鬼滅の刃142話ネタバレと感想|しのぶが堂磨に精神的に追い詰められ・・・!!

2019年01月21日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年8号)

 

鬼滅の刃142話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!!

鬼滅の刃 前回までのあらすじ

前回、上玄の鬼堂磨と対峙したしのぶでしたが、彼はしのぶの姉カナエを殺害した張本人でした。

 

怒りに任せ堂磨の目に刃を突きたてますが、彼の血鬼術蓮葉氷を多少浴びてしまいます。

 

「突き技では鬼は殺せない、頸を斬らなきゃ」

 

「毒ならどうです?」

 

突きたてた刃には毒が盛られていました。

 

毒に冒され吐血した堂磨でしたが、盛られたその毒を体内で分解してしまいました。

 

しかも、刀を鞘にしまう時の音で、そこで毒を調合していることも見破られてしまったのです。

 

想定内の範囲とはいえ、毒を分解してしまったことを面白がってる堂磨にしのぶはどう向かっていくのか。

鬼滅の刃142話 ネタバレ

142話は神童といわれた堂磨の回想シーンからはじまります。

 

俺は子供の頃から優しかったし賢かった。

 

可哀想な人たちをいつだって、助けてあげたし幸せにしてあげた。

 

それが俺の使命だから。

 

「この子の瞳の中には虹がある。白橡の頭髪は無垢の証。この子は特別な子だ」

 

「きっと神の声が聞こえてるわ」

 

俺の親の頭の鈍さは絶望的だった。

 

そうでなければ極楽教などというつまらない宗教作れないけど。

 

可哀想だったのでいつも話を合わせてあげてたなあ。

 

神の声なんて一度も聞こえなかった。

 

初めはよってたかって崇められ祈られ流石に困ってしまった。

 

子供相手に泣きながら、苦しい辛いどうしたらいいと言ってくる大人に、頭は大丈夫かと心配になる。

 

欠伸の出るような身の上話をした後、どうか極楽に導いて欲しいと頭を下げられた。

 

俺は泣いた。

 

可哀想に極楽なんて存在しないんだよ。

 

人間が妄想して創作したお伽話なんだよ。

 

神も仏も存在しない。

 

そんな簡単なことがこの人たちは何十年も生きていてわからないのだ。

 

死んだら無になるだけ。何も感じなくなるだけ。

 

心臓が止まり脳も止まり腐って土に還るだけ。

 

生き物である以上須くそうなる。

 

こんな単純なことも受け入れられないんだね。

 

頭が悪いとつらいよね。

 

気の毒な人たちを幸せにしてあげたい。助けてあげたい。その為に俺は生まれてきたんだ。

 

いくつもの髑髏を棚に飾りならべ、嬉々する堂磨がそこに居ました。

 

「うーん、五回目。これも駄目だね効かないや。どんどん効かなくなってくるね。あと何回毒を調合できるのかな。」

 

飄々たる表情と相対するしのぶの額には汗がありました。

 

「ああ息がもう続かない?汗が凄いな大丈夫?」

 

毒を鬼ごとに変えてきたしのぶでしたが、堂磨は想定内の範囲の上をゆく鬼でした。

 

これが・・・上弦の強さ悉く毒が効かない耐性がつくまでの早さが異常だ彼女の息の荒らさ、額からの汗をみた堂魔は扇を広げ、

 

「肺胞が壊死してるからねつらいよねさっき俺の血鬼術、吸っちゃったからかな」

 

またもや楽しげに言います。

 

凍てついた血を霧状にし扇で撒布する・・・呼吸すること自体に危険が伴う。

 

刀を構え、連擊で大量の毒を打ち込む作戦に出ます。

 

「蟲の呼吸蜻蛉の舞い複眼六角」

 

凄まじい早さで堂磨の身体を何度も斬りつけ、彼から離れます。

 

「いやあ君、本当に速いね!今まで有った柱の中で一番かも」

 

ブシャッ

 

斬られた箇所から大量の血が吹き出た堂磨は、着地するしのぶにそう言います。

 

着地した瞬間、バッしのぶの身体から血飛沫が飛びました。

 

斬ら・・・れた・・・!!

スポンサーリンク

身体を支えるがやっとでその場に座り込みます。

 

「毒じゃなく、頸を斬れたら良かったのにね。それだけ速かったら勝てたかも。あー無理かあ君小さいからアハハ」

 

座り込むしのぶの背に、嘲笑う堂磨。

 

堂磨の声が言葉が、しのぶに突き刺さります。

 

斬られた身体から流れる血。

 

赤い血。

 

床についた手の甲にボタボタ落ちていきます。

 

その手を見つめるしのぶ。

 

なんで私の手はこんなに小さいのかなあなんでもっと身長が伸びなかったのかなあカナエ、カナヲの姿が脳裏に浮かびます。

 

もう少し身体が大きく手や足も長かったら、すべてにおいて有利なのに、姉さんは華奢だったけど上背があった、悲鳴嶼が助けに来てくれたら皆安心するとか、無い物ねだりがふつふつと心にわき出はじめ、虫の息の姉が自分に言おうとしていた言葉は、”多分しのぶは””あの鬼に負ける”と自分に言い聞かせる始末。

 

どんどん悲しくなり涙ぐむしのぶ。

 

「しっかりしなさい。泣くことは許しません」

 

頭の上から姉カナエの声。

 

「立ちなさい」

 

その声は冷静沈着。

 

立てない失血で左の肺もざっくり斬られて息もできないの泣きそうな声で殺られた傷の深さを伝えます。

 

「関係ありません。立ちなさい。蟲柱胡蝶しのぶ」

 

しかし返ってきた言葉は冷徹そのものでした。

 

「倒すと決めたなら倒しなさい。勝つと決めたのなら勝ちなさい。どんな犠牲を払っても勝つ。私ともカナヲとも約束したんでしょう。」

 

言われてカナヲの存在を思い出します。

 

「しのぶならちゃんとやれる、頑張って」

 

もうひとりの自分に負けそうなしのぶを、カナエは元の位置にもとの在るべき心に戻すべくねぎらいの言葉を贈るのでした。

 

「え立つの?立っちゃうの?えーーー・・・」

 

中途半端に斬りつけて動けないしのぶに悪いと背後から近づいた堂磨でしたが、ズタズタの身体で立ち上がる彼女に驚きます。

 

「君ホントに人間なの?鎖骨も肋も斬ってるのに君の体の大きさ・・・その出血量だと死んでてもおかしくないんだけど・・・」

 

カナエの言葉に勇気づけられたしのぶは、深手を負いながらもその身体で立ち上がり、堂磨を振り返ります。

 

額には無数の汗、口からは吐血、息するのもやっとの状態でした。

 

「あっほら~!肺に血が入ってゴロゴロ音がしてる。想像を絶する痛みだろう。」

 

「俺がすぐに首をストンと落としてあげるから無理しないで!君はもう助からないよ。意地を張らずに」

 

すまなさそうににこり顔の堂磨と裏腹に、次の一手をしのぶは考えていました。

 

狙うならやはり急所の頸。

 

頸に毒を叩き込めば勝機はあるーーーと。

 

息を整え、型を構えます。

 

「蟲の呼吸蜈蚣の舞い百足蛇腹」

 

四方八方にうねる動き、橋を割る程の踏み込み。

 

いままでの攻撃の速さを上回る駿足に、さすがの堂磨も攻撃が読めない。

 

対の扇で空を切り裂き対抗、しのぶの羽織を切り裂く。

 

と同時にしのぶは己の身長の低さを利用し、堂磨の懐へ。

 

低い!!

 

高い位置からではなく、掠めた、捕らえた羽織よりも速く低い位置からの強い踏み込み、一瞬の隙を狙い、跳躍を生かし渾身の力で堂磨の頸目掛けてしのぶはその刃を突き刺した。

 

この一突きに全てをのせてーーー。

 

次週へ続きます。

スポンサーリンク

鬼滅の刃142話 感想

堂磨にコンプレックスを言い当てられ、どんどん負のループに落ち行くしのぶ。

 

そんな弱音な彼女の前に現れた姉カナエ。

 

誰よりも強いしのぶだからこそ、冷徹に励ましたシーンは胸にきました。

 

堂磨もまた生い立ちが凄すぎ。

 

さてこの戦いの結末はいったいどうなるのでしょうか。

 

ますます目が離せません。

 

次話はこちら↓

鬼滅の刃143話ネタバレと感想|非道すぎる堂磨がしのぶに手をかける!?
2019年01月28日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年9号) 鬼滅の刃143話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!! 鬼滅...

コメント