名探偵コナンゼロの日常26話ネタバレと感想|大逆転へのプレリュード⁉クールな安室の闘争心が点火!!

2019年1月30日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年9号)

 

名探偵コナン ゼロの日常26話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

名探偵コナンゼロの日常 前回までのあらすじ

公安警察官・降谷零は、喫茶ポアロの店員・安室透を名乗り米花町に潜入捜査中。

 

凄腕捜査官として様々な修羅場を潜り抜けてきた降谷だが、米花町で普通の市民として暮らすうちに徐々に心境に変化が……?

 

もっと詳しく振り返りたい人はこちら↓

名探偵コナンゼロの日常25話ネタバレと感想|潜入捜査の落とし穴⁉予想外のつながりにゼロの仮面(トリプルフェイス)は…
2019年1月23日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年8号) 名探偵コナン ゼロの日常25話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かります...

名探偵コナン ゼロの日常26話 ネタバレ

毛利小五郎とポアロのマスターが所属する草野球チーム「米花フラワーズ」。

 

今回はその練習試合の日なのですが、何と毛利とマスター、二人仲良く風邪でダウン。

 

探偵事務所とポアロは同じ建物だから、移っちゃうこともありますよね。

 

蘭ちゃんやコナンが熱出してないといいんですが。

 

さて、欠場の二人に代わり、助っ人として呼び出されたのが、我らが無敵超人の降谷零と、その部下の風見警部補。

 

ここでは探偵の安室と、昔、その「助手をつとめていた」飛田として登場です。

 

ガンダムキャラ『カミーユ・ビダン』が元ネタの風見裕也の偽名が、カミーユ役であり、さらにアニメ版コナンの風見役の声優さんの苗字、ってファンサービス大盛りでうれしいです!

 

まあ、ここでは声優の飛田(とびた)さんとは読みが違う飛田(ひだ)なんですけどね。

 

その飛田/風見は、実は野球小僧だったらしいです。

 

安室愛犬シッター回での本格的なランニングウェアも、これで納得ですね!

 

ポアロの梓さんに、

 

「どこかでお会いしました?」

 

と尋ねられ、冷や汗をかく一幕もありましたが、前回、ラーメン屋で出くわした時はスーツ姿だったし、ぎりぎりセーフというところのようです。

 

米花フラワーズのキャッチャーは、そのラーメン屋、「ラーメン小倉」の店長さん。

 

そしてピッチャーは、ラーメン小倉でバイトしていた大橋さんです!!

 

草野球とは言え、女性ピッチャー珍しいですね。

 

野球小僧飛田はファーストに。

 

そして安室は、意外にも、

 

「バットとグローブを触ったことがあるくらい」

 

だそうで、外野の守備に。

 

対するチームは、杯戸ジャガーズ。

 

ここは小倉店長の古巣だそうで、店舗の移転と共に米花フラワーズに移籍したことを、根に持っている人ばかり。

 

店長が抜けて勝率が落ちたから恨むって、引っ越せば近所のチームに移りますよね~。

 

大橋の台詞じゃないですけど、文句ばっかりのオジサンたち、感じ悪いです。

 

野次る台詞も下品だし、法曹界のクイーン妃先生も大ファンの「ジャガーズ」を名乗らないでほしいです!!

 

ジャガーズの能勢選手だってきっとイヤだと思うぞ!

 

でも、回が進むごとに、杯戸ジャガーズはぐいぐい得点していきます。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

毛利先生とポアロのマスター、野球の名手だったんですね……この二人がいないだけで、勝率が下がったはずの杯戸ジャガーズが無双モードです。

 

何でもできると思っていた安室が空振り三振に倒れ、元野球小僧風見もセカンドライナーをしっかり捕球されてアウト。

 

せっかく安室に、

 

「もちろん、期待している!」

 

と言われて張り切ったんですが……。

 

そして、ついに試合は9対0に。

 

あと一点でジャガーズのコールド勝ち決定、というところでセーフティバントを取り損ねたピッチャー大橋が、足を負傷してしまいます。

 

小倉店長がリカバリーに入り、ファースト飛田/風見に送球しますが、これが暴投に。

 

しかし部下が後逸したボールは、自分が逃さぬ!!とばかりに身軽に捕球した安室が、外野からホームベースに向けてビームライフル並の剛速球で返球!

 

回りの空気を引き裂く“ボッ!!”っていう異様な効果音出てますけど、もしかして音速超えた⁉

 

この球威のボールを受けられた小倉店長も、ハンパじゃない実力!!

 

確かにこの人が抜けちゃうと、痛いかもしれないですね。

 

敵味方全員がビビる超ファインプレーで、窮地を脱出。

 

でもピッチャーは足の負傷で投げられそうにありません。

 

しかもケガ人相手に、杯戸ジャガーズからはまた嫌味な野次。

 

「試合中になんて態度だ…」

 

と風見が怒るのも無理ないです。

 

阪神タイガース甲子園球場ナイターに来るオッチャンらだって、もうちょっと上品なこと言いますよ!

 

しかし安室は、

 

「野球でやられたら、野球で取り返さないと…」

 

と冷静。

 

レギュラー二人欠場、ピッチャー負傷、5回の裏で既に9点差。

 

絶望的です。

 

しかし、不敵な笑みを浮かべる安室。

 

「僕達が勝つ可能性は、まだゼロじゃありませんから…」

 

潜入捜査官ゼロによる、ゼロじゃない宣言キタ!!

 

いったいどんな秘策が⁉というところで今回は終わってしまいます。

 

野球物は九回の裏の攻撃が何十話も連載されちゃったりしますが、コナンでもやっぱり長引くんですね。

 

来週こそ、すかっと勝った米花フラワーズが見たいです!

 

そして大橋さん、捻挫は甘く見ないで、一刻も早く外科に行って~!!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

名探偵コナンゼロの日常26話 感想

今回のキモは何と言っても外野からの安室レーザービーム!!

 

テニスが相当の腕前なわけですから、筋力や体のコントロールが元からケタ外れなんでしょうけれど、それにしても“ボッ!”って。

 

何か物を投げてああいう音がするキャラクターって、ファイブ〇ター物語の騎士くらいだと思ってました。

 

あと扉絵が、ネクストバッターサークルに座る少年なんですが……この髪と肌の色……安室さん?

 

半ズボンやTシャツからのぞく手足や鼻の頭までバンソーコーだらけ!

 

ヤンチャそうですねー。

 

後ろにいる黒髪の男の子は、スコッチだったりするんでしょうか。

 

ゼロティー開始当初は、降谷/安室の過去がどんどん出て、公安や黒ずくめの核心に迫れるんだろうと思ってましたが、今は、出るには出たけどよけいにナゾが深まっちゃった感じです。

 

コナンシリーズには、工藤親子を筆頭に、快斗、京極、赤井など、人間離れしたキャラクターがたくさん登場しますが、これだけたっぷり描かれて、なお底が知れない安室透、この人が一番、人間離れしているのかもしれません。

 

いつもの諜報活動と違って、事前の仕掛けや、武器等が使えるはずのない草野球。

 

次回でどんな作戦で杯戸ジャガーズを倒すのか、楽しみです!!

 

次話はコチラ!

名探偵コナンゼロの日常27話ネタバレと感想|華麗なる逆転劇!ゼロの真の実力とは⁉
2019年2月6日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年10号) 名探偵コナン ゼロの日常27話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよ...

コメント