呪術廻戦50話ネタバレと感想|東堂の術式が炸裂!!花御戦の行方は…!?

2019年03月11日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年15号)

 

呪術廻戦50話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

呪術廻戦 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

呪術廻戦49話ネタバレと感想|花御の本領発揮!どうなる虎杖と東堂…!?
2019年03月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年14号) 呪術廻戦49話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!! 呪...

呪術廻戦50話 ネタバレ

東堂の少年時代から話は始まります。

 

小学生でありながら、生意気だった高校生をボコる東堂少年

 

退屈な毎日、高校生をボコっても退屈なことには変わりません。

 

そんな東堂の前に現われた髪の長い女性、周りには呪霊のようなものが一匹

 

恐らく呪術師でしょう。

 

「ナイスファイト!!少年!!」

 

女性は笑みを浮かべながら東堂少年に声をかけます。

 

「どんな女がタイプかな?」

 

『退屈が裏返る』そんな予感を東堂少年は感じました。

 

 

場面は花御VS東堂・虎杖戦

 

「俺の術式を解禁する!!」

 

声高らかに宣言する東堂

 

「前使ってなかった?」突っ込む虎杖

 

そんな虎杖の突っ込みも無視して、東堂は続けます。

 

「だが術式について詳しく説明している暇はない。俺からオマエに言えることはただ一つ!!」

 

「止まるな!!俺を信じろ!!」

 

東堂は推察します。

 

花御の手札は5つ

 

地面より発生する“木の根”、本数と射程を絞るほど強度と速度が上がる

 

“木の毬”、1つの毬から1、2本の木の攻撃、対空可能

 

“呪いの種子”、伏黒が喰らっていたもの、1つでも撃ち込まれればアウトだが連発はない

 

残りは“お花畑”からの木の攻撃、そして解き放たれた“左腕”

 

そしてこれら全てがブラフである可能性もある

 

しかしどんな術式も発動させなければいいだけのこと

 

『不測の事態を考慮した上でIQ53万の俺の脳内CPUがはじき出した結論は“勝利”!!』

 

東堂の目には虎杖が映ります。

 

『何故なら俺は独りじゃないから』

 

そんなことを考えていた東堂ですが、その隙に地面から出た花御の木に足元を掬われます。

 

「あ」

 

振り回される東堂、助けようとした虎杖には花御自身が攻撃を仕掛けて邪魔をします。

 

『まずは1人』

 

花御は捕まえた東堂を木の根で貫こうとします。

 

その時「パンッ」という手をたたく音がしました

 

その瞬間、入れ替わる東堂と花御

 

花御は自身の木の根に貫かれ、東堂は虎杖に殴られます。

 

その状況に驚きつつも、すぐに理解した花御

 

『成程、単純、故に厄介な術式』

 

「俺の術式は相手と自分の位置を入れ替える『不義遊戯(ブギウギ)』!!」

 

東堂のその言葉に何かを察する虎杖、しかし東堂に口を閉ざされます。

 

「しっ、相手が慣れる前に仕留めるぞ」

 

ウインクしながら笑みを浮かべる東堂

 

「因みに手を叩くのが発動条件だ」

 

今度は入れ替わりながら花御に向かっていく東堂と虎杖、それに花御は翻弄されます。

 

『二人の体格差!!入れ替わりの後の差異が大きい!!』

 

『私と入れ替わるか宿儺の器と入れ替わるか手を叩くたびに迫る2択で思考が鈍る!!』

 

その間も東堂と虎杖の攻撃は休まず続き

 

『まずい、これは抜け出せないッ!!』

 

2人の攻撃に崩れ落ちる花御

 

そんな花御が倒れた隙に、今度は虎杖が黒閃を狙います。

 

『!!またアレがくる!!』

 

虎杖の行動に感づく花御ですが、態勢を立て直すことができません。

 

花御の体に虎杖の黒閃がキマります。

 

その数3連発!!

 

黒閃の連続発生記録は4回、それは七海健人がだしたものです。

 

黒閃をキメると、術師は一時的にアスリートでいう“ゾーン”に入った状態になると七海は語っています。

 

故に2回以上黒閃を出すならば、その日のうちでないと難しい…と

 

虎杖の黒閃を3回全てくらった花御、しかし虎杖は止まりません。

 

もう一度黒閃をキメようと花御に向かいます。

 

『調子に乗るな』

 

やっと態勢を立て直した花御は、虎杖を迎え撃とうとします。

 

しかしその花御の背後には東堂

 

それに気づいた花御

 

パンッ

 

『位置替え!!今警戒すべきは宿儺の』

 

虎杖の黒閃を警戒して、入れ替わっているであろう東堂の方をむいた花御

 

2人が入れ替わっていない事に気づきます。

 

「手を叩いたって術式を発動するとは限らない、単純だけど引っ掛かるよな」

 

またしても笑みを浮かべる東堂

 

正面にいる虎杖が4度目の黒閃をキメました!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

呪術廻戦50話 感想

前半は東堂節が炸裂でした(笑)自分の事をIQ53万とか考えてるあたり、東堂は茶目っ気たっぷりですね。

 

頭もキレる強者東堂とゾーンに入った虎杖のタッグ、ようやく花御戦も終盤に入ってきた感じでしょうか?

 

伏黒たちの安否も心配ですが、他の戦いも気になります。個人的には学長戦早く見たいです!

 

次回には始まりますかね?(笑)

 

楽しみにしたいと思います!

コメント