あおざくら120話ネタバレと感想|遂に始まったダンスパーティー!気になる近藤のダンスの相手は?

2019年1月30日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年9号)

 

あおざくら120話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

あおざくら 前回までのあらすじ

前回までのあらすじを見ていない人は、先にコチラをお読みください!

 

ストーリーをしっかり楽しむには、前話もちゃんと読んでおかないとダメですよ~。

あおざくら119話ネタバレと感想|気になるあの人の笑顔と近藤の恋の行方!?
2019年1月23日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年8号) あおざくら119話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ! あお...

あおざくら120話 ネタバレ

「どうですか?近藤学生!」

 

得意満面で近藤に詰め寄る岡上。

 

「何が…?」

 

近藤は後ずさりながら答える。

 

「私のドレス姿ですよ。」

 

「いっつも防大で男子と同じ服でしたけど見直しましたか?」

 

「可愛いですか?」

 

両頬に指を指を刺して首をかしげてみせる。

 

「なっ…そん、まぁ…」

 

顔を赤くしてドギマギする近藤。

 

「可愛いよ、そりゃ。」

 

顔を合わせられない。

 

「そういえば当日も私と踊れたらって言ってましたね…」

 

「え、いや、あれは…」

 

慌てる近藤。

 

「そんなに言うなら今日 兄は来てませんから一緒に踊ってあげてもいいですよ。」

 

「あ、でも近藤学生、今日はとってもお忙しいんでしたっけ?」

 

顔を寄せて、いたずらっぽくささやく岡上。

 

「オマエなあ!」

 

またしても顔を赤らめて焦る近藤。

 

『もし何かあったら、バレないわけないし…』

 

近藤が懸念するのは、もちろんあの兄のことである。

 

「武井…見ろよ…」

 

「ああ…」

 

おなじみ、原田と武井である。

 

「防大の女学が…」

 

「いつもとは別人レベルで輝いてないか…!?」

 

綺麗なドレスを着てオシャレした女子を見てざわつく2人。

 

「男子顔負けの野生系パワー女子だったはず…」

 

「キチンとドレスアップするとここまで変わるものか…」

 

失礼なものである。

 

しかし、キレイなのは女学だけではない。

 

来客として訪れる女子も、かなりレベルが高い。

 

しかし武井は意外にも冷静である。

 

「忠告だが、女子にばかり気を取られ、紳士のふるまいを忘れて、デレデレしていると…」

 

「アイツみたいになるぞ。」

 

「あっ!!近藤さん!」

 

1人の来客の女子が手を振って近づいてくる。

 

「今日は呼んでいただいて…というか会えて嬉しいです!」

 

しかしそこへ、別の女子が

 

「あ、近藤さん!今日はよろしく。」

 

「近藤さんやっと会えましたね♥」

 

2人現れ、合計3人になる。

 

女子たちはお互い顔を合わせ険悪なムードに。

 

「もしかして…まとめて声かけたんですか?じゃあ誰と踊るつもりで?」

 

顔を青ざめる近藤。

 

後ろでは武井が悪い顔をして笑っている。

 

さらに

 

「近藤さーん、やっと会えた!」

 

別の女子が追い打ちをかける。

 

そこへ、爽やかに清川が登場する。

 

「近藤は一学年だから雑用に忙しくてね。なかなかみんなの相手ができないかもしれない。」

 

そう言って、近藤をフォローしつつ、ダンスパーティーの説明を始める。

 

ダンスパーティーは3部制で、1部と2部はランダムで選ばれた別の相手とそれぞれ踊り、3部は好きな相手と踊れる仕組みだ。

 

「だから、1部と2部は、別の防大生とも踊ってくれると嬉しいな。」

 

「ここだけの話、近藤よりイイ男、いるからさ。」

 

清川の爽やかさに、女子たちは

 

「そうします!」

 

と、もはや近藤はそっちのけである。

 

「清川さんありがとうございます!」

 

助けてくれた清川に礼をする近藤。

 

清川は、松岡に呼ばれたらしい。

 

松岡は、清川が女の子を独占しそうだったから呼びたくなかったが、近藤のために呼んでくれたらしい。

 

「近藤クン!」

↓1番読まれている記事はコチラ↓

また、近藤を呼ぶ女子が現れた。

 

沖田の姉の美月である。

 

「あっ美月さん!」

 

「ど…どうも!!」

 

近藤をはじめ、沖田と武井もペコペコする。

 

「その…今日はクリスマスダンスパーティー誘ってくれて…ありがとうね…」

 

美月は照れ臭そうだ。

 

しかし、

 

「どう?」

 

と言って胸元を見せるなど大胆である。

 

しかし近藤は気づかない。

 

相変わらずの鈍さである。

 

そのやりとりを遠くから見つめる岡上。

 

3人が下の名前で呼ぶ女子のことが気になっていたが、名札を見て気づく。

 

そもそも、沖田と美月は顔が似ているので、岡上もすぐにピンときたようだ。

 

そんななか、

 

「近藤さん、今日は誘ってくれてありがとう!今日は一緒に踊れるのを楽しみに…」

 

と、また新たな女子が登場する。

 

美月と顔を合わせて

 

「あ゛?」

 

と驚いた様子だ。

 

犬飼である。

 

案の定、近藤を取り合って険悪な雰囲気になっていく。

 

原田と武井はうらやましがり、岡上は軽蔑した目で近藤を見ていた。

 

当の近藤は、別のことが気になっていた。

 

1枚だけ残った名札である。

 

『TOKOYO MATSUI』と書かれている。

 

『アイツ…来れなかったのかな。年末忙しいもんな…。』

 

諦めかける近藤の前に、松井が走って現れた。

 

急いで受付をする松井。

 

そこへ、

 

「……松井!」

 

嬉しそうに手を振りながら近寄る近藤。

 

その様子を遠くから見る岡上。

 

開校祭で松井に会ったときのことを思い出す。

 

『あの子、開校祭の時も一大隊に来てた…』

 

『もしかして…』

 

『近藤学生の、彼女!?』

 

神妙な面持ちになる岡上。

 

幼馴染らしく、しばらくじゃれ合う松井と近藤。

 

「呼んでくれたのは嬉しいし…その…ありがとう。」

 

照れながらもお礼をする松井に

 

「ああ。」

 

そう言って、めずらしく笑顔を見せる近藤。

 

ガシャアアンッ

 

飲み物のグラスが割れる音がする。

 

「失礼しました!!」

 

落としたのは岡上のようだ。

 

松井は岡上の存在に気づく。

 

『あの娘確か儀仗隊の…』

 

『可愛かった子…』

 

『ドレス姿…きれい…』

 

そしてダンスパーティーが始まった。

 

ランダムにペアが選ばれる。

 

緊張の瞬間である。

 

近藤の最初のペアになったのは…。

 

沖田の姉、美月だった。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

あおざくら120話 感想

今回は、防大漫画には珍しく、たくさんの素敵な女性たちが登場します!

 

15股小付に感謝ですね!

 

そして、やはりというかなんというか…

 

予想通り、近藤をめぐって修羅場が起きましたね!

 

予想通りですが、気持ちがいいです!

 

美月とその友人の肉食系女子・犬飼のキャットファイトはなかなか見ものです。

 

松井と岡上も、お互いのことを意識しつつといった感じですね。

 

最終的に近藤がどちらを選ぶのか、非常に気になるところです。

 

最初のダンスの相手は美月になった近藤。

 

果たして上手く踊れるのでしょうか?

 

松井や岡上が気になってぜんぜん踊れな~い!みたいな展開になると楽しいな~と予想しております。

 

そして、会場にはしれっと武井も混ざっているのですが、彼はどうやってクリスマスダンスパーティーに紛れ込んだのでしょうか??

 

気になるところです。

 

この感じでは、パーティー終わらないと真相はわからなさそうですね。

 

次回はいよいよダンス本番です!

 

どうなるのか楽しみですね!

 

次話はコチラ!

あおざくら121話ネタバレと感想|クリダン第1部スタート!果たして、近藤は上手く踊れるのか…?
2019年2月6日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年10号) あおざくら121話のネタバレと感想をご紹介していきます。 この記事を読めば、最新話のあらすじや内容がバッチリ分かりますよッ!! あ...

コメント