BE BLUES 青になれ 361話 ネタバレと感想|龍を止めるレッズユースの策とは!?

2019年1月9日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年6号)

 

BE BLUES(ビーブルーズ) 青になれ361話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

BE BLUES 青になれ 前回までのあらすじ

前回のお話を見逃した人は、お先にこちらをお読みください!

 

内容をシッカリと把握した上で読まないと、せっかくの最新話も楽しめませんからね( ̄ー ̄)ニヤリ

BE BLUES 青になれ 360話 ネタバレと感想|龍が立彦との格の違いを感じ・・・!
2018年12月27日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年4・5合併号) BE BLUES(ビーブルーズ) 青になれ360話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最...

BE BLUES 青になれ 361話 ネタバレ

試合は後半30分を迎える…。

 

「決めるべきところだよ…ここ!龍ちゃん!」

 

優人が龍に対して発破をかける。

 

それを少し離れたところで見つめる桜庭。

 

優人が離れていくと龍はボールをセットする。

 

距離は直接狙うには離れている。

 

龍は優人と桜庭が作ったチャンス。

 

絶対に決めると気持ちを込める。

 

そして視線はゴールへと向かってまっすぐだ。

 

壁に入るレッズユースの面々は龍のFKを警戒しているが、距離があるので味方に合わすと考えている。

 

そんな中、慶吾は「何をやっても無駄」それに続いて、レッズユースの面々は策があると言う。

 

龍の様子を見て、慶吾はさらに毒付くのであった。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

一方で、荻本はニヤリとしている。

 

策は彼が仕組んだものなのか?

 

そして、立彦は前線に張り付きながら、何かを感じているようだ。

 

ホイッスルがなり、プレーが始まる。

 

敵味方関係なく、ベンチ、観客席を含めた全員がボールに集中し、龍もキックモーションに入る。

 

しかし、その刹那、そのモーションを止める。

 

「レッズユースの策」に気づいていたのだ。

 

龍の目に映ったのは、武蒼の選手たちがほとんどオフサイドポジションに位置している状況だった。

 

つまり「レッズユースの策」はオフサイドトラップ。

 

素直に蹴っていたらそれに引っかかっているはずだった。

 

しかし、龍は「イヤな予感がしたんだなんか…」とそれに引っかからなかったのだ。

 

荻本、立彦の2人はこの一連の龍の動きに感心している。

 

慶吾は悔しさと驚きの両方に陥っている。

 

武蒼の監督ミルコは、この一連の龍の動きを集中と没頭の違いで解説をする。

 

没頭は周りが見えないが、よい集中の時ほど近くも遠くも見えるものだという。

 

つまり龍の集中力は最高潮に達していたのだ。

 

しかし、龍のリズムは崩れている。

 

それでも、プレーは続く、オフサイドトラップに気付き戻る武蒼イレブン。

 

改めてマークをするレッズユース。

 

そして、龍の崩れたリズムを心配する監督。改めて龍はキックモーションに入る。

 

龍の右足から放たれたボールは壁の頭を越え、ゴールネットを揺らすのであった。

 

ピッチにいる全員が驚きに包まれる。

 

その中でも特に立彦への衝撃が大きい。

 

その瞬間、武蒼が同点に追い付いたのだ。龍は喜びから手を上に掲げるのであった。

↓1番読まれている記事はコチラ↓

BE BLUES 青になれ 361話 感想

感想FKの守備の際のオフサイドトラップの駆け引き、を通して様々な人間の心理が描かれており、改めてこの作品のリアリティ性の高さというものを実感しました。

 

また、チームメイトやOB達の期待に応える龍の姿に心打たれました。

 

ついに追いついた武蒼高校。決めるべき所で決め、さらに一皮剥けた龍がさらに活躍するのでしょうか?

 

試合も残り時間が少なくなってきました。この試合の結末は如何に?

 

次話はコチラ↓

BE BLUES 青になれ 362話 ネタバレと感想|荻本が語るストライカーとは!?
2019年1月16日発売日の週刊少年サンデー最新話!(2019年7号) BE BLUES(ビーブルーズ) 青になれ362話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容...

 

コメント