ヒットマン29話ネタバレと感想|激化する北条派と旧体制派のやりとりが進むも・・・

2019年01月23日発売日の週刊少年マガジン最新話!

 

ヒットマン29話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!

ヒットマン 前回までのあらすじ

前話を見ていない人は先にそっちから!!

 

前回のあらすじが分からないまま最新話だけよんでも、面白くないですからね( ̄ー+ ̄)キラーン

ヒットマン28話のネタバレと感想|週マガ編集部を二分する天下分け目が始まる!?
2019年01月16日発売日の週刊少年マガジン最新話!(2019年1/29号) ヒットマン28話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!...

ヒットマン29話のネタバレ

夏目が担当する3人の他誌作家の新連載3本、浅間が担当する新人作家の新連載、そして剣崎が担当する小鳥遊、島風の新連載、計6本の新連載を控え編集部には不穏な空気が漂っていた。

 

剣崎はホワイトボードを見て「会議?エライ人だけ集まって会議だなんて」編集部の様子の変異がまだ把握しれていないようだ。

新編集長北条、八神、夏目、名取、綿貫による会議が行われていた。

仲田曰く「戦だよ、戦。週マガを北条派の好きにさせないよう八神さんの提案で決まったんだ。編集部トップ神5による…”打切り会議”がな!!」

 

新編集長に北条が就任し、旧体制からの脱却を目指しているが、旧体制の八神から会議を持ちかけたのだ。

 

実質上の新体制派北条と、旧体制派八神とのバトルであると思われるが、前話のいい作品を作りたいという想いを秘めた剣崎の存在も侮ることは出来ないだろう。

 

しかもその剣崎自身が旧体制から続く天谷、小鳥遊を抱え、さらには北条が連れてきた島風がいて、これからの舵取りとなるかもしれない存在であることに気づいていない。

 

コミック販売数を意識している北条は、売上が芳しくない3本『もうやめて加藤さん』、『黒川響子の異世界飯』、『クロスラリー』の打切りを提案。

強気な姿勢の北条に八神は、「最初の2本の異論はありませんが…『クロスラリー』の終了には断固反対です。」

「ほォ…理由をお聞かせ願えますか?」

「タイトルに名前が入るいわゆる”キャラもの”と言われる作品のコミック数の売り上げは初速が全て、それ以上伸びることはほぼありません。」

 

「故に終了は妥当な判断だと思いますが…『クロスラリー』のようなスポーツマンガはどちらかと言えばじわじわと売り上げが伸びる傾向にあります。」

 

「販売部からも期待されていますし、必要であれば重版をかけるという申し出もありました。」

この問いかけに対して、行き詰まる北条に…

「北条さんが連れて来られた、島風さんの結果を見てからでも遅くはないというのが私の考え」とズバリ。

北条も自分が編集長となりやりやすい体制を構築したいさながら、真っ当な意見をいう八神には反発できなかったのだろう。

 


 

その頃、島風は…剣崎と小鳥遊のことを妄想していた。

 

”剣崎さんとは講談社の採用面接で出会って、そこでネームを褒められたのをきっかけに持ち込みしたら偶然担当になったんです”などと今までの剣崎と小鳥遊の言動を回想すると…

「…アレ?なんかこの状況って…」

 

「ウチ完全に負けポジションのサブヒロインじゃない!?ラブコメ的な立ち位置でいったら!!」

 

と、この先の予想までし始めた島風。このままでは自分がサブヒロインの役に回ってしまい、のけ者にされてしまうことを警戒。

 

「どうする…?このベタな流れを断ち切るためにうちが作者ならどんな展開にする?どうやったらサブヒロインが、ヒロインのポジションと入れ替われる…?」

 

といろいろな考えを巡らせ、島風がサブヒロイン回避のためにとった行動は…まずシャワーを浴びること!

 

「ヒロインたるもの最初はインパクトのあるエロ!まずはシャワーから出たところにバッタリ&ビンタ作戦!!」と昭和の発想。ではあるものの読者を惹きつける一面を見せてくれたのだ。

 

そんなことを考えているうちに剣崎が打ち合わせのために家に到着。

「え!?もう来たん!?」

 

あえて鍵を開けておいたので剣崎は扉を開けてしまったが、出直そうとしたところ…

 

「ちょっと待ちんさいや!!」タオル一枚の島風が呼び止め、半ば強引に自分の体を見せる島風!

 

「見た!?見たね!?」「なに見とるんねアンタ!!」

 

バチーン!!(ビンタ決行)

 

と、作戦を一つ敢行。サブキャラにならないために必死な様子。

 

島風も強弱をつけて、島風ツンデレのツンモード。

 

「言っとくけどこの先しばらくウチのエロは無いけぇね?勝手に発情して裸見せて来るんは脇役の女がやることよ」

 

「…あの一体なんの話を…」と状況がつかめない剣崎。

 

相当ラブコメのサブヒロインの立ち位置が嫌だったのか、さらに追い討ちを掛けたい島風!

 

「複数ヒロインの設定でも無い限りはじめに出会った女の子が無条件でヒロイン!それ以外はほとんどの読者が望まない邪道なラブコメ」(なんだか瀬尾公治さんの意見も見えてくるようなセリフですね)

 

ならばと…ヒロインとの第一条件である”昔の接点”を話し始めた。

 

「広島って行ったことある?思い出したんじゃけどね!!うちもその時宮島行って剣崎さんに会ォとるよ!?」

 

と言っても剣崎はわからない様子で、打ち合わせを始めようとしているが、さらにさらに第二条件である”複雑な家庭環境”を呟いてみることに。

 

「実はね…ウチ家族とあんまりうまく言ってな…」

 

外から聞こえてくる近所の声が邪魔をし…

 

「うわぁぁ〜〜ん!!こんなんじゃただのギャグ回よォ〜〜〜っ!!」

 

「さっきからウチのやること全部サブヒロインだし、このままだと最終回にどうでもいい男とムリヤリくっつけられる〜!うち剣崎さんがいいーーっ!」

 

という島風にやはり状況がつかめていない剣崎。

すると剣崎がポツリ…

 

「それにしてもやっぱ変わってんな、お前って。島風みたいなヤツをヒロインにしたら案外面白いかもな」

 

「え…」キリッとした島風の表情。

 

「1話目から3話目まで…主人公とお姫様の絡み、全部描き直すけェ原稿すぐに持って来て」

 

「か…描き直す!?」

 

「ラスボスみたく攻略困難なツンデレヒロインじゃなくても、別に主人公のことを大好きアピールがすごいヒロインでも…ううん…むしろその方がえぇ!」

 

「お前何言ってるんだ、来週には製本所に入稿しないと…」

 

「だったら、このまま載せてもええんじゃね?」

 

「…」

 

その判断を会社に持ち帰ると…

「愚かな…それでキミは18歳の女の子に気圧されておめおめと帰って来たわけですか」と北条
「でもちゃんと締め切りには間に合わせるって!」

 

「そういう話ではありません!!キミは彼女の新連載をストック0で始めさせようというのですか!?もう十分面白いものにごちゃごちゃと手を加えてつまらなくなったらどうするのです!!いいところでストップをかけるのが担当としての仕事でしょう!!」

 

と正論を叩きつけられる。

 

「これでもし人気が悪ければキミの首2つ3つでは足りませんよ?」

 

「…わかってます」

 

北条も自分が連れて来た作家の連載の人気が悪ければ立場もないと思ったのだろうか、口調が厳しくなり、保守派の一面も伺える展開。

 

それでも剣崎は…「オレも島風の言ってる方が断然面白いって思ったんだから!」

 

連載が始まる新人作家の島風と編集部内での剣崎の手腕が気になるところで…また次回。

スポンサーリンク

ヒットマン29話の感想

今回は大きく分けて週マガ編集部と島風のやりとりが見受けられました。

 

週マガ編集部では激化する北条派と旧体制派のやりとりが描かれ、そんなことが行われていることを把握し切れていない剣崎の姿も印象的でした。

 

剣崎自身が一番の戦のポイントになるかもしれないからです。

 

自身が発見してきた小鳥遊、旧体制からの連載をしている天谷、そして北条が連れてきた島風を抱え、最終的には島風が漫画の内容を変更したいという展開に。

 

北条は自身の地位もあり反対の立場ですが、いい作品を作りたいという剣崎の想いが勝るのかどうか気になる展開になってきましたね。

 

これからも剣崎は自分の信念を曲げることはないと思いますが、もしかしたらヒロインやサブヒロインに振り回させることがあるかもしれませんね。

 

島風は漫画に対しては貪欲な姿勢を見せてくれましたが、実は恋には慎重なのかなと、可愛い一面もありました。

 

ヒロインの小鳥遊と剣崎の関係性の中にどう入り込んでいくか注目です。

 

次話はコチラ!

ヒットマン30話のネタバレと感想|剣崎が作家からの信頼を勝ち取るも・・・
2019年1月30日発売日の週刊少年マガジン最新話!(9号) ヒットマン30話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~! ヒットマン 前...

コメント