チェンソーマン13話ネタバレと感想|マキマの依頼!ご褒美は何でもOK!?

2019年03月11日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年15号)

 

チェンソーマン13話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

チェンソーマン 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

チェンソーマン12話ネタバレと感想|夢は叶った!それだけで終わらず!?
2019年03月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年14号) チェンソーマン12話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!...

チェンソーマン13話 ネタバレ

「銃の悪魔を殺せたら…マキマさんが俺の願い事なんでも一つ叶えてあげる…?」

「それって…それはつまり…」

「銃の悪魔を殺せたら!マキマさんが俺の願い事なんでも一つ叶えてあげるっつー事ですか…!?」

あまりの驚きと興奮で、何度も確認してしまうデンジ。

 

そんなデンジの確認に、動揺することなく「うん」とうなずくマキマ。

 

「何でもって…例えば…セッ」

と言いかけたところで、「何でもだよ、デンジ君」ときっぱり言うマキマ。

 

「うわあスゲェ!んなコトあってもいいんですか!?」

 

「んな事あってもいいくらい、強くて悪い悪魔なの」

 

「へぇ~そんなヤツいたんスね…」

興奮さめやらぬ様子で話を聞くデンジ。

 

マキマは、銃の悪魔について話し始めます。

13年前、悪魔対策にと世界中が銃で儲けようとした頃、銃を使った事件や内戦、暴動が増えたという。そのことを各国のメディアがニュースに取り上げて、世界的に銃が前よりも怖がられるようになった時期に、アメリカで銃を使った大きなテロが起こった。

 

―13年前・アメリカでテロが起きたその日―

この日に、銃の悪魔は現れました。

 

日本で、お父さん、お母さん、病弱な弟と住んでいた早川の子供の頃のこと。

 

「父さん!外でキャッチボールしてよ!」

 

「タイヨウの具合が良くないんだ。一人でできる遊びをしなさい。」

 

「そんなのいつもだろ!タイヨウが元気な時なんてないじゃん!」

 

「お兄ちゃんはお兄ちゃんなんだから、我慢して一人で遊びなさい」

母にそう言われ、落ち込む早川少年。

 

その姿を見ていた弟は言います。

「ボク、ボクお兄ちゃんと遊びたい」

 

それを聞いた両親は、兄と外で遊ぶことを許可してあげました。

「いってきます!」

 

兄・早川少年はひねくれて「ついてくんなよ!俺は一人で遊べるんだ!」と雪を投げつけます。

すると、弟も、兄に応戦して、2人は楽しく雪合戦をしました。

 

弟が寒がりながらも、まだまだ遊びたい様子を感じて、

「キャッチボールなら手、冷たくならないだろ。家からグローブ持って来い」

と弟に指示しました。

 

すると、弟は嬉しそうに「やったー!」といって、家にグローブを取りに戻ります。

そして、家に入った途端…

 

家は無残に崩れました。

―11月18日午前10時・銃の悪魔・日本に26秒上陸。5万7912人死亡―

早川少年はギリギリのラインで助かったものの、ある一定の範囲は無残に無くなりました。

―アメリカ124秒上陸・54万8012人死亡―

―カナダ7秒上陸・8481人死亡―

―ハワイ0.4秒上陸・780人死亡―

―中国37秒上陸・31万6932人死亡―

―ソ連210秒上陸・15万5302人死亡―

―メキシコ2秒上陸・6088人死亡―

―インド15秒上陸・2万9950人死亡―

 

―現在・マキマとデンジ―

「だいたい5分で120万人弱を殺した後、銃の悪魔は今日まで姿を消している」

「その後、悪魔そのものに対する恐怖が高まって、全ての悪魔が以前よりも力が強くなったの」

「銃の悪魔を少しでも弱くするために、全ての国が銃所持の基本厳罰化。凶悪事件災害などの報道が規制されるようになった」

 

難しい話になってきた…と顔をしかめるデンジ。

「ふ~ん…なんかよくわからないけど…なんかよくわからないくらい強いヤツですね」

 

「デンジ君なら倒せると思う?」

 

デンジは、マキマとの最大級の約束を取り付けた喜びから、顔を赤らめながら自信満々に応えます。

「まあ…俺がずっげえ~ドカンと頑張れば大丈Vでしょう!」

 

その様子をみたマキマは、

「それならまずは、銃の悪魔を見つけなきゃだね」

 

「ど~やってソイツぁ見つけるんです?」

 

銃の悪魔を見つけるには、銃の悪魔の肉片が重要と話すマキマ。

銃の悪魔は移動速度が早すぎて、体が少し焦げ落ちるようで、その肉片を悪魔が食べることで、どんな悪魔でも銃の悪魔の力をもらって力が増すという。

 

この肉片は、肉片同士くっつくようで、ある程度の大きさになれば、元の身体の場所に再生して戻ろうとするところを、追いかけて銃の悪魔に辿りつこうという考えだと話します。

 

―海にいる早川と先輩―

「見つけました」

 

「やっぱり銃野郎の肉片食べてたか。雑魚悪魔にしちゃぁ強かったからな~」

「食べたのか、食べさせたのか」

 

先輩の言葉を聞きながら、肉片を見つめながら早川は鋭いまなざしで言います。

「どっちでもやる事は同じです。悪魔は全部殺す。その先にヤツがいる…」

 

―森野ホテル無線―

『公安に悪魔の駆除要請。森野ホテル内部で悪魔の目撃。』

『ホテル宿泊者の生存不明。駆除にあたった民間のデビルハンター複数人が死亡しているみたいです。』

「銃の悪魔の肉片に動きあり。おそらく肉片を食べている悪魔です。」

「公安対魔特異4課6人を出動させます」

 

早川の手には、紐を通した銃の悪魔の肉片が。

任務開始!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

チェンソーマン13話 感想

とうとう早川の家族が悪魔に殺されたという話の詳細がでてきました。

 

残酷な過去でしたね。

 

悪魔に同情心を見せたデンジに、憤りを感じるもの仕方なかったのかもしれません。そして、その銃の悪魔に繋がる凶悪な悪魔と戦う早川部隊!

 

パワーは前よりもまともに早川部隊の一員として働いてくれそうだし、なにより、マキマとのものすごい願い事のかかっているデンジがどんな働きを見せるのか!

コメント