BE BLUES 青になれ 362話 ネタバレと感想|荻本が語るストライカーとは!?

2019年1月16日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年7号)

 

BE BLUES(ビーブルーズ) 青になれ362話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

BE BLUES 青になれ 前回までのあらすじ

前回のお話を見逃した人は、お先にこちらをお読みください!

 

内容をシッカリと把握した上で読まないと、せっかくの最新話も楽しめませんからね( ̄ー ̄)ニヤリ

BE BLUES 青になれ 361話 ネタバレと感想|龍を止めるレッズユースの策とは!?
2019年1月9日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年6号) BE BLUES(ビーブルーズ) 青になれ361話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容が...

BE BLUES 青になれ 362話 ネタバレ

ナベケンは龍のボールが描いたコースに対し「隅!隅っこ!うおおお!」と興奮した様子である。

 

会場にいる全ての人間が喜び、驚き、感嘆と形は違えど龍を見つめる。

 

立彦もその一人。

 

ガッツポーズをする龍を見つめながら、「憧れの男」は消えてなかったと実感する。

 

龍の周りにはゴールを喜ぶ武蒼イレブンが集まる。

 

その姿を見ているうちに立彦は龍へ改めてリスペクトしていることを

 

「すげえよ龍…やっぱりおまえは…」

 

と声に出して伝えようとするが…。

 

龍は立彦に対して「まだだ!まだだ、まだ…勝っちゃいない!」と鋭い眼差しを向けながら叫ぶ。

 

さらに続ける「立彦、負けないぞ。」立彦の顔つきもまた一段と精悍になる。

 

同点に追いつかれたレッズユースの面々に落ち込んだ様子はないが…。

 

荻本は「あの勝負強さ…決めるべき時に決めるってヤツだな。」と龍を評し、立彦がなぜ龍を理想として崇めてきたのかを理解する。

 

そして、慶吾に対しても「これは認めざるを得ないよね」と一言。

 

すると慶吾は闘争心溢れる表情に変わる。

 

また、立彦に対しても「タツ!もう1点いけるよな!」と発破をかける。

 

荻本が攻撃の軸の2人を奮い立たせるキャプテンシーを発揮する。

 

荻本の一言を聞いた立彦は「試合を決めるのに絶対必要なゴールだからな」と龍に話し、2人は闘争心むき出しで睨み合うが…。

 

そこにやってきたのは桜庭。

 

「久世立彦…テメエじゃねえ。この試合を決めるのはこの桜庭巧美様だ!!」

 

と2人に割って入る。

 

すると龍は桜庭の肩とさらに横にいた優人の肩にも手を回し、「そうだな桜庭、優人!この調子で残り時間もな!」と一言。

 

ゴールを讃える優人と驚く桜庭に対し、2人がキッカケにセットプレーを得たので、改めて感謝も伝えるが…。

 

桜庭は即座に龍の腕を外し、「バンバンパス通すっつってただろ!!」と後半開始時に龍が言っていたことを思い出させるのであった。

 

試合が再開し、龍にクサビのパスが入る。

 

2人がかりでプレスを掛けてくるが、龍は簡単にいなす。そして荻本とのマッチアップに。

 

するとすかさず桜庭がボールを要求し、龍も答えるようにパスを出しチャンスに…。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

BE BLUES 青になれ362話 感想

龍と立彦のライバル関係が更に激化しており、残り時間も熱い試合が見られそうです。

 

今回印象に残ったのは、

 

「試合で決めるべき時に決めるってヤツだな」

 

という龍を評した荻本の一言です。

 

この一言は決めるべきときに決めるストライカーがいるチームが勝つ、そして、決めるべきときに決めるのがストライカーというのを改めて教えてくれました。

 

次話はこちら↓

BE BLUES 青になれ363話 ネタバレと感想|1点を巡るエース達のプライド!
2019年1月23日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年8号) BE BLUES(ビーブルーズ) 青になれ363話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容...

コメント