ワンピース931話ネタバレと感想|サンジがおそばマスクに変身?!

2019年02月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年10号)

 

ワンピース931話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ!

ワンピース 前回までのあらすじ

前回のあらすじを見逃した人は、お先にこちらをお読みください!

 

内容が分からないまま読んでも、面白さ半減ですからね( ̄ー ̄)ニヤリ

ワンピース930話ネタバレと感想|飛六胞と戦うサンジ!
2019年01月21日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年8号) ワンピース930話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~! ...

ワンピース931話 ネタバレ

―花の都―

 

そば屋のサン五郎(サンジ)への刺客を出した狂死郎親分。

 

これ以上、関係ない他のそば屋に被害が出ないようにと、刺客であるページワンの前に現れたサンジ。

 

サンジは、ロー、ウソップ、フランキーは先に行けといい残し、ローに言われた通り、麦わらの一味だとばれないよう変装して戦いに挑みます。

 

「変装するにゃ、おあつらえ向きだろう」

 

そう言って、兄から渡された“3”と書かれたジェルマ66のレイドスーツを手にします。

 

町の人々は、そば屋のサン五郎がわざわざ殺されに現れたことに驚き戸惑いながら逃げます。

 

ローは、「町なんか放っときゃいいものを」とあきれた様子。

 

「“四皇”との戦いだ…意地はって、人を救えねェ状況もあるかも知れねェ」

 

「プライド捨てりゃ、救える命もあるかもしれねエ…」

 

「…もし、コイツにそんな力があるのならな!!」

 

「こんなものを身につけたくらいで!俺は“ジェルマ”に成り下がらねぇ!!!」

 

「試すくらいしてやるよ!!!」

 

そう言って、サンジはレイドスーツの缶を開け、変身します。

 

すると、ローがレイドスーツに変身したサンジをみて、驚きます。

 

「なぜ奴が!!あのスーツを持ってる!!アレは間違いなく…!“悪の軍団ジェルマ66のNo.3!!”ステルス・ブラック“!!!」

 

ローの詳しい説明にサンジは、なんでお前が詳しいんだよ!とツッコミます。

 

「おれを二度とそう呼ぶな!!!」

 

そうサンジは叫びます。

 

ローは、ノースブルーでは有名な話だと話します。

 

そして、ジェルマの名を名乗る気もないサンジは、ページワンに名乗れ!と言われると…

 

「おそばマスク!!」と命名します。

 

あまりにダサい名前に、フランキーとウソップはひっくり返ります。

 

そして、サンジは憎んでいた科学の力・レイドスーツの力を使って、ページワンに向かっていきます!

 

すると、姿が見えないのに、ページワンはどんどんやられていきます。

 

「昔新聞に載っていた。」

 

「絵物語“海の戦士ソラ”。そこへ敵対する悪の軍団“ジェルマ66”。」

 

「そのメンバー“ステルス・ブラック”は、姿を消せる厄介な戦闘員!」

 

「全身に背景を投影し、目に映らなくなる!!」

 

詳しく話すローに、フランキーはツッコミます。

 

サンジ自身、自分が消えた?!と驚きます。

 

昔、スケスケの実という姿を消せる悪魔の実を知ったサンジは、“透明人間”になってみたかったと夢を持っていました。

 

その夢が、大嫌いなジェルマの科学で叶うという皮肉に素直に喜べないサンジ。

 

けれど、

 

マントは“盾”

 

かかとに“加速装置”

 

足の裏に“浮遊装置”

 

そして、3のレイドスーツの“透過”

 

この力は必ず仲間の力になると実感します。

 

しかし、ページワンも相当の強さ。サンジを何軒も先まで吹っ飛ばしてしまいます。

 

サンジは、レイドスーツの耐久性のおかげで、あまり負傷はしないものの、都を巻き込んでしまうと心配し、ページワンを倒しにかかります。

 

その間に、ローはウソップとフランキーを連れて先に行くことにします。

 

「追手が来るし、騒ぎはまたデカくなる。都は当分ダメだ」

 

「一旦“えびす町”へ逃げ込もう!」

 


 

―オロチ城―

 

宴会のさなか、ロビンは“歴史の本文”に関するものを探しています。

 

すると、ワノ国直属忍者部隊・オロチお庭番衆に見つかってしまいます。

 

そこへ、お庭番衆・隊長の福ロクジュが現れ、

 

「これはどうも困った芸者だな。言い訳を聞こう。ただし、一回のみ」

 

ロビン、大ピンチです。

 


 

―九里・九里ヶ浜―

 

お玉は、兎丼の牢獄にいるルフィを心配しています。

 

そして、九里ヶ浜に着くと、大きな女の人が浜に横たわっているのを見つけます。

 

「…女の方…?!」

 

「カ…カイドウとどっちが大きいかな」

 

お玉たちが驚いているところ、チョッパーも見に行くと…

 

「あー!!!ビッッグ・マ…」

 

言いかけて口を押えるチョッパー。

 

「逃げるんだすぐ!起きたら終わりだ!」

 

「いや…ダメだ逃げても…」

 

チョッパーがどうしようと焦っているところで、ビッグマムが目を覚まします。

 

「うぅ…ゲホ」

 

「ウウ…ここは…どこだい?」

 

「おれは…誰だい?」

 

「!??は?」

スポンサーリンク

ワンピース931話 感想

サンジのレイドスーツはまさかのブラック!でした。そして、炎かと思いきや、透過という意外な結果に!

 

サンジの名づけた“おそばマスク”。ダサいネーミングに失笑でした。

 

憎んでいたジェルマの力を使うサンジの今後が楽しみです。

 

そして、大ピンチのロビンはどう切り抜けるのか…

 

ロー達は、えびす町に向かったので、前回えびす町にいたゾロ達と合流できるのでしょうか…それとも、“少し前”と書かれていた為、えびす町にはもういないのか…

 

次話はコチラ!

ワンピース932話ネタバレと感想|オロチ城で修羅場?!ロビンと花魁の危機!
2019年02月09日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年11号) ワンピース932話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!! ...

コメント