水女神は今日も恋をするか?10話ネタバレと感想|世界を蘇らせろ‼秘められた無限の魔法!

2019年2月27日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年13号)

 

水女神(ウンディーネ)は今日も恋をするか?の10話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

水女神(ウンディーネ)は今日も恋をするか? 前回のあらすじ

ここまでのあらすじ

 

水を作る不思議な力を持った美少女アクレアは、水女神として毎日ラハサの民のために懸命に水を作っていた。

 

世話係の少年アシャは、アクレアの健気な姿に心を打たれる。

 

一方アクレアも、自分に尽くしてくれるアシャに魅かれていく。

 

そんなある日、アシャは国王から、アクレアの重大な秘密を知らされる。

 

彼女は赤ん坊の時に砂漠に捨てられていた。

 

国王は「両親は行方不明」だと嘘をつき、アクレアを孫として育てていたのだ。

 

何も知らないアクレアは、アシャへの想いを募らせるが…。

 

前のお話はこちら!

水女神は今日も恋をするか?9話ネタバレと感想|秘められた哀しい過去!!アクレアの本当の幸福とは⁉
2019年2月20日発売日の週刊少年サンデー最新話! 水女神(ウンディーネ)は今日も恋をするか?の9話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ...

水女神は今日も恋をするか? 10話のネタバレ 「水女神の夢」

前回、衝撃の事実を知らされて動揺する間もなく、アクレアの『優しくして』攻撃に曝されるアシャ。

 

じいちゃん(国王)がいるのに、フユちゃん(幼なじみ)も見てるのに、真っ赤になって、

 

「もっと優しくして」

 

って詰め寄るアクレアさん……可愛いです。

 

アクレアさんの考えでは、『アシャ』+『優しさ』=『水が起こる』。

 

うん、その方程式、答えは合ってるけど途中が抜けてるからバツだ!

 

正解は『アシャ』+『優しさ』×『恋のときめき』=『水』!!

 

とは言うものの、恋愛未経験の深窓の令嬢アクレアさんに、この式が解けないのは仕方ありません。

 

同じく恋愛未経験のアシャも、焦るばかりで何もできないので、深夜の水起こし会は解散ということに。

 

『『ヘタレめ…』』

 

と心の中でハモっている国王とフユちゃん(と執事さんと読者全員!!)をよそに、

 

「ムリしないでくださいね」

 

とアクレアさんに声をかけるアシャ。

 

君がソッコー優しくしてたら無理しないで済むんだけどね?

 

「みんな一緒にいるんだから、みんなで背負わせてください」

 

……急に発言がオトコマエになって来ました!!

 

そんなアシャに頼りがいを感じたのか、アクレアは密かに抱いていた夢を語ります。

 

十年前、まだ王妃様が生きていた頃のこと。

 

病気がちだった王妃に元気になってもらおうと、アクレアは花を摘んできます。

 

一面、砂漠しかないラハサに咲いた小さな花。

 

「昔、まだ雨が降っていた頃……」

 

王妃様が語るラハサは、まるでエデンの園のようです。

 

美しい河が流れ、草花が咲き乱れ、動物たちは水辺に憩い、人は皆笑顔で戯れ……。

 

いつかラハサを、その頃の楽園に戻したい。

 

それが、アクレアの夢。

 

でも水は、がんばってもがんばってもいつも足らなくて、だからアクレアさんは、親友のフユちゃんにもその夢を話せずにいたのです。

 

だけど、アシャのお陰で水は増えるようになった。

 

夢に手が届くかも、と思えるようになった。

 

「私がもっと頑張れば…出来るよね⁉」

 

しかし国王は、「ムチャじゃ!」と一喝。

 

血はつながっていなくても、国王にとってアクレアは大事な孫娘。

 

第2滴で出てきた、「老人も働けんのもみんな死のう。」は、ここにつながるんですね。

 

アクレアを犠牲にして生き延びる国であってはならないと、国王は考えているのです。

 

でも、その否定を、無垢な心でストレートに受けとめ、傷ついてしまうアクレアさん。

 

精神的に不安定になると水ができない。

 

自分でもそれがわかっているから、夢を語ることさえ我慢してきたのです。

 

「…ちょっと調子に乗っちゃった」

 

と言う水女神様の、何て哀しそうなこと。

 

しかしココでオクテ草食系少年アシャが、さらにぐぐっと⤴男を上げました!

 

「出来ます!!!」

 

言いきったぁぁぁ!!(小さい声でゴニョゴニョ続けてますが無視無視ぃぃぃ)

 

「僕ら、協力しますから! 一緒に叶えましょっ…」

 

俯いてしまうアクレアさん。

 

毎回毎回、オカーチャンかってくらい心配して、無理するなとか大丈夫かとかゴッチャゴチャやかましかったアシャが!

 

反対せず、励ましてくれる……たったそれだけなのに。

 

「……あぁ、アシャくん…好き!」

 

2ページ見開きブチ抜きで水が大量発生!

 

王宮の上空まで噴きあがり、カラッカラだったラハサに、数十年ぶりの雨が!!

 

恋心、すげー!!!!!!!

 

これだけ盛大に「好き」を撒きちらしておいてから、

 

『アシャくんの顔見れない』

 

って、アクレアさん……照れるポイント、相当うしろにズレてますよ?

 

走り去るアクレア、あまりにも大量の水に腰を抜かしているアシャ。

 

この天変地異の中でフユちゃんがフツーに『へーコレが雨かー』みたいな顔してるのが笑えます。

 

そして前回、国王から渡されてアバウトにアシャが自分のベルトに挟んでいた、アクレアママからの手紙にも異変が!

 

水に濡れた手紙は光を放ち、今まで見えていなかった、まったく違う文面が現れた!!

 

『愛しのアクレアへ』

 

そう、お母さんは、やっぱりアクレアさんを捨てたりしてなかった!

 

『あなたは無事逃げきれたでしょうか。元気で暮らしているでしょうか。』

 

カラカラに荒れ果てた大地。

 

水起こしの力は、ものすごく価値のあるものだったでしょう。

 

悪い奴に捕まりでもしたら、死んでしまうまで、水を作らされていたかもしれません。

 

だからお母さんは、アクレアさんを隠したんですね⁉

 

そしてアクレアさんの水に触れた時に蘇るメッセージを残した!

 

『運命の相手を見つけなさい』

 

人を深く愛するたびに、渇ききった世界を潤す、無限の力。

 

『たとえ世界が枯れようと、あなただけは希望を捨てないで。』

 

前回の国王の、「人の犠牲の上にある幸せはただの不幸」も深かったけど、今回のアクレアママの手紙も深い~。

 

娘の恋心こそ『消えた海さえ取り戻せる魔法』であるっていう凄い深い手紙を読んで、

 

『海? …ってなんだ…?』

 

って思ってるアシャ、君は浅い~、ていうか引っかかるのそこかい⁉(今回も手の甲でビシィ)

 

どうやらアクレアさん、海すら知らない悲観主義者アシャに、ガチ恋勢になってしまった模様!

 

『本気で好きになっちゃった…』

 

と恥じらうアクレアさん……もしもーし、アクレアさーん?

 

国民はバシャバシャ降る水に大喜びですよー?

 

ぜんぜん問題ないですよー?

 

……どうやらアクレアさんに回線がつながっていないようなので、スタジオにマイクをお返しします!

 

次回はアクレア母娘、そしてアシャ含め、さらに深まる愛の物語へ!!

 

中継はレインポンチョに長靴の完全防備でお送りします!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

水女神は今日も恋をするか? 10話の感想

ラハサ周辺だけ水がないのかな、と思ってましたが、海が干上がるほどの大干ばつになっていたんですね。

 

たった数十年で、緑生い茂る楽園が乾き果てるくらいのことが起こったのだとしたら、人の心が荒れるのも仕方ないです。

 

アシャがネガティブなのも……苦労があったんでしょうね。

 

頬に傷がついてるから、火事があったのかなって思ってましたけど、もしかしたら戦乱に巻きこまれていたのかもしれません。

 

ラハサは水不足以外は大きなトラブルもないように見えますが、他の国はひょっとして、マッド〇ックス的な、北〇の拳的なことが……。

 

この先のラハサの皆さんの幸せを祈らずにいられんのですが、アクレアママの、恋は無限の力、という手紙を読んで、イデ〇ンかと!!

 

バッフ・ク〇ンの異星人が、無限の力を探して旅してるのに、地球人はその無限の力を『何かよくわからん遺跡』としか思ってなくて衝突、全面戦争、という悲惨な話だったので、脳裏を『ムゲンチカラ』という単語がよぎった時に不吉すぎて頭をブンブン振って忘れようとしたらデスクの棚にデコを当ててしまいました!

 

痛い!

 

そんなこと考えちゃならんという啓示に違いない!!(断言)

 

次回はきっと明るいラブコメになっているはず!

 

だって、愛は世界を救うんですからね?

 

水女神様、自分も、救済希望です~!!

 

続きはこちら!

水女神は今日も恋をするか?11話ネタバレと感想|その想い、告げる? 告げない?
2019年3月6日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年14号) 水女神(ウンディーネ)は今日も恋をするか?の11話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話...

コメント