ネオレイション9話ネタバレと感想|獣への復讐に燃えるネオ!

2019年02月18日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年12号)

 

ネオレイション9話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

ネオレイション 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

ネオレイション8話ネタバレと感想|突然の来訪者!ネオピンチ!?
2019年02月09日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年11号) ネオレイション8話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!! ...

ネオレイション9話 ネタバレ

前回、ジェヴォーダンにコケにされたネオは、学校の屋上に大悟とゆっこを呼び出します。

 

「ネオ二天王に告ぐ」

 

大悟とゆっこをそう呼び、指令を言い渡そうとするネオ。

 

ネオは、ジェヴォーダンに撃たれた脚をかばいながら、2人に伝えます。

 

「悪党を見つけ出せ!片っ端から潰す!」

 

ネオは、撃たれた後、ジェヴォーダンに関することを闇サイトで調べまわったが、情報は得られませんでした。

 

そして、“自称・犯罪コンサルタント”であることに目をつけ、悪党を片っ端からたたいて行けば、そのうちジェヴォーダンと繋がりのある奴にぶつかる可能性がでてくると考えたのです。

 


 

―街で悪党を探す大悟とゆっこ―

 

「ネオちん、転んだって言ってたキズ大丈夫かな」

 

心配するゆっこのいう“転んだキズ”が、ただの傷ではないであろうことを、感じている大悟。

 

そこへ、ゆっこは悪党候補を見つけます。

 

「大悟ちん…あの人なんかどう?」

 

「みっ…水穂ちゅわ~ん!薬袋水穂ちゅわ~ん」

 

そう言って遠くから、ホットドッグ屋で働く大悟の姉を変態のように見つめる男がいます。

 

男のあまりの素行に、ゆっこが「きっと名のある変態だよ!」というと、大悟は、目を覆って「それ、知り合いだわ…」と言います。

 


 

―事務所―

 

「ネオちんただいま」

 

男は、ゆっこと大悟に両腕を掴まれ、つれてこられています。

 

「俺の姉貴のストーカーだ」

 

すると、ネオは「よくやった!」といい、得意のメラで男を燃やしてしまいました。

 

「ぶへぇぇええええ」

 

「ター坊さぁああああん!!」

 


 

―男=ター坊の火を消し終えて―

 

「俺は寺の住職をやっている山城達臣。人呼んで、ター坊!」

 

「住職!?」

 

なんと男は、住職で、大悟と姉をよく知る人物でした。男こと、ター坊は、大悟の姉・水穂を一途に愛していて、その行動は変態の域に達しているほど。

 

「ところでお前ら、悪党探しをしてるんだってな」

 

「丁度、頼みたいことがあるんだが…」

 

「本当に悪党相手?面倒押し付けようとしてない?」

 

「…ギクっ!…じゃぁ、スマホの修理費とやけどの治療費、チャラにするってのでどうだ?」

 

そう言われたネオたちは、素直に依頼を受けます。

 


 

―“悪党”のいるところに案内するター坊―

 

ター坊は、かつてヨビツ峠でナンバー1と言われる伝説の走り屋だったと話します。

 

ター坊自身はもう走り屋ではないが、今、走り屋の中で問題を起こしている奴がいて、その走り屋をやめさせるのを手伝ってほしいという依頼でした。

 

ター坊は、走り屋は硬派で、ただ走りにストイックなだけ…と3人に説明していましたが、いざ、ヨビツ峠に行ってみると、ター坊の時代とはがらりと雰囲気が変わり、硬派な空気は一切なく、きゃぴきゃぴとした女の子、マナーのない若者であふれていました。

 

「ター坊先輩!来てくれたんスね!」

 

「マサキ、久々だな。なんだこのお祭り騒ぎは。俺ん時より多すぎないか?」

 

「賭けレースですよ!」

 

ター坊の後輩、マサキが言うには、走り屋だけじゃなく、ギャンブラーににぎやかしが増えて、この状況になっていると。

 

そして、賭けを仕切っているのが…

 

「通称“ブギー”。本名はわかりません。奴自身も走り屋です。」

 

ブギーとの賭けに負けて、取り返そうとまた賭けをするという泥沼にはまっている後輩を見つけ、厳しい目を向けるター坊。

 

そんな時、ブギーの取り巻きの女が、「私たちの為にブギーがブランドバッグを買ってるお金」という発言をすると、ブギーが怒り狂って、女の頭を掴み、車にガンガン殴りつけました。

 

「なんで俺がお前の為に金使うねんボケ。賭けの話にしゃしゃりでてくんなや!」

 

その姿を見ていた大悟は黙ってはいられません。

 

「それが女にすることか…!?」

 

すると、ブギーは悪びれもなく、大悟が女を欲しいんだと判断し、賭けを持ちかけます。

 

大悟は怒りで掴みかかろうとしましたが、ここは敵地…ター坊の後輩がとめます。

 

「マサキ…ブギーに賭けを止めさせるにはどうすればいい?」

 

「賭けレースで勝てばもしかしたら…!」

 

「ただあいつは…普段の走りはどうってことないのに、賭けレースはなぜか無敗…得体が知れないんすよ!」

 

「運転してるのが全くの別人って感じなんスよ!」

 

それを聞いて、ター坊はブギーを倒すことを、ネオたちに改めて頼みます。

 

しかし、免許のないネオは、ター坊を運転手にして、手伝うことを決めます。

 

「相手がイカサマで来るなら、こっちはもっと卑怯なイカサマではめてやる」

 

「こいつ(PC)を使ってね」

 

ネオは得意げに、そう言い、いざ賭けレースへ!

スポンサーリンク

ネオレイション(ne0;lation)9話 感想

ジェヴォーダンの情報を突き止める為に、悪党を片っ端からたたくと決めたネオ、さすがです。そして、出会ったブギーという得体の知れない走り屋。

 

彼が得体の知れない秘密は、やはりジェヴォーダンが関わっているのでしょうか!

 

そして、賭けレースはどうなる?!

 

今回は、ネオが自信満々に挑んでいる姿がみれて、ホッとしました。ぜひ勝ってほしいです!

 

続きはコチラ!

ネオレイション10話ネタバレと感想|ヨビツ峠伝説の男vs悪党!
2019年02月18日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年13号) ネオレイション10話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!...

コメント