ヒットマン28話のネタバレと感想|週マガ編集部を二分する天下分け目が始まる!?

2019年01月16日発売日の週刊少年マガジン最新話!(2019年1/29号)

 

ヒットマン28話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!

ヒットマン28話 ネタバレ

新編集長に北条が就任し、新体制となった編集部。

 

慌ただしくも始動し、夏目は新連載を3本担当することとなり大忙しで、旧体制の八神も着々と仕事を進めている。

 

新編集長に北条が加わったことで、

 

「週マガ編集部を二分する天下分け目、関ヶ原の戦いが始まった」

 

と仲田。

 

状況がよくわかっていない剣崎に対して仲田は、次長である旧編集部体制の八神が25本の連載中24本をおさえていて圧倒的に有利な状況にあることを伝える。

 

しかし、それに続けて、その連載も夏までに6本が終了し、新編集長北条は浅間の連載を含めて夏には4本が始まることも付け加えた。

 

更にそのうちの3本は他社から来た看板作家なので、単行本の売上が上がれば、互角の勢力になってくると分析。

 

八神は北条の部下だからと組織の内情を読み込めていない剣崎に対して、

 

「八神クラスの大ヒット作家を抱えていれば、連載・打切り会議での発言力も増し、役員にも一目置かれているので、八神を蔑ろにはできない。」

 

と仲田。

 

その状況下で、重要になってくるのは連載を3本抱えている剣崎の動きだ!剣崎は自身では理解していないようだが、北条の肝いりで引っ張って来た島風と、旧体制からの天谷、小鳥遊を抱えている。

 

「剣崎が週マガ編集部内でどういった立ち振る舞いをするのかで、流れが変わる」

 

と言われ…たところで、仲田は席を外すことになる。

 

そんな時に小鳥遊からの着信があったが、新編集長の北条に話をかけられ会話することができず、電話を切られてしまう。

 

その時、小鳥遊は風邪を拗らせ締め切りを伸ばしたいと連絡をしようとしたところだったが、島風のことが気になり、締め切りを伸ばしたいとは言えなかった。

 

小鳥遊の脳裏には島風と打ち合わせをする剣崎が思い浮かび、自分に価値はあるのかと嫌悪感に駆られていた時…剣崎が見舞いに来てくれた!

 

電話の様子から風邪を引いたであろうと来てくれたのだ。

 

ふらついた小鳥遊を何気なくお姫様抱っこで抱えようとしたが、予想より重く、小鳥遊の頭をぶつけてしまう微笑ましい絵。

 

小鳥遊の火照った顔が印象的です。

 

その後、剣崎が雑炊を作り、剣崎に迷惑をかけてしまった事を気にかける小鳥遊。

 

剣崎の仕事の様子を心配し話しかけるが、剣崎は自分の仕事を終えて小鳥遊のところに駆けつけたのだった。

 

「そんなにダメか?小鳥遊の心配したら」

 

「え?」

 

「自分が担当している作家と最高に面白い漫画を作れればそれだけでいいんだよ」

 

「しっかり食べて今日はゆっくり寝てろ」

 

そんな展開に、甘えてしまいたくなった小鳥遊は…

 

「じゃあもう少しだけ一緒にいてください…風邪でちょっと心細いんです…」と一言。

 

いい雰囲気になったが、剣崎が天谷からもらった時計を自慢したところで、微笑ましいケンカに。

 

編集部内では、北条と八神の関ヶ原の戦いかと思われているが、剣崎の存在がある事で、三国志のような展開になるのではと予想する者も…

スポンサーリンク

ヒットマン28話 感想と考察

剣崎の仕事面では連載を3本抱えて順調な様子だが、週マガ編集部の内情にはまだ疎いようで、逆にその真っ直ぐなキャラクターと、良い作品をただ作りたいという想いが伝わった話だと思いました。

 

剣崎も心のどこかでは小鳥遊と仕事として関わるだけではなく、恋愛感情も抱いているのではないかなぁと最後のやりとりでも伺えました。

 

小鳥遊の剣崎に対する動きだけでなく、剣崎の小鳥遊に対する表現や行動、感情に次の話は注目しても面白いと思いました!

 

次話はこちら↓

ヒットマン29話ネタバレと感想|激化する北条派と旧体制派のやりとりが進むも・・・
2019年01月23日発売日の週刊少年マガジン最新話! ヒットマン29話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~! ヒットマン 前回まで...

コメント