僕のヒーローアカデミア217話|緑谷の新しい力にオールマイトと爆豪が考える事とは!?

2019年02月18日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年12号)

 

僕のヒーローアカデミア217話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

僕のヒーロアカデミア 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

僕のヒーローアカデミア216話ネタバレと感想|それぞれが振り返る対抗戦!!心躁の編入は果たして…!?
2019年02月09日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年11号) 僕のヒーローアカデミア216話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりま...

僕のヒーローアカデミア217話 ネタバレ

対抗戦が終わったその日の夜

 

オールマイト、緑谷、爆豪が学校の敷地内の建物に集合

 

緑谷の新しい力を発動させようと、爆豪は緑谷に攻撃を仕掛けます。

 

「オラどうしたびびってんのかコラ」

 

「待ってって!!待ってマジで出ないんだって」

 

爆豪の攻撃に焦る緑谷

 

「やめー!!そういうんじゃないから落ち着きなさいッ」

 

爆豪を止めるオールマイト

 

どうやら爆豪は緑谷の黒鞭を発動させたいようですが…

 

「ヤバくなりゃ出るもんだろうがこういうのは!」

 

「いや、これ出さないための練習だから!」

 

オールマイトは逆の考えだったようです。

 

「緑谷少年どうなんだい?」

 

「…やっぱり出ないです」

 

「気配が消えた…」

 

ここに集まる前、学校でこの力について話し合っていた三人

いつもはオールマイトと緑谷の二人で話していましたが、

 

今回は秘密を共有する爆豪も話し合いに参加します。

 

その時の事を思い出す緑谷

 

話し合いでは、オールマイトもこの“個性”の事は知りませんでした。

 

キッカケというキッカケは特になく、外的因果関係から来るものではないかと考える緑谷

 

その考えに爆豪はオール・フォー・ワンが関係しているのではないかと口にします。

 

ワン・フォー・オールは元々オール・フォー・ワンから派生してできた“個性”

 

そして複数“個性”の所持はオール・フォー・ワンと同じだと…

 

『オール・フォー・ワンの力』その言葉に緑谷は複雑な思いを抱きます。

 

何はともあれ、この力をもっとよく知るために実践してみることにした三人

 

冒頭のように爆豪と緑谷が戦う事となりました。

 

“個性”が発動しない緑谷にイラつく爆豪

 

発動しない理由を考えていた緑谷ですが

 

「…僕の気持ちに呼応するのならあの時僕は」

 

「今扱える力じゃない、そう判断した」

 

結局答は見つからないまま解散となりました。

 

寮に戻った緑谷

 

B組の数名が反省会に来ていました。

 

対抗戦での緑谷の力を見た轟が話しかけてきます。

 

「おまえも“個性”2つ持ちだったのか?」

 

「全力でかかってこいっつってたおまえが力を隠していたのなら、俺は多少ショックなんだが」

 

体育祭での事を話す轟に緑谷は

 

「違う違う!多分…”個性”の派生というか…根本は一つのもの…だと思うんだけど…」

 

「今日初めてああなって自分でびっくりしてる状態」

 

「そうか、それは大変だったな。疑って悪かった」

 

自分の炎も緑谷の力と同じでまだまだ扱いきれていないと話す轟

 

父であるエンデヴァーに教えてもらう事を決意します。

 

 

対抗戦翌日

 

物間、ミリオ、緑谷がエリちゃんの元に集まりました。

 

元々物間は呼ばれていましたが…そこに相澤が現れます。

 

「緑谷、通形、悪いな呼びつけて」

 

「物間に頼みたいことがあったんだが、如何せんエリちゃんの精神と物間の食い合わせが悪すぎるんでな」

 

「僕を何だと思ってるんですかぁアハハハハ」

 

いつもの調子で答える物間です。

 

相澤の指示で物間がエリちゃんの”個性“をコピーする物間

 

しかし出来ません。

「うーん…“スカ”ですね」

 

“スカ”という言葉に、対抗戦でも引っ掛かりをもっていた緑谷は意味を尋ねます。

 

その言葉に溜め込む系の“個性”だと答える物間

 

「僕は“個性”の性質そのものをコピーする」

 

「何かしらを蓄積してエネルギーに変えるような“個性”だった場合、その蓄積まではコピーできないんだよ」

 

その言葉に納得する緑谷

 

そんなやりとりを見ていたミリオは、相澤にコピーした理由を尋ねます。

 

「物間がコピーして使い方を直に教えられたら彼女も楽かと思ってな」

 

「そう上手くはいかないが」

 

エリちゃんが個性を発動させられるようになった時、また暴走しないようにと考えての事でした。

 

「…ごめんなさい、私のせいで困らせちゃって」

 

こんな力なければよかったと落ち込むエリちゃんに、緑谷は言います。

 

「困らせてばかりじゃないよ、忘れないで。僕を助けてくれた」

 

『力の暴走』という恐怖を持つエリちゃんの気持ちが痛いほどわかるからこその言葉

 

「使い方だと思うんだ」

 

「君の力は素晴らしい力だよ!」

 

「私やっぱりがんばる」

 

自分の力を使いこなそう、エリちゃんと緑谷は決意を新たにしました。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア217話 感想

今回はデクの力についてでしたね。

 

秘密の共有が3人になったことで、爆豪くんも話し合いに参加です。

 

的を得た意見、鋭いですからね、爆豪くん。オール・フォー・ワンの力というのは、デクにとってもオールマイトにとっても引っ掛かりを覚えるもの。

 

しかし、デクはエリちゃんを励ますことで、自分もこの力に飲み込まれないよう決意を新たにしました!

 

二人とも頑張れ!!

 

続きはコチラ!

僕のヒーローアカデミア218話ネタバレと感想|轟、爆豪の仮免試験の結果とは!?
2019年03月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年14号) 僕のヒーローアカデミア218話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりま...

コメント