ドメスティックな彼女216話ネタバレと感想|愛するが故の別れドメスティックな彼女

2019年1月23日発売日の週刊少年マガジン最新話!(8号)

 

ドメスティックな彼女216話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がバッチリと分かりますよ~!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ドメスティックな彼女216話 ネタバレ

「今…何て?」と夏生は瑠衣に聞き返す。

 

別れようと瑠衣は改めて夏生に別れを伝える。

 

夏生は別れるつもりならバレンタインチョコを渡されたことや、昨晩仲直りして一緒に寝たことがなんだったのかと腑に落ちない様子である。

 

瑠衣は夏生があたしのことを想って精神的な負担になりたくなかったと言っていたけれど、私も同じ想いと夏生に伝える。

 

瑠衣は芹沢さんから夏生が辛くて、でも彼女の私には言えなくて芹沢さんに連絡したと知った時、とても悔しくて悲しい気持ちになった。

 

夏生も気を遣って苦しんでいて、これはお互いに負担になっているよねと瑠衣は優しい表情で夏生に伝える。

 

夏生はあっけにとられる様子で、それでも別れなくてもよくないかと言い、小説も失ってさらに瑠衣まで離れるなんてどうしたらいいんだと瑠衣にすがるように言い寄る。

 

夏生は瑠衣と離れたくないと一生懸命に伝えている。

 

見捨てるのかと悲しい顔をする夏生に、瑠衣は小説を書かなくなっても夏生は好きだけれど、

 

「小説を失った穴はあたしでは埋まらないでしょ…?」

 

と言う。

 

恋人という関係が安心感よりもストレスを生み、お互いにプラスに働かないなら家族に戻った方がいいと瑠衣は言う。

 

夏生は瑠衣に何か言おうとするが、瑠衣の覚悟を決めた表情を目にして何も言えず、静かに泣き崩れたのである。

 

場面は空港になり、瑠衣はアメリカへ戻るところである。

 

家族と夏生で瑠衣を見送りに来ているが、夏生の表情はずっと曇ったままでいる。

 

瑠衣は夏生に飲み物を買いに行かない?と誘い出す。

 

変わらず暗い顔をしている夏生に、瑠衣はもう一緒の時間は過ごせないからと時計を返す。

 

ネックレスはお守りとして持っていいかなと瑠衣は夏生に言うが、その夏生の顔はとても悲しそうな顔をしている。

 

瑠衣は夏生に最後は笑顔で別れたいと言うが、夏生を見る瑠衣の顔も泣いていたのだ。

 

瑠衣は夏生に抱きついて、「別れたらあたしと過ごした時間は全部無駄になる?」と言った。

 

夏生は今までの瑠衣とのデートや数々の思い出、瑠衣の笑顔を思い出し、首を横に振る。

 

瑠衣はそれを見て笑顔になり、あたしのこと好きになってくれてありがとうと言い、「じゃあね」という言葉とともにキスを交わした。

 

お互い涙を流しながら、それぞれ別々の道を歩むのであった。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ドメスティックな彼女216話 感想

とても悲しい回になってしまいましたね。

 

夏生と瑠衣がケンカしたときに仲直りを早くしてほしいと思っていましたが、まさか仲直りをして別れることになるとは思いませんでした。

 

お互いに好きであり、気持ちの負担になりたくないからこそ別れるという一見、矛盾しているような行動ですが、それだけ恋愛は難しいという事ですね。

 

夏生は最後の最後まで瑠衣とは別れたくないと言う気持ちが強かったですね。

 

それだけ瑠衣のことが好きだったということでもありますし、大切な人だったのですね。

 

瑠衣も別れを発しましたが、夏生のことを大切に思っているからこそ苦渋の決断で言ったのだと思います。

 

こう考えると、女性の方がしっかりしているのかなとも改めて思いますね。

 

これから二人は別々の道を歩んでいくことになりますが、お互いに成長してもう一度付き合ってほしいなと考えています。

 

それぞれが成長して改めて相手のことを考えることができ、負担ではなくプラスになるようになることを祈っています。

 

そのためには夏生には落ち込み続けるのではなく、小説をしっかりと書けるようにしてほしいですね。

 

それが夏生自身のためであり、瑠衣のためにもなると思います。

 

次回以降の二人のそれぞれの展開がとても気になりますね。

 

次話はこちら↓

ドメスティックな彼女217話ネタバレと感想| 夏生の本当の思いとは!?
2019年1月30日発売日の週刊少年マガジン最新話!(9号) ドメスティックな彼女217話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がバッチリと分かりますよ~! ...

コメント