鬼滅の刃145話 ネタバレと感想|雷の呼吸、熾烈な戦い遂に決着!!

2019年02月09日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年11号)

 

鬼滅の刃145話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

鬼滅の刃 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

鬼滅の刃144話ネタバレと感想|雷の呼吸の真実、宿命の闘い!
2019年02月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年10号) 鬼滅の刃144話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!! 鬼...

鬼滅の刃145話 ネタバレ

前回、善逸の動きに、ハッとなった獪岳の回想から、始まります。

 

圧倒的強者にひざまずくことは、恥じゃない。生きてさえいれば何とかなる。

 

圧倒的なおぞましい異形の出で立ちで、計り知れないオーラを纏ったままの鬼が獪岳の前に佇んでいた。

 

彼は、刀を地に置き、平謝り、土下座していた。

 

地面に頭をこすりつけようが、家が無かろうが、泥水をすすろうが、金を盗んだことを罵られようが、生きてさえいれば、いつか勝てる。

 

勝ってみせる。そう信じて進んできたんだ。

 

「鬼となり…さらなる強さが…欲しいか…お前も…」

 

顔面に六つの連なる眼、握る剣にも無数の眼。額と顎、頚に、例の痣。

 

「強い剣士程…鬼となるには時間がかかる…。私は丸3日かかった…呼吸が使える者を鬼とする場合…あの方からの血を…多く頂戴せねばならぬ…」

 

鬼の拳から滴り落ちる血を、両の手で受け止める。

 

この血を飲めば、強くなれる。体質によって稀に鬼にならぬ者も存在するという。

 

有り難き血を零した時には、獪岳の首と胴は泣き別れだ。

 

飲み干すまで見届ける様に、両の手のひらの真っ黒な血を見つめる獪岳の体は震えに震えていた。

 

あの、体中の細胞が絶叫して泣き出すような恐怖。

 

あれに比べれば、こんな小物。大したことはない。

 

我妻善逸、こいつはカスだ。いつもベソベソ泣いていた。

 

何の矜持も根性もない。

 

落とし穴にはまって泣き叫ぶ弱い善逸と師の姿。

 

「死んで当然なんだよオオ!! 爺もテメェもォオ!!」

 

ヤられたなら返すまでだ。気にくわない。一撃を喰らった獪岳は、雷の呼吸を放ちます。

 

「雷の呼吸、弐ノ型、稲魂」

 

一息で瞬きの間に五連撃を繰り出します。稲魂の凄まじい撃に、善逸は言葉を投げます。

 

「大勢人を喰ったな、もう善悪の区別もつかなくなったんだな?」

 

投げられた言葉に獪岳は、参ノ型、聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい)、伍ノ型、熱界雷で受け止め返します。

 

「俺を正しく評価し認める者は『善』!!低く評価し認めない者が『悪』だ!!」

 

「どうだ!?血鬼術で強化された俺の刀の斬れ味は。」

 

「皮膚を!!肉を!!罅割って焼く斬撃だ!!」

 

回転しながらの波状攻撃を喰らった善逸の皮膚は、ビチっと音をたて罅割れました。

 

同時に、師と共に修行していた懐かしい光景も脳裏に浮かびました。

 

「雷の呼吸、陸ノ型、電轟雷轟(でんごうらいごう)」

 

バリバリと部屋全域を斬撃が轟きます。善逸の体をも斬撃は喰らいます。

 

「喰らった斬撃はお前の体で罅割れ続ける。目に体に焼きつけろ、俺の力を、鬼になり、雷の呼吸を超えた!!俺は特別だ、お前とは違う、お前らとは違うんだ!!」

 

凄まじい斬撃に一間ごと善逸は吹き飛ばされます。

 

吹き飛ばされる中、彼の脳裏に師の言葉が甦ります。

 

『獪岳を見習え!!兄弟子のようになれ!!』

 

何度も何度も、修行に耐えられず泣き出す善逸に、師は発破を掛けます。

 

ある時、仲間たちが獪岳の悪口を言い出します。

 

『雷の呼吸って壱ノ型が全ての型の基本だろ?壱ノ型だけ使えないってことは結局…なぁ?』

 

壱ノ型以外継承した獪岳の態度のデカさに、仲間たちは辟易していたのです。

 

『何ずんだ、テメェ!!』

 

柱になれない、すぐに死ぬなど、善逸は許せませんでした。

 

『上の階級の奴殴ったって?問題起こすなカスが、お前みたいのがいるのは本当に恥だぜ』

 

背を向けるまだ人であった頃の獪岳。

 

獪岳が、俺のことを嫌っていたのは十分わかっていたし、俺だって獪岳が嫌いだった。

 

でも尊敬してたよ、心から。

 

ひたむきに努力してたことも、爺ちゃんや俺にとって特別で大切な人だったよ。

 

共に膳を囲い、同じ釜の飯を食った。師である爺ちゃんといっしょに。

 

いつでも獪岳の背中を見ていた善逸。だけど気づきます。獪岳から不満の音がしてたことに。

 

心の中の幸せを入れる箱に穴が空いていて、その穴から幸せが零れていくのを。

 

その穴に早く気づいて塞がなければ、満たされることはないのだと。

 

爺ちゃん、ごめん。

 

俺たちの道は分かたれた。

 

飛ばされ続けていた善逸は、空中で回転し態勢を整えます。

 

人であっても、鬼であろうと、変わらない不満の音。

 

ごめん、兄貴。

 

意を決して、攻撃に転じます。

 

まだ余力があったのか?と、油断した獪岳目掛け、抜刀。

 

「雷の呼吸、漆ノ型、火雷神(ほのいかづちのかみ) 」

 

壁からの跳躍力と油断した獪岳の間を斬り割く斬撃は、獪岳の頚と胴を泣き別れしたのでした。

 

みっ…

 

見えなかった!!何だ!?今の技、速すぎる。俺の知らない型だ、何を使った!?

 

一瞬の斬撃に、電光石火の如く切り裂かれた頚と胴体。

 

善逸の体もいままで浴びた獪岳の斬撃であちこち皮膚は、罅割れて流血しています。

 

漆ノ型を放った同時に上着は引き裂かれ、かつて兄弟子が着用していた『滅』の文字が刻まれた黒い礼服が露になりました。

 

「畜生!!畜生!!」

 

「やっぱりあの爺、贔屓しやがったな!!お前にだけ教えて俺に教えなかった!!」

 

跳ねられた頚だけが、善逸の技に嫉妬し罵声をあげます。

 

型を放った善逸も斬りつけた己の技の速さに流されます。

 

流される中、獪岳に手向けます。

 

「違う、爺ちゃんはそんな人じゃない。」

 

「これは俺の型だよ。俺が考えた俺だけの型。この技で、いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…」

 

と。

 

次回に続く。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

鬼滅の刃145話 感想

すごいなあ、雷の呼吸って。

 

斬撃の描写も凄いけど、獪岳の背中を見てきた善逸だからこそ、彼の内なる声(作中は音の表現)が解ったのですね。

 

にしても、大手柄、よくやった!

 

上弦の鬼を1体倒しました!(パチパチ、拍手喝采)

 

倒したよね?

 

まだちょっと、続きあるのかな?

 

きっと、しのぶと堂磨の闘いと同時軸で邂逅した雷ちゃん同士。

 

次は、カナヲと堂磨か、もしくは、恋柱かなぁ。次回も楽しみです。

 

次話はコチラ!

鬼滅の刃146話ネタバレと感想|因縁の戦い、猗窩座と炭治郎!
2019年02月18日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年12号) 鬼滅の刃146話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!! ...

コメント