僕のヒーローアカデミア218話ネタバレと感想|轟、爆豪の仮免試験の結果とは!?

2019年03月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年14号)

 

僕のヒーローアカデミア218話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

僕のヒーロアカデミア 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

僕のヒーローアカデミア217話|緑谷の新しい力にオールマイトと爆豪が考える事とは!?
2019年02月18日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年12号) 僕のヒーローアカデミア217話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりま...

僕のヒーローアカデミア218話 ネタバレ

12月初旬の日曜日、仮免試験補講最終日

 

轟、爆豪の二人を含む補講者たちがテストに臨みます。

 

A組の寮では二人を待つ仲間たち

 

「今日の二人が合格すれば、晴れてA組全員仮免取得だ!」

 

「今頃テスト中かねぇ、大丈夫かなぁ」

 

心配する声も出つつも、二人なら大丈夫という雰囲気

 

テレビからはニュースが流れます。

 

「ライフスタイルサポートメーカー大手『デトネラット社』がヒーローサポート事業への本格参入に踏み切りました」

 

 

場面はデトネラット社、社長室

 

新しいCMを確認するのは髪の毛の薄さを気にする社長と宮下という職員

 

「参入は…予想していたがどこも反応はよろしくない」

 

「そうっスねー、日用品や業務用品とヒーロー用品じゃ畑が違いますからね」

 

「戦闘想定の道具っスもん、うちは比較的若いし蓄積も薄い、つまり薄いのにしゃしゃるなと」

 

社長の薄毛を絡めたジョークに社長は笑っています。

 

「もー宮下!!思いつくんじゃないよ全く」

 

『この人何言っても許してくれる』

 

気さくな社長に安心する宮下

 

社長は話を続けます。

 

「しかしだ宮下、異能の事ならこちらの方がずっと手広くやってきた」

 

「蓄積ならある。必ず成功すると確信しているよ」

 

「異能て」

 

社長の『異能』という単語に突っ込む宮下

 

「ああ…“個性”!最近読んだ本の影響でついね」

 

社長は一冊の本を取り出しました。

 

「再出版されたものなんだがね、時代かな、原書の表現がいくつか変更されていて惜しい」

 

それは『異能解放戦線』という題がついた本、それを見た宮下は眉をひそめます。

 

「異能解放軍指導者の本ですか」

 

「僕も読みましたけど…ダメでしたねー」

 

「やってることはテロで人を巻き込んでおいて、そのクセすごいかっこつけるじゃないですか」

 

「ずっと犯罪者が何言ってんのーって気持ちでしたよ」

 

「…」

 

そう言う宮下を黙って見ていた社長、頭を抱えて謝ります。

 

「すまない宮下」

 

後ろから宮下に抱き着きます。怪訝な顔の宮下

 

「宮下はよく働いてくれた」

 

首が腕でがっちりとホールドされます。

 

「どの社員よりも…何故だ宮下、残念だよ」

 

メキメキという音と共に腕に力が入っていきます。

 

「メンバーへの紹介も検討していたんだ。否定しなければまだいくらでも道はあった」

 

倒れる宮下、涙を流す社長

 

「君とはわかりあえなかった。とても…残念だ」

 

 

“超常”が起きて混乱の後、異能者の間で一つの思想が流行しました。

 

それは『抑圧ではなく解放を。異能の自由行使は人間として当然の権利である』というもの

 

その解放主義者をまとめ上げたのが「四ツ橋 主税(よつばしちから)」

 

“異能解放軍”を結成し、自らをデストロと名乗った男。

 

法の整備を進める国と対立したが、数年後に敗北

 

解放軍メンバーの多くが捕まり、四ツ橋自身は獄中で執筆活動の後自決

 

しかしこの四ツ橋には、彼自身も知らない子どもが存在しました。

 

それがデトネラット社の社長、親の思想を引き継ぎます。

 

会社を後に師、仲間と合流した社長はヴィラン連合の動きを確認します。

 

「彼らは解放軍の敵だ」

 

「デストロの名に於いてヴィラン連合の解体を」

 

“解放軍”新たな組織が動き出しました。

 

同じ頃、街では個性を使っての強盗事件が発生

 

強盗のリーダーは炭酸を使う個性で人々の財布を奪っていきます。

 

その様子を遠くから見つけた一台の車

 

「ヒーローは?」

 

「…発生直後か、だが30秒もしないうちに…」

 

「じゃー俺が行くぜ」

 

そう、この車にはオールマイトと仮免試験を終えた轟、爆豪の三人が乗っていました。

 

仮免を持ちながら言います。

 

「あなたは戦えねえが俺達は戦える」

 

「そうだけど!!まだ取って30分だぞ!!」

 

オールマイトのその言葉を背中で聞き流す二人

 

無事仮免を取得した轟と爆豪は、氷と炎で強盗団相手に初陣を飾れるのでしょうか!?

↓1番読まれている記事はコチラ↓

僕のヒーローアカデミア218話 感想

無事に轟・爆豪ペアは仮免ゲットできました!おめでとう!!

 

これでA組全員仮免取得です。

 

そして取得して30分でヒーロー活動、二人とも人一倍気持ちが強いですからね。

 

強盗団相手でもきっと大丈夫でしょう!

 

そして新たな組織“解放軍”、ヒーローの敵になるのかと思いきや、初めの狙いはヴィラン連合。この二つの組織が接触した時、何が起こるのでしょうか?

 

次回からの展開に期待したいと思います!

 

続きはコチラ!

僕のヒーローアカデミア219話ネタバレと感想|轟と爆豪!!初めてのヒーロー活動!!
2019年03月11日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年15号) 僕のヒーローアカデミア219話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりま...

コメント