絶対可憐チルドレン531話ネタバレと感想|ターゲット・ロックオン!ギリアムの魔手があの人物に…‼

2019年2月20日発売日の週刊少年サンデー最新話!

 

絶対可憐チルドレン531話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!

絶対可憐チルドレン あらすじ

これまでのあらすじ

 

強い超能力を持つチルドレンたちは、エスパーではない人間と共存することを望むバベルと、人間を憎むパンドラに分かれて対立していた。

 

しかし、エスパーを兵器として売買する組織「黒い幽霊」に対抗するため、共闘を選ぶ。

 

長い戦いの末、チルドレンは「黒い幽霊」に洗脳されていた仲間たちを解放したが、まだすべてが終わったわけではなくて…?

 

もっと詳しく振り返ってみる!

絶対可憐チルドレン530話ネタバレと感想|未来への船出!!仲間を取り戻したチルドレンの行く手に、新たな試練のきざしが…⁉
2019年2月13日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年11号) 絶対可憐チルドレン530話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ...

対可憐チルドレン531話 ネタバレ 「ヘッド・ハンター(1)」

扉絵で、久々に皆本光一、蕾見不二子、賢木修二のバベルの良心(?)とも言える三人が、森の中にいる姿を見て、「脱出成功か!」と、ほっとしたのも束の間!

 

本編はいきなり、ヘンタイ中のヘンタイ、「黒い幽霊」幹部テオドールの語りでスタート!

 

勤める会社がどんなにブラック企業か自慢するって、ヘンタイにも程があるぞ!!

 

武器商人の「黒い幽霊」が、各地の紛争に、敵味方問わず武器を売り、エスパーすらも洗脳して兵器にしていること……。

 

クローンでエスパーを造っていること……。

 

これらをコストパフォーマンスの観点からビジネスとして語るとは!!

 

 

常に全裸っていうライフスタイルもヘンタイだけど、精神構造がヘンタイ過ぎ!

『我が社のトップ、ギリアム様はまさにキング・オブ・ブラック!強引かつ趣味的で気まぐれ、そして偏執的な経営方針は、並の部下なら即座に通勤電車に飛び込むほどであろう』

 

……ぜんぜん褒めてないぞ、テオドール。

 

先代様こと「黒い幽霊」首領は、強い超能力を持つことを期待して、ギリアムと悠理の二人を人工的に作ったわけです。

 

ザ・チルドレンの一人になるほどの能力を持つ悠理に比べて、パワーが劣ったギリアムが歪むのは無理もないですけども。

 

テオドールも催眠を喰らう前は、ギリアムのことをバカにしてましたよね。

 

自分に従わない幹部をねじ伏せるために洗脳するところまではわかるんですが、裸族にするって何ですかね、ギリアム???

 

前の陰気で嫌味なテオドールよりは今の陽気で裸族の方が……良くないよ、絶対可憐じゃない!!

 

誰もオジサンの裸ネクタイとか見たくないです!

 

全裸で歩かれてもうれしくないので、ヘリコプターから降りる直前、パイロットからシートベルトとパンツ着用の指示が出て助かりました。

 

テオドールが降り立ったのは、皆本たちが幽閉されていた拠点。

 

ギリアムは、蕾見さんが正気に戻っていたことも、脱走することも、わかっていて逃がしたんですね。

 

「全てはあの方のご意志だよ。我々部下はただそれに従えばいい。」

 

ってテオドールは洗脳で壊れてるからいいですけどねー?

 

世界を憎み、兵部にイジワルするためなら人材も資金も失って構わないという、「あの方」ギリアムに、従わなきゃならない他の部下、きっついですねー。

 

しかも、わかってて逃がしたのに、囚人脱走の罪に問われる!!

 

床下に落とされ、人を襲うブラックバスに噛まれる刑!

 

でも悲鳴が何だかうれしそうなので、こりゃ末端まですっかり洗脳が行き届いてますね……。

 

ブラック企業を尻目に逃げた、バベルの三人は、まだ森の中に潜んでいます。

 

さすがに三人は、「泳がされている」ことはわかってますが、ギリアムが何のためにそんなことをしたかが不明。

 

「ギリアムは気づいちゃったんじゃないかしら。兵部を追い詰める本当の急所に……」

 

と、蕾見さん。

 

兵部京介にとって、ザ・チルドレンの薫や、パンドラの仲間は、大事な「家族」です。

 

だからギリアムは、徹底的に叩いてきた。

 

でも、もう一人、大事な人がいますよね。

 

ギリアムにとって、兵部は、非合法組織のリーダーという点で、立場が似ています。

 

同じように精神的に幼く、気まぐれ。

 

同類だからこそ、気に入らない。

 

けれど、兵部にはもう一人、同類がいるのです。

 

やり方こそ違うけれど、エスパーの未来を真剣に考えてきた人が。

 

精神汚染されたエスパーを殺すことも仕方ないと考える兵部を影とするならば、光に相当する人物が。

 

皆本光一が!!

 

蕾見さんは弱っているし、皆本はエスパーじゃないし、この場で戦えるのはザ・イクスプロレイター賢木のみ。

 

前回は、『絶体絶命おじいちゃん』になるんじゃないか、と心配してましたが、まさかの展開!!

 

次回の『絶対可憐チルドレン』は『絶体絶命皆本光一』に⁉

 

どんな罠が、皆本を待っているのでしょうか⁉

 

薫、葵、紫穂、悠理、急いで~!!

 

兵部のじいちゃんも急げ~!!

 

決戦の時が、近づいています…!!!!

スポンサーリンク

絶対可憐チルドレン531話 感想

元々、兵部京介は、皆本のシャドウとして設定されたキャラクター。

 

兵部が憎まれる時、光である皆本もまた、憎まれるさだめだったんですね……!

 

同じような境遇にありながら、誰にも愛されず、期待されず、強くなれないギリアムは、慕われ、多くの仲間を持ち、ほぼ最強と言っていい強さを持つ兵部が、憎くて、そして羨ましくて、たまらなかったんでしょう。

 

思えばギリアムだって可哀そうなやつです。

 

人工的に造りだしておいて、能力が強くないと虐げられ、悠理と比べられ、つらい日々だったでしょう。

 

そりゃあ世界だって呪いますよ。

 

でも、ギリアム自身は一度でも、心を曝け出して誰かを愛したことがあったんでしょうか?

 

確認するまでもないですけど、ないよねー、ギリアム。

 

自分のことしか愛してないから、自分以外の人に愛されないんでしょう。

 

ものすごく嫌な男ですが、しかし、救われて欲しいな、と思ってしまうのは、ギリアムが彼なりにがんばって、能力を伸ばそうとしていたのを見ちゃってるからですね。

 

次回の絶チル、ものすごーく陰険なトラップが張り巡らされていそうです。

 

間に合うのかチルドレン⁉

 

助けに来る時は、賢木と皆本の、厨二な服の着替えを忘れずにー!!

 

続きはこちら!

絶対可憐チルドレン532話ネタバレと感想|遠い呼び声‼届けられたメッセージは罠か、それとも…⁉
2019年2月27日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年14号) 絶対可憐チルドレン532話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ...

コメント