呪術廻戦43話 ネタバレと感想|伏黒と加茂のポーカーフェイス対決!

2019年01月21日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年8号)

 

呪術廻戦43話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!!

呪術廻戦第43話 ネタバレ

今回は伏黒VS加茂から始まります。

 

加茂の戦い方は弓矢で弓を撃つスタイルです。

 

対して伏黒はカエルの式神で応戦します。

 

式神がカエルしかいないことに気づいた加茂は、出し惜しみされるのは気分が良くないと不満を言います。

 

『玉犬が仕事中だっつーの』

 

と内心思いながらも、顔に出さず伏黒は言います。

 

「加茂さんこそ矢ラス1でしょ。貧血で倒れても助けませんよ」

 

加茂の術式は“赤血操術(せっけつそうじゅつ)”自身の血とそれが付着した物を操る術式です。

 

加茂も御三家の一つらしく、血筋が好きな御三家らしいと伏黒は思います。

 

そんな伏黒に加茂は

 

「心配いらないよ。これらは全て事前に用意したものだ」

 

加茂は伏黒の術式を“十種影法術”だと考えます。

 

これは禪院家相伝の術式の一つで、影を媒介とした十種の式神術です。

 

さらに二人の戦いは加熱していきます。

 

伏黒に蹴りをいれる加茂、そのパワーは伏黒を驚かせます。

 

『こんなパワーあったかこの人…!?』

 

そんな伏黒に加茂は言います。

 

「よく反応したね、気を抜くなよ」

 

見ると、加茂の右目の周りに黒色の模様が出現し、糸目だった加茂の右目が大きく開いていました。

 

加茂は伏黒に再び攻撃を仕掛けます。

 

その攻撃は先ほどまでとは違い、とても速くとても強力です。

 

『呪力で守るの遅れた!!』

 

スピードもパワーも先ほどまでとはまるで別人の加茂を見て、血を操るという事の意味を理解した伏黒。

 

「ドーピングか!!」

 

“血鱗躍動”と言い、体温、脈拍、赤血球量などの血中成分まで自由自在に操ることが出来る術式のようです。

 

うーん…ドーピングという言葉も納得です。

 

加茂は答えます。

 

「よく気づいた、だが俗な言い方はやめてほしいね」

 

場面は京都姉妹校の三輪に移ります真希に刀をとられた三輪は、メカ丸からの着信に気づきました。

 

真希はすでにどこかに行ってしまっています。

 

おそらく真依のところですね。

 

「はい、役立たず三輪です」

 

自嘲気味に電話にでた三輪

 

「眠れ」

 

その言葉を聞いた瞬間、三輪はドサッと倒れ、眠りました。

 


 

―京都姉妹校交流会団体戦三輪霞―

 

リタイアーメカ丸からの電話は実は呪言師の狗巻からでした。

 

狗巻の隣には伏黒の玉犬がいます。

 

狗巻がメカ丸の腕と携帯を持っているところを見ると、玉犬の仕事はこれを狗巻に届けることだったんですね。

 

玉犬に戻るよう指示した狗巻は、背後からの異様な気配に気づきます。

 

狗巻の様子をモニターでみていた学長、交流会前の加茂とのやりとりを思い出していました。

 

交流会が始まる前、準1級呪霊の前で学長が加茂に言います。

 

「場合によっては上手く使って虎杖を殺せ」

 

交流会は2級の呪霊という話でしたが、虎杖を殺すために準1級呪霊を紛れ込ませておくというのです。

 

加茂は答えます。

 

「使う前に狩られてしまうかもしれませんよ」

 

この呪霊は笛が鳴るまでおとなしくするように躾ており、使う前に狩られる心配はない。

 

そう言いながら、学長は躾で使った笛と血の入った小瓶を加茂に渡しました。

 

狗巻の前に現れたのはその準1級呪霊です。

 

しかし次の瞬間その頭が地面に転がり、その奥から特級呪霊の花御が現れます。

 

準1級呪霊は花御にやられたようです。

 

特級呪霊が高専に侵入していたということですね。

 

対峙する狗巻と花御、建物の屋根から特級呪霊の真人が言います。

 

「さて、俺らも仕事を始めよう」

スポンサーリンク

呪術廻戦43話 感想

今回は伏黒と加茂のポーカーフェイス対決でしたね!

 

血を操る術式、例えがドーピングで納得しました。

 

わかりやすい!

 

虎杖を殺すために準1級呪霊を紛れ込ませたようですが、あっさり花御にやられてしまいましたね。

 

まだ準1級呪霊だったら狗巻も大丈夫だったでしょうが、対戦相手は特級呪霊の花御。

 

今までどちらもほとんど戦うところを見ていないので、力は未知数ですが…花御、見た目からして手ごわそうですね。

 

次回は真人を筆頭に、高専に潜入してきた花御と狗巻の戦いが見れそうです。

 

おにぎりの具しか喋らない呪言師狗巻、どれほどの実力なのでしょうか。

 

次話はこちら↓

呪術廻戦44話ネタバレと感想|伏黒VS加茂!激戦の中で見える加茂の想いと動き出した特級呪霊!!
2019年01月28日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年9号) 呪術廻戦44話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読めば、最新話の内容もバッチリ分かりますよ!! 呪術廻...

コメント