あおざくら119話ネタバレと感想|気になるあの人の笑顔と近藤の恋の行方!?

2019年1月23日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年8号)

 

あおざくら119話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

あおざくら 前回までのあらすじ

前回までのあらすじを見ていない人は、先にコチラをお読みください!

 

ストーリーをしっかり楽しむには、前話もちゃんと読んでおかないとダメですよ~。

あおざくら118話ネタバレと感想|明らかになる原田の隠し事と近藤の本当の試練とは・・・!?
2019年1月16日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年7号) あおざくら118話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ! あお...

あおざくら119話 ネタバレ

アカシア会の会長、4学年の池田によって、クリスマスダンスパーティー参加者への講習会が始まった。

 

昼休みや校友会後もみっちり講習会が入る予定だ。

 

この講習会は基本的にはアカシア会と学外協力者、たまに学内の有志によって行われる。

 

学内の有志とは、何を隠そう坂木や西脇だ。

 

坂木は妹である岡上を心配しての参加に違いない。

 

基本のステップから、ダンスの練習が始まった。

 

周りの初心者がもたつくなかで、近藤は一人様になった動きだ。

 

「さすが儀仗隊」

 

などと言われているが、皆より1週間多く練習しているだけである。

 

岡上と踊っているのは2大隊の村上だ。

 

デレデレしながら練習をしていると、坂木が村上に聞こえるように

 

「今はトークよりステップを覚えることが重要だよなぁ、西脇ィ!!」

 

と怒鳴る。

 

村上はとたんに委縮してステップに集中する。

 

近藤は、ステップは褒められたが表情が硬いと指摘を受ける。

 

笑顔を作れ、と言われるが、なかなか自然な笑顔ができない。

 

一方、坂木はダンス中の笑顔を女子に「可愛い」と褒められている。

 

それを小耳にはさんだ近藤は、少しでも坂木の表情を見ようとするが、なかなか見られない。

 

そんな中、他大隊の1学年女子に

 

「坂木さん、次パートナーいいですか?」

 

「すごいダンス上手いんですね」

 

とモテる坂木。

 

坂木待ちの女子が列をなすほどだ。

 

それを見た岡上は、嫉妬からか近藤の腕をつねる。

 

その後、外部からのコーチを招くなどして、繰り返し講習が行われた。

 

授業に校友会、雑務の他に講習も入り、他の学生は余裕がなさそうだ。

 

そんな中、近藤はなんとか時間を捻出してダンスの自主練に励む。

 

その様子を見た岡上は、開校祭での近藤の奮闘を思い出す。

 

そして、

 

「近藤学生!」

 

「少し時間があるので、私が相手役しましょうか?練習、付き合ってあげますよ。」

 

と、声をかける。

 

「ホント!?助かるよ。」

 

「西脇さんが相手役だと、どうしても女性の感覚が掴めなくて…」

 

と、喜ぶ近藤。

 

そして、岡上の手を取る近藤。

 

同時に、岡上の手のか細さに驚く。

 

『こんなに華奢で、』

 

『変に力が入ると、壊れちゃいそうな感じなんだ…』

 

岡上の、女性の体に驚いている近藤をよそに、岡上は

 

「もっと寄って…」

 

「腰を近づけてください。」

 

「ちゃんと!」

 

と、容赦ない。

 

「右手も緩いですよ。支えられるんですか?」

 

と挑発する岡上に、近藤は声にならない声を発する。

 

「岡上さんはM1ガーランドより細いから…」

 

と、苦し紛れの言い訳をする近藤。

 

M1ガーランドとは、儀仗隊がファンシードリルで使用する銃のことである。

 

「うわっ、そんなことよく言えますね…お世辞のつもりですか?」

 

「だとしたら、全然上手くないですし。」

 

と、岡上はばっさりだ。

 

ダンスの練習を続ける2人だが、岡上との距離の近さにドギマギする近藤。

 

『近い…』

 

『防大で男女がこんなに密着するなんて…』

 

突然、岡上が近藤に

 

「ダメです。」

 

とダメ出しをする。

 

「笑顔が苦手なのは百歩譲って仕方がないとして…」

 

「無言で踊るなんてありえません!」

 

「リードするのは紳士なんですから、踊りながらも楽しくトークをするべきです。」

 

と叱咤する。

 

何を話せばいいのかわからない…という近藤に、それでも岡上は何でもいいから、と促す。

 

例えば悩み事とか、と振られると近藤は

 

「実は…クリダンの女子の参加者が足りないって言われて、」

 

「“恋の片道切符”で連絡をくれた女子中心に、15人も呼んじゃったんだ…」

 

と話し始める。

 

「そしたら武井が、「それは15人に対して同時に告白したのと同じだ」って…」

 

「そんな状況で、招待した女子に対して、当日どんな対応をすれば良いのか分からなくて…」

 

と、相談を持ち掛ける。

 

岡上は「合コン小付じゃなくて自意識過剰小付でしたか…」

 

と、またしてもばっさりだ。

 

「みんな純粋にダンスパーティーっていうものを楽しみにしているんです。」

 

「ドレス着て、メイクアップして、社交ダンスイベントに参加する…」

 

「そんな楽しそうなお誘い、なかなかありませんから!」

 

そう答える岡上。

 

軽々しくさそうのも良くないが、たかがパーティーに応じてくれたくらいでそこまで考えるのは自意識過剰だ、と言うのである。

 

それを聞いて安心する近藤。

 

『武井みたいなやつの言葉真に受けてどうする。』

 

『まぁでも15人の女性の対応をしなければいけないのは事実…大変だろうなぁ――…』

 

『やっと楽しく踊れる感じになってきたのに。それならいっそ…』

 

「……なら当日も、岡上さんと踊れたらいいのにな…」

 

と言って、自然な笑みを浮かべる近藤。

 

それを聞いた岡上は、驚いて言葉もない

 

『あっ…いまの話の流れだと誤解され…』

 

と、近藤が気づいた瞬間、校内放送で君が代が流れる。

 

「17時、国旗降下!」

 

「敬礼!!」

 

顔を赤くした2人はダンスの練習を中断し、国旗の方向に向かって頭を下げる。

 

「へ…部屋に戻ります!」

 

「オ…オレも!!」

 

そう言って解散する2人。

 

なんか変な感じになった。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

あおざくら119話 感想

いよいよ本格的なダンスの練習が始まりました。

 

早めに練習を始めた甲斐あって、近藤もなかなかスムーズに踊れていましたよ。

 

やっぱり今回一番気になるのは、なんといっても坂木の笑顔!

 

基本的に坂木はイケメンの部類に入ると思うのですが、強面のイケメンがたまに見せる笑顔…。

 

それも可愛いときたら、女子にモテないはずがありません。

 

クリダン編が終わるまでに、一度は見てみたいですね。

 

そして今回、近藤が15人もの女性を誘ったことに対して、岡上は「そこまで考える必要なし」としています。

 

ただ、近藤から連絡を受け取った女子たちの反応を見ている限り、武井の言うことの方が正しそうな気もしますが…。

 

なんにせよ、真相がわかるのはクリダン当日です!

 

次回も楽しみですね!

 

次話はこちら↓

あおざくら120話ネタバレと感想|遂に始まったダンスパーティー!気になる近藤のダンスの相手は?
2019年1月30日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年9号) あおざくら120話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ! あお...

コメント