火ノ丸相撲231話ネタバレと感想|決着!そして託される想い

2019年03月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年14号)

 

火ノ丸相撲231話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよー!

火ノ丸相撲 前回までのあらすじ

前回のお話を見逃した人は、お先にこちらをお読みください!

 

内容をシッカリと把握した上で読まないと、せっかくの最新話も楽しめませんからね( ̄ー ̄)ニヤリ

ますよ!!

火ノ丸相撲230話ネタバレと感想|国宝同士の対決どちらが勝つのか?
2019年02月25日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年13号) 火ノ丸相撲230話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよー! ...

火ノ丸相撲231話 ネタバレ

[かち上げたぁ!!]

 

鬼丸と童子切との取組が始まりました。

 

『怪我?それがどうした』

『全力で行くぞ相手はあの童子切天王寺獅童!!』

『ワシはあんたに勝ちに来たんじゃ!!』

 

鬼丸が張り手をしています。

しかし…

 

『そうかい』

『多少はもらおうとも廻しだけは絶対にやらねぇ…ってか』

『上等!!!』

 

鬼丸は突き合いになれば強く腕を手繰ったり体を潜り込ませるのが上手いです。

 

ですが童子切は突き合わず手繰らせず潜らせません。

常に相手の全身を視界に捉えながら距離を保ち頭を下げて手数よりも確実に押せるタイミングで少しずつ前に出ます。

 

その行動はまるでこう表していました。

 

[廻し引かなきゃ投げが無きゃ恐くないと]

 

[おおお攻めてるのは鬼丸だが押してるのは童子切!?]

 

観客も気付き始めます。

 

[でも何か童子切にしては泥臭いっていうかスマートじゃないね]

[やっぱ童子関の膝は]

 

取組を見ていた国宝三日月はそう感じました。

 

・回想

[痛み止め打って下さいテーピングでガッチガチに固めたら行けますわ]

 

前日の取組で怪我をした童子切は出場しようとしています。

 

[大関!今無茶をして悪化すれば力士生命にも関わりますよ!]

ドクターストップがかかります。

 

[休まれへんでしょ今場所は特別なんすよこんなもんみんな大なり小なり故障抱えてやってますやん]

 

[休むのも勇気です大関!第一こんなろくに踏ん張りも利かない状態では一度押し込まれたら残せないでしょう]

 

[なら押し込まれんかったらええねん]

[長門部屋を興した理由は何すか面白くすんねやろ大相撲刃皇に刃届かせるんやろ!]

 

[今日の相手はあいつなんすよ鬼丸とは土俵の上で語りたい事が山程あるんや]

 

・現在

鬼丸も童子切の状態はすぐに理解しましたが手を抜くつもりはありませんでした。

 

正確にはそんな余裕がなく一歩も下がらないという覚悟と凄まじい圧力を感じました。

 

『やっぱ凄えなあ童子関は』

鬼丸は笑いました。

 

『もっと横に揺さ振れば慌てるか?

いや全ては童子関の想定の内だったら』

 

想定を超える為にどうするのかを考えました。

 

『今強くなれ超えろ童子関の想定を!!!』

 

[ぶちかまし!!?]

 

『下手くそ違うこんなんじゃ童子関にも刃皇関にも恐くねぇってんなら恐がらせよ!!』

 

鬼のような形相になりました。

その表情に観客は驚いているようです。

『思い出せあの時の感覚を角度足の運び力の入れ具合体の声を聞け…そう…』

 

細かい所まで体で思いだそうとしています。

鬼丸が構えました。

 

[鬼丸は戦いの中で強くなる]

[この一番もそうや俺のおかげで強なったんや感謝せぇよ]

 

対話が始まります。

 

[今日の勝敗次第ではこのまま強行出場続けるつもりやったが]

 

[俺はここまでや今場所はお前に託したで鬼丸]

 

『何でワシなんすか』

 

その問いに

[ファンやねん]

笑顔で返しました。

 

[お前は度々俺の想像を大きく超えるあの時みたいにまた俺や観衆の想像を超えてくれや]

[今場所はまだまだ荒れるええかただ優勝するんやない]

 

[刃皇を倒して優勝するんや鬼丸!!]

 

鬼丸に後を託していきました。

『童子関の意志受け取りました!』

 

押し出しで鬼丸が勝ちました。

 

その翌日童子切は休場届を提出し記者会見を開きます。

鬼丸との土俵で語りきったかと思いきや

 

[カメラも入れたって下さいよ]

[土俵の上では語り切れんかった事があるんすわ!]

 

どうやらまだ伝えたい事があったようです。

今週はこれで終わります。

スポンサーリンク

火ノ丸相撲231話 感想

童子切が怪我をしたにも関わらず出場したのは鬼丸に対して土俵で語りたいという想いが強かったのだと印象に残りました。

 

託された想いを胸に戦って行く鬼丸の姿が見たいと思っています。

 

次回は童子切が語りきれなかった事が何なのかが気になります。何を語るのか楽しみです。

 

続きはコチラ!

火ノ丸相撲232話ネタバレと感想|童子切の想い!鬼丸に迫る危機!
2019年03月11日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年15号) 火ノ丸相撲232話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよー! ...

コメント