ヒットマン34話ネタバレと感想|大ピンチの後に大逆転の兆しあり。

2019年02月27日発売日の週刊少年マガジン最新話!(2019年13号)

 

ヒットマン34話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読むことで最新話の内容がバッチリと分かりますよ~!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ヒットマン 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

ヒットマン33話ネタバレと感想|障壁現わる、剣崎信念強く!
2019年02月13日発売日の週刊少年マガジン最新話! ヒットマン33話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読むことで最新話の内容がバッチリと分かりますよ~! ヒットマン 前回までのあらすじ 前...

ヒットマン34話ネタバレ 「責任を負うこと」

オリンピックに合わせて掲載する実録読み切り。

 

(小鳥遊)翼と共に取材に行った龍之介は、漫画家をバカにする相手マネージャーの胸倉を掴んでしまう。腹を立てた事務所側は講談社から完全撤退すると申し入れてきた!!

 

という所から今回のお話は始まります。

 

剣崎「す…すいません、ちょっと大変なことになってまして…打ち合わせは後日改めてお願いできますか?」

 

天谷「イヤよ、めんどくさい!!なんでアンタの都合で無駄に1日消費しなきゃいけないの!?」
(最後までご覧いただくとこのやり取りの結果がわかります)

 

緊急会議が開かれることに。龍之介の売ったケンカの代償は大きく、色々と事情聴取がなされた。

 

「なるほど…それでキミは作家を馬鹿にされたので、思わず音羽さんの胸ぐらを掴んだと…」

 

「まったくとんでもないことをしてくれたな」と言われる始末。

 

さらには週マガ編集部編集長である北条の口から

 

「全ての責任は自分が負うからどうしても…と八神くんがいうので任せましたが、まさか新人に1人で交渉に行かせるとは、私もそんなことは想像もしていませんでしたよ」と切り捨てられる。

 

剣崎は自分がしてしまったことの重大さを認識するとともに、上司である八神が自分の代わりに攻められていることに戸惑いを隠せなかった。

 

そんな状態の剣崎に八神は

 

「いい勉強になっただろ。責任を負うということはこうなる覚悟も必要なんだよ。みんなそれぞれの雑誌を背負った一国一城の主人。それを阻害されたことになれば怒るのは必然。むしろ言い足りないくらいだろう。…とは言え、オレもお前と同じであちらこちらに敵が多いのは確かだがな。さっきから謝る相手が違うんじゃないのか?まだ20時だ。行くぞ。」

 

と行って会食後の音羽の元へ向かうことにしました。

 

タクシーに乗り込む前の音羽に八神と剣崎は声をかけ、謝罪をすることに。

 

八神・剣崎「申し訳ございませんでした!!心より深くお詫び申し上げます。どうかご容赦ください。」

 

音羽「僕は暴力を振るわれたんだよ。土下座でもなんでもしたらどうだ?」

 

その問いかけに答えようとした剣崎だが、音羽が問いかけていた相手は八神だった。

 

言葉を殺し土下座をする八神。

 

音羽「編集次長というのは一般的な会社で言えばどの程度の役職だ?」

 

八神「…係長です。」

 

途端に音羽は八神の頭に足を置く。

 

音羽「バカにするな!役員を連れて来い。ソイツが土下座するなら考えてやらんこともない。」

 

音羽が去ると、悔し泣きする剣崎。

 

八神「なんの涙だ?」

 

剣崎「八神さんにあんなことされて悔しいからですよ!!」

 

八神「そうか。それならオレも多少は救われるよ。図に乗るな、作家のためだ。オレは雑誌のため作家のためにできることをやったまでだ。お前はお前の今できることをやれ。」

 

剣崎「作家のために今オレができること…」

 

思いついたのが、予定をずらしてもらった天谷の打ち合わせをすることだったが、友達と飲んでいるという理由で断られてしまう…

 

しかし、天谷の飲み相手が御島明日香だということを剣崎はまだ知らない。

 

というところで、今回のお話は終わり。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ヒットマン34話 感想

さて、前話で音羽プロダクションのお偉いさんに喧嘩を売ってしまった剣崎龍之介。今回は週マガ編集部を超えて講談社全体の問題になってしまいましたね。

 

でも、剣崎の作家を思う気持ちや仕事に対する情熱は十分に伝わったと思います。それと週マガ編集部内には剣崎の敵がたくさんいることも今回のお話で改めて認識できました。

 

やっぱり、現編集長である北条が色々と自身の体制を固めようとしているのは明らかですね。

 

八神はいい上司というよりも、作家のことを誰よりも考えている編集者でしょう。

 

音羽に土下座あとの「図にのるな、作家のためだ。」という言葉は剣崎に奮起させる意味合いもあるのだと思いますが、編集者として作家を守り抜く覚悟を感じます。

 

この姿を見た剣崎も印象的でした。

 

彼の中で、今後は今回の出来事を挽回しよう、もしくはもう一つ二つ大きな仕事をやり遂げてくれるような気持ちになったのではないでしょうか。

 

「…作家のために、今俺ができること…」

 

多分これからの編集者人生の中で地震に問いかけることが多くなるのだと思います。

 

それだけ今回は剣崎の仕事に対する強い決意みたいなものが裏に描かれていて、結果として、ピンチの後にチャンスありということだと思います。

 

最後には御島明日香が登場してきましたが、天谷の出かける予定というのが、まさか御島明日香に会う予定だったとは…

 

個人的な見解ですが、結果的に小鳥遊は御島明日香をモデルにしたストーリー漫画を描くことになると思います。

 

音羽とのやりとりで色々と山場があると思いますが、このチャンスをしっかり手に入れて行くと思います。

 

可能性は低いですが、もう一つの考えは、剣崎が御島明日香(サブヒロイン的な役回り)に恋をする展開です(逆も然りですが)!!

 

今後も色々と伏線を張りながら物語に浸って行くと面白いとおもいます!

 

続きはこちら!

ヒットマン35話ネタバレと感想|巡り合わせと剣崎の強運
2019年3月6日発売日発売日の週刊少年マガジン最新話!(2019年14号) ヒットマン35話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読むことで最新話の内容がバッチリと分かりますよ~! ヒット...

コメント