絶対可憐チルドレン529話ネタバレと感想|リミッター完全解禁!!黒い幽霊に挑むチルドレンに、ブースト限界時間が⁉

2019年1月23日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年8号)

 

絶対可憐チルドレン529話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

絶対可憐チルドレン 前話までのあらすじ

これまでのあらすじ腹心の部下・真木を黒い幽霊に洗脳された兵部恭介は、人間に反旗を翻し、パンドラを組織するに至った苦しい記憶を語る。

 

「僕はもう、自分の価値を誰かに決めさせたりはしない!!」

 

クールな兵部の胸に秘められた熱い想いに触れた真木は、ようやく洗脳から解き放たれるが……。

絶対可憐チルドレン528話 ネタバレと感想|兵部の長い闘い、はじまりの記憶が開かれる!!
2019年1月16日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年7号) 絶対可憐チルドレン528話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~...

絶対可憐チルドレン529話 ネタバレ

兵部の自分たちエスパーを苦しめるものが、「国家」であろうが「権威」であろうが屈しない、という魂の叫びに感応して、ようやく洗脳から目覚める真木。

 

チルドレンも合流して、後は真木の体から黒い幽霊を引きはがすだけ……というわけで、今回はいきなりの、リミッター完全解禁!!

 

薫、葵、紫穂、悠理のザ・チルドレン四人娘、全員でエスパー能力を使う大ワザ、フォース・オブ・アブソリューション炸裂です!

 

真木を操るギリアムの炭素繊維攻撃と、チルドレンのサイコキノの嵐が吹き荒れて、先週まで「少佐」だった人形とのリンクも切断。

 

本体に戻って目覚めた兵部は、パンドラの肝っ玉母さん加納紅葉に、「無理しないで!」と、お説教を喰らいます。

 

バベル、パンドラ双方を襲った、ギリアムの精神汚染。

 

仲間を傷つけないように洗脳解除するのは大変です。

 

前に真木と戦った時、兵部は重傷を負い、半ば昏睡状態に。

 

紅葉ならずとも、無理しないで!と言いたいところですよね。

 

でも彼は、今度こそ真木の洗脳を解いた、と得意の絶頂。

 

「成功したのは僕の美しくも哀しい思い出の力が大きい」

 

って、自分で言っちゃうか、と呆れる紅葉&葉のパンドラ幹部と、ザ・チルドレン指揮官の松風浩一。

 

少佐のナルシストっぷりを見慣れている紅葉たちが呆れるんですから、松風がドン引きでも仕方ないですね!

 

でも、少佐いわく

 

「思い出すだけで何かが爆発しそうだった」

 

記憶をわざわざ話してくれたんですから、許してあげようよ、松風くん!

 

つらい過去を笑って話せるようになったのは、皆本たちバベルのメンバーと出会ったから……と気づく紅葉。

 

永遠の少年である兵部も、少しずつ変わっていく。そのことを知って涙ぐむ紅葉、子供の頃に兵部に拾われて育てられたはずなのに、すっかりおかーちゃん目線です。

 

久々にパンドラのほのぼのギャグシーンですが、薫たちは真木相手に苦戦中。

 

「今度こそ真木を迎えに行く」

 

と瞬間移動でチルドレンに合流する兵部を追う紅葉と葉。

 

これ、昔、皆本がよくザ・チルドレンにやられてましたね……指揮官置き去りの刑!!

 

テレポートで現れた三人を見て、

 

「能力バラバラのエスパーがチームとして動くには、指揮官だいじなんだよ!!」

 

と怒る薫。

 

とりあえずそばに敵はいないものの、能力無しでノーガードの松風。

 

そしてザ・チルドレンの最大攻撃フォース・オブ・アブソリューションも残り数分。

 

なのにギリアムは、壁際に追いつめられながらもまだ炭素繊維で抵抗します。

 

真木の体からギリアムを引きはがすには、直接真木に触れないと、と悠理。

 

鋭い剣のように伸び、触手のように曲がる真木さんの髪の毛…いや炭素繊維、動きが読めなくて厄介ですね。

 

「何か策は?」兵部にムチャ振りされて真面目に考える松風……

 

チルドレンの指揮官、歴代これやられることになってるみたいですね!

 

ここで松風の特殊能力、完全記憶が生きます。

 

見たものを自動的にすべて覚えてしまう松風、もちろんさっきの兵部vs真木戦からスマホで“見て”ましたね!

 

現場にあって、真木の支配下にないもの、それは!「サンド・ブラストです!」

 

砂粒を高速で吹き付けて、ガラスなどを削る手法、サンド・ブラスト。兵部が自らの人形を作っていた微粒子や、壊れた壁の破片。

 

これらの粒子を念動力で高速回転させ、悠理を守るシールドにする作戦!粒子が視界を遮るし、攻撃してくる炭素繊維を削り取れる、一石二鳥の名案。

 

サンド・ブラストの鎧をまとった催眠能力者悠理が、いよいよ真木に迫撃し、タッチ!

 

「その人から出て行きなさい、黒い幽霊!!」

 

というわけで黒い兄弟編一件落着か……と思われたのですが、ここで連載版は二週、お休みです。

 

もちろん悠理は例の(くろい)人の妹(きょうだい)なわけで……本当にこれで真木を浄化できるのか?

 

ちょっぴり不安を残しつつ、半月後まで待たせる。

 

うーん、さすが椎名先生、画業三十年のワザ!

 

ここまで来たんですから、最後まで見届けるしかないですね!!

 

サンデー11号、見逃しちゃ悔いが残りそうです!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

絶対可憐チルドレン528話 感想

少佐が笑って過去を話せるようになるなんて、紅葉じゃなくても涙ぐみそうです……。

 

敵役ながらも人気キャラとして出番の多かった少佐、その分、いろんな辛い目にも遭ってきました。

 

あれも、これも……と思い返すと、本当に苦難の人生ですよね。

 

だから絶対、真木は取り戻す!と決めているのでしょう。

 

少佐にとって真木は、そして葉や紅葉は、大事な家族になったんですね。

 

両親や早乙女さんのように、奪われてなるものか!と思ってますよね。

 

そして、いつまでも子供っぽいなあと思っていた薫が、松風のことを“戦略的要”と表現していたのも、長年絶チル読んでるファンならこみ上げるものがあります!

 

あの漢字カタカナの難しい長い単語が出るたびにキョトンとしていた破壊の女王が、「戦略的」!!って。

 

529話、キャラクターたちみんなの成長が感じられるステキ回でした。

 

530話は、どう決着するのか。

 

椎名先生のことだから……いやいや、邪推は止めておきましょう。

 

きっと笑顔で、終わりますよね!?

 

先生、ファンをみんな、極楽にいかせてくださーい!

 

次話はこちら!

絶対可憐チルドレン530話ネタバレと感想|未来への船出!!仲間を取り戻したチルドレンの行く手に、新たな試練のきざしが…⁉
2019年2月13日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年11号) 絶対可憐チルドレン530話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ...

コメント