ネオレイション3話 ネタバレと感想|ネットゲームクリアのために自殺を実行!?

2018年12月22日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!

 

ネオレイション(ne0;lation)3話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ネオレイション 前回までのあらすじ

前回のお話を見逃した人は、お先にこちらをお読みください!

 

内容をシッカリと把握した上で読まないと、せっかくの最新話も楽しめませんからね( ̄ー ̄)ニヤリ

ネオレイション2話 ネタバレと感想|大悟がヤクザに拉致られた!?
2018年12月17日発売日の週間少年ジャンプ最新話! ネオレイション(ne0;lation)2話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 先週から新連載として始まったネオレイションですが、第2話...

ネオレイション3話 ネタバレ

前回、金本ファイナンスを管理する町山田開発(ヤクザ)を倒したネオと大悟。

 

ヤクザ襲撃の後片付けをする大悟を残して、ネオはまた、大悟の姉のホットドック屋へサボりに行きます。

 

ネオがホットドックを食べていると、近くでダンスしていた女子が近づいてきます。

 

「ねぇ!君!」

 

「私、石崎夕子。みんなユッコって呼んでる!」

 

「君、ネオちんだよね?」

 

「違う。」

 

面倒くさそうなユッコと関わりたくない様子のネオ。

 

そんなネオに鬼の形相で強引に話を聞いてもらうユッコ。

 

「…宮内咲って友達がいなくなったの!家出するような子じゃなくて…。」

 

「だから家族も警察に届け出たし、私も捜したけど見つからなくて…!」

 

「誘拐の可能性だってある!」

 

「だからネオちんの力をかしてください!」

 

ネオが自分の趣味は悪人をいたぶったりそこを写真に撮ったりすることだからダメだと断っていると、大悟の姉がホットドック屋から出てきます。

 

「ネオくん、私からもお願いするわ。手伝ってあげて。」

 

「ホットドック姐さん!」

 

ホットドック姐さん(大悟の姉)は、ネオや大悟と同じ高校でありホットドック屋のお得意様でもあるユッコを手伝ってほしいとお願いするが…。

 

「いくら姐さんの頼みでも、興味ないし面倒だし… 、面倒です。」

 

と断るネオに姐さんは、解決したらホットドック10食タダ+デザートをつけるという話で手伝わせることに成功します。

 


 

―宮内咲の家に向かうネオ・大悟・ユッコ―

 

「なんで君がいる、薬袋?」

 

「姉貴がついてけって。」

 

「役に立つかわかんねーけど、困ってる奴がいたら力にならねーとな!」

 

「ありがとう大悟ちん!」

 


 

―宮内咲の家―

 

「何か手がかりが見つかるといいんだけど。」

 

「家出なら日記とかないかな。動機ぐらいわかるかも。」

 

「宮内咲ってどんな奴なんだ?」

 

「…そうだね。」

 

「咲は自己主張しない。自分の意見もあまりないのかも。」

 

「ダンスチームTシャツ、咲がデザインからプリントまでやってくれたの。」

 

「ウインドブレーカーの“ネコキュウ”も咲がつけてくれた…女子力超高い。」

 

「咲は自分より人のことを大事にできる。 みんな咲から勇気をもらってる。声の小さな応援団長!」

 

それを聞いて、大悟は連れ戻そうと気合を入れます。

 

ネオは、咲の携帯のアクセスログからある程度の行動を探ります。

 

「咲さんのSNSアカウントからそれらしい。IPアドレスの足跡を辿ったんだけど。」

 

「咲さんが8月の終わり… 。今から48日前、ちょっと気になるアプリをダウンロードしてる。」

 

「“レミングゲーム”」

 

アプリストアの概要には、毎日ゲームマスター”レミング“から指令が届き、その指令を現実世界で実行。

 

証拠動画や音声を録ってゲームマスターに報告することで、ミッションクリアと書かれています。

 

「現実の世界で何かやるとゲームクリアになるんだ!ちょっと面白そう!」と興味を持つユッコ。

 

「ただのゲームだろ?何が気になるんだ?」と不思議そうな大悟。

 

ネオは真剣に話します。

 

「このタイトル…レミングっていうのは、北欧に生息するげっ歯類―ネズミの仲間だ。」

 

「ある特異な行動で世界中に知られるようになった。」

 

「特異な行動?」

 

ネオは言います。

 

「レミングは世にも珍しい、集団自殺する動物だ!」

 

「集団自殺…?!」

 

「人間以外に自殺する動物がいるのか…?!」

 

信じられない…と驚く大悟とユッコ。

 

「それっ…何が言いたいの?!咲が自殺するかもってこと?!」

 

と焦るユッコに、大悟は、 「落ち着け!スマホゲームだぞ!人がいなくなるのと関係ない!」 と言いますが…。

 

ネオは、関係あると断言します。

 

「咲がいなくなる前、様子が変だったって言ったでしょ!? 何かに怯えるみたいに…っ自殺だってありえなくないよっ!!」

 

「ネオちん、そのゲームやってみて!」

 

「嫌だ。」

 

「じゃあいい!私がやる!」

 

「だめだ!」

 

「なんで?!ネオちんがやらないなら誰かやるしかないじゃん!!」

 

「君から僕に依頼してきたんだ。言うこときけ。」

 

「このゲームは誰にもやらせない!さもないと――」

 

「“好奇心 猫を殺す”-君、死ぬぞ?」と凄むネオ。

 

大悟は、ネオの真剣な様子に恐れながら、ゲームだぞ?とネオに言います。

 

「これによく似たゲームを僕は知ってる。クジラをモチーフにしたゲームで、ゲームマスターの指令を実行して報告することでミッションクリアになる。」

 

「このゲームのプレイ期間は50日。そして50日目の指令は “自殺しろ”だ!」

 

…愕然とするユッコ。

 

「“自殺しろ”ぉ…?!そんなの本当に実行する奴いるわけねーだろ!」

 

「そう思って面白半分でプレイした人も犠牲になった。」

 

「実際、このゲームの発祥地ロシアでは、わかってるだけで130人以上 このゲームで自殺している!」

 

「各国で翻訳版や亜種がつくられ社会問題化している。」

 

「日本ではまだ流行ってないけど、時間の問題。」

 

「いや…今すでに目の前にあるこれがおそらく…!」

 

「史上最悪の自殺誘発ゲーム、その日本版が“レミングゲーム”だ!」

 

「プレイ期間は50日! もしそこも同じなら今日でダウンロード49日目―――」

 

「咲さんの死亡まで、あと1日!!」

ネオレイション(ne0;lation)3話 感想

ネオの噂を聞きつけたユッコの依頼により、レミングゲームという新たな”悪“と出会ったネオと大悟。

 

宮内咲のゲームオーバーがあと1日に迫る今、ネオがどんな行動をするのか、ネオと大悟がどうやって解決していくのか、次号が楽しみです!

 

次話はコチラ↓

ネオレイション4話 ネタバレと感想|レミングゲームの所在を突き止めるも・・・!
2019年01月07日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!(2019年6・7合併号) ネオレイション(ne0;lation)4話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内...

コメント