて、ロビンはカン十郎が言ってた人なのかと推測します。

 

しのぶは、

「確かに花のヒョウ五郎親分がいてくれたら、侍達を一気に結束できた。正直…今のままじゃ5千人なんて目標は無理。よく集まって、5百人ね。」

 

「そんなにすごい人なの?」

 

「20年前のワノ国の裏の顔役。5つの郷の親分たちにも顔が利き、民衆に優しい。力と人望を兼ね備えた本物の“侠客”だった。おでん様も若い頃から彼を慕っていたわ。」

ナミがその人を捜せばいいと提案するも、しのぶは、風の噂では黒炭家への従属を拒み、オロチに殺された。-かたや、ヒョウ五郎と友に「光月家」を支えてきたお庭番衆を率いる福ロクジュは、その時にオロチに使える道を選んだと…。

 

しのぶは、当時、福ロクジュの部下だったため、逃亡し、軍団から追われていると言います。

 

過去の伝説の人…とされる、花のヒョウ五郎。

それが、今、ルフィと共に、クイーンの元で裁かれようとしている、ヒョウじい。

 

―採石場―

 

ルフィは、クイーンから、百獣海賊団に入ればカイドウが許すと言っていると、誘われるが、拒んでいます。

 

遠くでは、ルフィに海楼石の手錠の鍵を持って、ルフィを助けようとしている雷ぞうが潜んでいます。

 

クイーンは、ヒョウ五郎を、今やこんな栄養失調のジジイになってみじめに死にさらばえていくと笑いとばしますが、ヒョウ五郎は、自分のことはどうなってもいいから、ルフィを助けてくださいと頼みこみます。

 

周囲で聞いていた囚人たちは、「あのヒョウ五郎!?うそだろ!?」と驚きます。

 

クイーンは

「よし決めたぞ!盛り上がるやつ考えた~!!」

と楽しそうに何かを提案し始めます。

 

なかなか助けられないルフィを案じて、潜み続ける雷ぞうの後ろで…

「信じられぬ…本当に。あの頃の姿…そのままだな…」

と声がします。

 

「何奴!?」と振り返る雷ぞう。

 

すると、

「拙者だ雷ぞう。“河松”だ。」

「モモの助様は…ご無事か…!?」

 

「河松!」

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ワンピース935話 感想

河松が出てきました。まさかの牢に入ってました!

そして、ゾロは刀を盗まれて別行動…うしみつ小僧と関係があるのでしょうか??

サンジもいなくなってしまいましたが、ナミ達のところへ行っている可能性が高そうです。

役者がだんだん揃ってきて、次回の展開が楽しみです!

コメント