ネオレイション2話 ネタバレと感想|大悟がヤクザに拉致られた!?

2018年12月17日発売日の週間少年ジャンプ最新話!

 

ネオレイション(ne0;lation)2話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

先週から新連載として始まったネオレイションですが、第2話はどのようにストーリーが展開していくのでしょうか。

 

この記事を読むことで、そんなネオレイション2話の内容がサクッと分かりますよ!

↓1番読まれている記事はコチラ↓

ネオレイション 前回までのあらすじ

記念すべき第1話を見逃した人は、お先にこちらをお読みください!

 

内容が分からないまま読んでも、面白さ半減ですからね!!

ネオレイション1話 ネタバレと感想|パソコン1台で街の悪と戦う!?
2018年12月10日発売日の週間少年ジャンプ最新話! ネオレイション(ne0;lation)1話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 今週から新連載として始まったネオレイションですが、一体ど...

ネオレイション2話 ネタバレ

前話で、ネオ(尾根新太)と薬袋大悟が協力して倒した悪徳金融の金本ファイナンス。

 

一夜明けて、2人は金本ファイナンスに来ました。

 

金本の事務所には、もう用はないはず…と大悟は思います。

 

すると、ネオが言います。

 

「奴らはテロリストとして拘束されたが、すぐ間違いだとわかり解放された。」

 

「奴らが捕まってる間、僕はここのパソコンに目を通し、いろいろな情報を収集し、まとめた。」

 

「それを見せたら、この部屋をタダで貸してくれることになった!」

 

と、この金本の事務所を半永久的に無料で貸す契約書を大悟に見せます。

 

ネオは、ヤクザの事務所をのっとったのです!

 

掃除をする大悟は、掃除もせずにソファに座ってパソコンに向かっているネオに怒ります。

 

「てめぇも掃除しろ!」「俺一人にさせんなっ!!」

 

ネオはため息をついて、ニタァと笑って言います。

 

「君、僕に恩があること忘れてない?」

 

「そうやって延々こき使おうってのはわかってんだよ、尾根ぇ…」

 

「てめえもやれ!そうしたら俺も手伝う!」

 

「わかった。じゃぁ僕は足りない掃除道具買ってくるよ♪」

 

「外出てサボる気満々じゃねーか!俺が行く」

 

「てめーはここ掃いてろ!!」

 

そう言って、大悟は買い物に出ました。

 


 

買い物から帰ると、金本ファイナンスの1階に、見慣れない車が1台停まっています。

 

事務所に戻ると、家探ししているヤクザが、大悟に飛び掛かってきました。

 

「てめーネオの仲間か?!薬袋大悟とかって不良だな?!」

 

「…いいよな?」

 

大悟は落ち着いた様子で、応えます。

 

「あ?!」とヤクザが返事する間もなく、「こっからは、正当防衛ってことでいいよな?!」

 

と足を掴んで持ち上げ、投げ飛ばします。

 

倒れたヤクザに、ネオをどうしたのか聞いていると、背後からスタンガンを持った敵が忍び寄り、大悟は人質として囚われてしまいます。

 


 

ネオはその時、大悟の姉のホットドック屋でサボっていました。

 

そして、金本ファイナンスに戻ってきたネオ。

 

「これは…」

 

ぐちゃぐちゃの部屋を見て、驚くネオ。

 

大悟のスマホが残されているのを見て、スマホの中身チェックして脅してやる~!とパソコンに繋いで、薬袋のスマホをいじるネオ。

 


 

―1台の車が、町山田開発(ヤクザ)の屋敷に入る―

 

柱に縄で縛られる大悟。

 

大悟を捕らえた町山田開発の若は、大悟のスマホに電話をかけ、ネオと話す。

 

「ネオか?薬袋大悟はここにいる。返して欲しければ…」

 

プツッ―通話を切るネオ。キレて再度かけ直す町山田開発の若。

 

「もしもし?」

 

「ふざけてるのか?ネオ。お前、金本ファイナンスの金貸しに関する契約書類持ってるな?人質と交換だ。」

 

「そのスマホと書類を持って、今夜22時薬師池公園に来い」プツッ―電話を切る若。

 

 

今度は、若の携帯が鳴る。

 

「もしもし」

 

「お前が僕に用があって電話したんだろ!非通知でかけてくるんて、無礼だろ!」

 

「それに、よく考えたら薬袋いないと掃除終わらないんだよ!」

 

「でもそっちの言うこときくのも面白くないし、だからあんたら潰すね!」

 

「ネオか?非通知の電話にどうやってかけ直してる?!」

 

「人質とって追い込んでるつもりだろうけど、追い込まれてるのそっちだから!」

 

そういって、電話を切るネオ。

 

ネオがヤクザ相手に負けてねぇ!と喜ぶ大悟に、若は、

 

「おめでたいな。」

 

「ハッキングしようがこの簡素な携帯にはGPS機能もない!この携帯から俺たちに辿りつくのは、不可能!」

 

「お前らがやってるのは所詮、ガキの遊びだ!」

 

悔しさを表す大悟が、どうして金本ファイナンスを知ってるのか尋ねると、

 

「そもそも金本ファイナンスはうちの傘下だ。金本達が残した債権は当然俺たちのもの。」

 

「だが、家探ししても書類は出てこなかった。お前らが奪ったんだろう!」

 

…すでに燃やしてしまった書類。もし戻らなかったらどうする?と尋ねると、

 

「戻る戻らないは関係ない。」

 

「お前らは町山田開発をコケにした!建設現場のコンクリに沈めて、半世紀は土の下だ!!」

 

男の凄みに恐れる大悟。

 


 

一方ネオは…

 

「この携帯から辿りつくのは不可能!とか思ってんだろーな」

 

「でも残念!」

 

とパソコンを操作し、居場所を当てるネオ。

 

予想通り、町山田開発の建物だとわかったネオは、

 

「ヤクザ屋さんはしつこいからなー」

 

「ちょっと痛い目に合わせた程度だと必ず報復してくる。だから、徹底的にいたぶり尽くさなきゃ」

 

と、パソコンを猛スピードで打ち続ける。

 


 

―町山田開発の屋敷―

 

焦げ臭いにおいが広がり始める…

 

「大変です!プリンターから!コピー用紙が次々と!!燃える紙にプリントアウトされてます!」

 

あまりに予想のつかない出来事に腰を抜かす町山田開発の若。

 

そこに、ネオからまた電話がかかってくる

 

「僕からのプレゼント気に入った?」

 

確かにすごい…けれど、建物を燃やしてもヤクザたちを倒したことにはならない…と、それぞれが考えている時、

 

「大丈夫ですか?!」

 

と大勢の消防士が建物に入ってくる。

 

町山田の若は、

 

「なんで消防がもう…来るにしても早すぎる。誰が通報した?!」

 

すると、ネオが

 

「前もって僕が呼んでおいた。消防士っていう信頼のある肩書きの人間に、“証人”になってもらいたくて」

 

「証人?」

 

と言って、ハッと気づく町山田の若。ところが、気付いた時にはもう遅く、

 

「大変です!少年が拘束されてます!」

 

と消防士が、現場を取り仕切り、大悟を救助します。

 

「お前の狙いはこれか?!いつからこんなことを考えてた?!」と取り乱す町山田の若。

 

その問いに、ネオは、「人質をとった時から、人質をとることであんた自身が逮捕される理由をつくったんだ」

 

「じゃぁ最初から?!利用された?!俺たちが優位に立つための人質を使って…逆に俺たちをはめた?!ありえないっ!!なんだそれは?!」

 

「調子にのせて突き落とす。薬袋から僕の趣味きいてない?悪者いじめ!」

 

「ガキの遊びだよ」

 

ネオはそういって、一歩も動かずに、完勝!!!

ネオレイション2話 感想

1話に出てきた、金本ファイナンスの親分が出てきましたが、ネオは親分が動きだすことも、予想済みだったようですね。

 

先手先手を行くネオの頭脳、この先、どうやって“悪党”を街から追い出すのか楽しみです。

コメント