約束のネバーランド123話|エマの気持ちを聞いたレイの反応は…!?

2019年02月18日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年12号)

 

約束のネバーランド123話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

約束のネバーランド 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

約束のネバーランド122話ネタバレと感想|動き出したノーマン!そしてエマの本当の気持ちが明かされる!!
2019年02月09日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年11号) 約束のネバーランド122話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよ...

約束のネバーランド 123話 ネタバレ

「私、鬼を殺したくない」

 

「私どうすればいいかわからない」

 

エマのその言葉を聞いたレイは答えます。

 

「俺にもわからん」

 

「…え?」

 

アドバイスや批判の言葉を期待していたエマは固まります。

 

“鬼”にとって人間が特性上、絶対不可欠な食糧だったという事を踏まえて考えると、

 

全食用児を救うにはノーマンの方法しかない

 

そういうレイの言葉にエマは慌てます。

 

「待ってわかんない。じゃあなんで私の気持ち聞いたの?」

 

「何か解決策は!?それ的なアドバイスは!?批判は!?」

 

その全てに「ない」と答えるレイ

 

「じゃあわざわざほじくり返さなくてもいいじゃーん!!」

 

「人ががんばって埋めた本心を秒で掘り起こすなよコノヤロー!!」

 

それに真剣な顔で答えるレイ

 

「埋めた本音、すぐ出てきたじゃん」

 

「埋めるなら何があろうと墓場まで隠し通せよ」

 

結局は諦めきれないんだと言います。

 

諦めきれなかったその気持ちが、後になって何倍にも膨れ上がって爆発する

 

しかもそれは、仲間やエマ自身にも危険を招いてしまう可能性が高い

 

それが分かっていたからこそ、レイはエマに気持ちを吐き出させたのでした。

 

「納得してねえならとことん向き合った方がいい」

 

「ハンパにやりすごしたら絶対後悔する。最悪一生悔いさいなまれるぞ」

 

「もっかいまっさらに考えてみ。エマお前は何がしたい」

 

そんなレイの言葉に、エマは自分の想いを今度は強い気持ちをもって口にしました。

 

「絶滅は嫌。争わない選択肢を探したい」

 

しかしそれと共に、もう家族を失いたくないという思いも強いエマ

 

「どうしたい」とは別に「どうするのがいい」のか

 

それがわからなくなって悩んでいました。

 

「じゃ、まずそれ込みでノーマンに話しに行こう」

 

「えっノーマンに!?私こんな迷ったままで!?」

 

驚くエマに、迷っているからこそだと答えるレイ

 

信頼しあえる仲間だからこそ、腹を割って本心で話し合うべきだと考えます。

 

ノーマンには自分たちの知らない作戦があり、その作戦次第では戦争になる可能性も0ではない

 

それを聞いたうえで考えてみるということです。

 

そしてもう一つ…

 

「俺達としちゃアレも気になるだろ」

 

「ソンジュとムジカ…」

 

レイの言葉に答えるエマ

 

ソンジュとムジカは人間を食べていない“鬼”

 

しかしその姿は人型であり、知能も高い

 

『食べたものの形質を受け継ぐ』この特性があるのに、鳥や魚を食べても何も変化していなかった

 

これがどういうことなのか…

 

「二人が嘘を吐いているのか、さもなくば」

 

「ソンジュとムジカは人を食わなくても人型の姿と知能を保持できる“例外”…とか」

 

その言葉に考えるエマ

 

「みんなムジカ達みたいな鬼だったら、鬼と人間共存できる道もあるかもしれないのにね…」

 

都合のいい願望だとわかりつつ口にします。

 

「ノーマンはこのこと知っているのかな」

 

“例外”がいるという仮定が正しかった場合

 

その鬼が人を食べたい鬼ならば、農園を潰しても退化せず、人間の敵のままとなる

 

ノーマンがこの情報を知らないのなら、

 

ノーマンの作戦が土台から崩れてしまう可能性も出てくるという事です。

 

そしてノーマンが“例外”について知っていた場合

 

鬼と人間の共存の道のヒントが期待できるかもしれない。

 

「今すぐノーマンのとこに行って相談しよう」

 

「ムジカたちのことも、エマの迷いも」

 

鬼との共存は正直無理だと思うレイ

 

しかし、エマの選択には力を貸すから好きに選べと言います。

 

「『無理でもやる』は得意だろ。後悔しねぇ未来をつくろうぜ」

 

二人はノーマンの部屋を訪ねることにしました。

 

「コンコン」

 

ノーマンの部屋の扉を開けると、そこにノーマンはいません。

 

代わりに三人の男女がいました。

 

一人は以前ノーマンの部屋を訪れていた色黒のスキンヘッドの男

 

あとは肉を食べている女性とソファーに座る青年

 

「誰?」

 

不審がる三人を見て

 

「初めましてレイです」

 

「エマです!B06-32シェルターから来ました!」

 

色黒の男性がグレイスフィールドの脱走者だと二人に教えます。

 

「あのノー…ボスはどこですか?話があって…」

 

尋ねるエマに、ボスは外出中だと言う青年

 

エマとレイをソファーに座らせると、言いました。

 

「俺達ちょっとキョーミがあんのよ」

 

「君らGFのお坊ちゃん達に」

スポンサーリンク

約束のネバーランド123話 感想

新たな登場人物がでてきました。一人は一度出てきましたが、あとの二人は初めてです。

 

ノーマンの仲間なんでしょうが、みんなエマたちよりも年上に見えます。

 

ノーマンの仲間ですから、悪い人たちではないでしょうが…。

 

かんじんのノーマンは外出中という事で、エマたちとの話はまた今度ということでしょう。

 

“例外”について知りたかったなぁ(笑)次回は新しく登場した3人とのやり取りでしょうね!

 

こちらも楽しみです!

 

続きはコチラ!

約束のネバーランド124話|ノーマンの部屋にいた三人の正体とは!?
2019年02月18日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年13号) 約束のネバーランド124話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよ...

コメント