呪術廻戦44話ネタバレと感想|伏黒VS加茂!激戦の中で見える加茂の想いと動き出した特級呪霊!!

2019年01月28日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年9号)

 

呪術廻戦44話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!!

呪術廻戦 前回までのあらすじ

前回のお話を見逃した人は、お先にこちらをお読みください!

 

内容をシッカリと把握した上で読まないと、せっかくの最新話も楽しめませんからね( ̄ー ̄)ニヤリ

呪術廻戦43話 ネタバレと感想|伏黒と加茂のポーカーフェイス対決!
2019年01月21日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年8号) 呪術廻戦43話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!! 呪術廻...

呪術廻戦44話 ネタバレ

今回は加茂の生い立ちから話は始まります。

 

御三家のうちの一つである加茂ですが、どうやら妾の子どもだったようです。

 

幼き日の加茂は言います。

 

「なんで皆母様を虐めるのですか」

 

答えは『爛れた(ただれた)側妻だから』

 

また、成長した加茂は言います。

 

「では何故私を贔屓する?何故嫡男と偽り迎えた!!」

 

答えは『正室が術式を継いだ男児を産めなかったから』

 

加茂は思います。

 

『ならば加茂家次期当主として…』

 


 

伏黒VS加茂に場面は移ります。

 

『血鱗躍動』によって強くなった加茂相手に、伏黒は近接戦で粘ります。

 

加茂は伏黒に言います。

 

「近接戦でここまで立ち回れる式神使いは貴重だよ。成長したね、嬉しいよ」

 

「ちょいちょい出してくる仲間意識なんなんですか」

 

加茂は伏黒に話し始めました。

 

伏黒に同じ御三家として共感を持っていること、そして虎杖悠二を殺すつもりであること。

 

「…楽巌寺学長の指示ですか?」

 

「いや、私個人の判断だ。それが御三家…加茂家の人間として正しい判断だと思っている。君にも理解できるはずだ。」

 

『私は加茂家嫡男として振舞わねばならない、母様のために』加茂は固く決意しているようです。

 

加茂に同類だと言われた伏黒ですが、納得できないようで、違うと反論します。

 

「俺にはもう禪院家との繋がりはありませんよ」虎杖や親しかったであろう女性の顔が浮かびます。

 

「俺は自分の良心を信じてる。自分の良心に従って人を助ける、それを否定されたら後は呪い合うしかないですよね」

 

戦い続行です。

 

蛙の式神に気をとられている加茂に、伏黒は調伏したばかりの象の式神『満象』をだします。

 

「これは呪力喰うので単体でしか使えないんです」

 

象の呪力によって外に押し出される加茂、すかさず伏黒は『鵺』をたたみかけます。

 

伏黒に押される加茂ですが、脳裏に母親との記憶が蘇ります。

 

幼き日の加茂を抱きしめながら、母親は言います。

 

「私がいると憲紀(のりとし)の邪魔になるから」

 

加茂の目に闘志が宿ります。

 

「私は負けるわけにはいかないのだ!!」

 

血液パックを鵺に投げつけ、赤血操術で鵺を捕えます。

 

加熱する闘い!しかし、その時森の方から巨大な樹木が空高く突き出してきました。

 

「なっ、なんだこれは!!」

 

見ると、その樹木から逃げている狗巻がいました。

 

おそらくこの樹木は花御の攻撃だったのでしょう。

 

狗巻は二人を確認すると「逃 げ ろ」呪言を言います。

 

狗巻の呪言を受け、伏黒と加茂は樹木の攻撃をかわすことが出来ました。

 

そんな樹木が暴れまわっている音を遠くで聞きながら、真人とともに高専に侵入してきた呪霊は楽しそうに

 

「おっ、派手にやってんなぁ。でもなぁ、呪霊はなぁ、死んだらなんも残んねぇからなぁ、なんも作れねぇよっなぁ!!」

 

そう言いながら、地面に杭を打ち付けます。

 

この呪霊、見た目はスキンヘッドで、エプロンをつけています。まだ名前も何の呪霊かもわかっていませんが、とても不気味です。

 

「これでいいんだっけ…あぁそうだ、アレだ」

 

『闇より出でて闇より黒くその穢れを禊ぎ祓え』

 

空に黒い空間が現れます。それを見ながら呪霊は満足そうに笑みを浮かべ言います。

 

「楽しみだなぁ、ハンガーラック」

スポンサーリンク

呪術廻戦44話 感想

加茂の生い立ちが分かりましたね。

 

妾の子どもだから、母親の為に加茂家の次期当主として振舞わなければならない、なんだか切ないですね。

 

樹木の攻撃は、呪霊の花御のものでしょうし、おそらく伏黒と加茂の戦いはおあずけですね。

 

前回も真人と一緒にでてきていた呪霊ですが、名前はまだわかりませんし、何の呪霊かも分かっていません。

 

でも見た目からヤバイ匂いがプンプンします!

 

ちなみに『ハンガーラック』というのは、五条先生でハンガーラックを作るという事らしいのですが…どういうことでしょう(笑)

 

果たして誰がこの呪霊と戦うんでしょうか。

 

次回も楽しみです。

 

次話はこちら↓

呪術廻戦45話ネタバレと感想|完成した“帳"・・・そして特級呪霊花御との攻防戦スタート!!
2019年02月04日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年10号) 呪術廻戦45話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!! 呪術...

コメント