絶対可憐チルドレン530話ネタバレと感想|未来への船出!!仲間を取り戻したチルドレンの行く手に、新たな試練のきざしが…⁉

2019年2月13日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年11号)

 

絶対可憐チルドレン530話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!

絶対可憐チルドレン 前話までのあらすじ

超能力を持ったチルドレンたちは、エスパーを洗脳して悪用する組織「黒い幽霊」に、仲間を奪われてしまう。

 

パンドラの幹部・真木は「黒い幽霊」の強力な先兵と化し、チルドレンに立ち塞がる。

 

兵部京介は、敢えて腹心の部下である真木に自らの過去を語り、心の琴線を震わせた。

 

本心に気づいた真木にチルドレンたちが猛攻!

 

ようやく真木の心から、「黒い幽霊」を追い出すことに成功する!!

 

もっと詳しく振り返りたい人はコッチ!!

絶対可憐チルドレン529話ネタバレと感想|リミッター完全解禁!!黒い幽霊に挑むチルドレンに、ブースト限界時間が⁉
2019年1月23日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年8号) 絶対可憐チルドレン529話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~...

絶対可憐チルドレン530話 ネタバレ

藤浦葉、加納紅葉、そして真木司郎!!

 

やっとパンドラ幹部三人衆が戻ってきました!

 

兵部少佐の膝の上で眠る真木、きっと拾われた頃もこんな感じだったんでしょうね。

 

薫・葵・紫穂・悠理のザ・チルドレンたちも、ほっと一息、というところです。

 

でもチルドレン指揮官・松風浩一は、引っかかるものを感じています。

 

まるで、バベルとパンドラの最強チームが、ひとつところに誘いこまれているような……。

 

松風の不安のように黒い影から、光る瞳が現れて囁きかけます。

 

『……もうそろそろ戻ってきてもいい頃だ』

 

「誰だ⁉」

 

自分の影に叫ぶ松風。

 

そこにチルドレンたちが瞬間移動で現れるんですが、何事もなかったかのように振舞います。

 

怪しいですねー。

 

でも、松風を慕う薫は、異状に気付かない様子。

 

再び瞬間移動すると、真木が使っていた「黒い幽霊」の拠点へ。

 

発電所のような巨大建築の中、ガラスのポッドに収められた幼いエスパー。

 

このエスパーの子が、真木とリンクしていたのです。

 

指示を仰ぐ紫穂が持っているのはバベル保有のノート。

 

かつての兵部と同じ、旧帝国陸軍特務超能部隊所属の宇津美清司郎が、

 

『任せてくれたまえ。』

 

と、ノートの中から頼もしい御言葉!

 

既に故人ですが、残留思念として人格を保っています。

 

生前の宇津美は文字や紙を操る合成能力者で、情報解析と暗号解読のエキスパート。

 

死してもその情報制御の能力は健在!

 

眠るエスパーを通して「黒い幽霊」の精神感応ネットワークに侵入。

 

一世紀近く前の人なので、コンピュータネットワークのことはわからないようです。

 

ネット内のウィルスとして検知され、敵クローンエスパーたちが襲ってくるのを、何と日本刀でブッタ斬ってます!

 

『君たちのようなひよっこには、まだ負けん‼』

 

でもミネウチなんですよねー。

 

女性と見まがうほど長い髪、そして美形。

 

インテリ情報士官、モテたでしょうねー。

 

この拠点を足掛かりに、「黒い幽霊」全拠点の連絡網を一刀両断!

 

眠っていたバベルのエスパーたちが、次々に目覚めていきます!!

 

そしてパンドラの拠点カタストロフィ号の船上では、同じく眠っていた真木がようやくお目覚め。

 

兵部少佐に、

 

「よお、やっと戻ってきたな」

 

と声をかけられ、ベッドの上から謝罪する真木。

 

思えば「黒い幽霊」に操られていたとは言え、大恩ある少佐をめちゃボッコにしました!

 

全絶チルファンを絶望の底に突き落とす、「大人になれ!」発言もしました!

 

ここで今までの兵部少佐だったら、イロイロきつーい嫌味の散弾銃がバンバン真木を襲っていたはず。

 

でも、ただ微笑んで、

 

「もう二度とこんなのはごめんだね」

 

と言うだけの少佐。

 

超能力モモンガの桃太郎ちゃん、葉、紅葉、真木の幹部、マッスルさん、澪ちゃん、カズラちゃん……ええっとぉ、面変わりしててわかんないけどカガリくん?

 

もうパンドラのみんなが仲良し過ぎて、カタストロフィ号に戻ると朝の山手線みたいで混乱するんですが、とにかく、この仲良しさんたちが、ちゃんと揃ってる。

 

それだけで、少佐はとても、幸せそうです。

 

『もし全てがこいつらに出会うための道程だったのだとしたら……全部がただ懐かしく愛おしくなってしまうじゃないか。』

 

この大きな船の向かう、遠い海を眺め、想いを馳せる少佐。

 

……あの、浸ってらっしゃるところ、申し訳ないんですが、兵部少佐。

 

それ……死亡フラグです……。

 

まだまだ絶チルファンも破壊の女王も、あなたのパワーが必要です。

 

長生きしてー!

 

次回から新たな展開がありそうです。

 

それはきっと……松風くんのアレですよね?

 

絶対可憐チルドレン、次回から絶対絶命おじーちゃんになりませんように!

スポンサーリンク

絶対可憐チルドレン530話 感想

せっかくみんなが集まって、ええハナシやー、って終わると思ったのに~!

 

少佐、ガチでフラグ立てるのやめてください、縁起でもない!

 

死にかけて虚数空間に行って、やっと戻られたばかりですよ!

 

今は寿命が百歳の時代だって保険のCMで言ってました。

 

パンドラのちびっ子たちが大きくなって、人間とエスパーが幸福に共存する未来が来るの見ましょう、おじーちゃん!

 

しかし、少佐が美学に背いてでも生きる決心があったとしても……松風くん……。

 

前々から『時限爆弾』て話ありましたよね。

 

あまりにも都合よく、皆本の空席に入ってきたし、少佐も疑ってわざわざ同じ高校入ったネタありましたね。

 

もうこの爆弾、起動しないでキレイにまとめるかと思ってましたが、やっぱり使いますか椎名先生!

 

過去作でも、終盤にすごい哀しいエピソードをぶっこんで来てましたよねー。

 

さすが画業も30年ともなると、読者の予想のつくような展開はないのかもしれません。

 

これからも椎名先生のジェットコースターに、乗っていくしかなさそうです!!

 

次のお話はこちら!

絶対可憐チルドレン531話ネタバレと感想|ターゲット・ロックオン!ギリアムの魔手があの人物に…‼
2019年2月20日発売日の週刊少年サンデー最新話! 絶対可憐チルドレン531話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~! 絶対可憐チル...

コメント