チェンソーマン3話 ネタバレと感想|マキマをめぐりデンジが喧嘩!?

2018年12月17日発売日の週刊少年ジャンプ最新話!

 

チェンソーマン3話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!

スポンサーリンク

チェンソーマン3話 ネタバレ

マキマのことを想って、ボ~っとするデンジ。

 

「俺も…マキマさんが好きです…」とひとりごと。

 

そして、マキマに連れてこられた先は、デビルハンター東京本部!

 

「デンジ君、こっちこっち!」

 

「東京には、民間も含めてデビルハンタが千人以上いるけど、公安は有休多いし、福利厚生が一番いいんだよ」

 

とマキマが話す横で、前回「デンジ君みたいな人好き」と言ったマキマとのことばかりを考えて妄想にふけるデンジ。

 

そんなデンジにマキマは、制服に着替えるよう促す。

 

「着替えたら、キミの同僚に会わせるから」着替えてから行くと、1人の男が立っています。

 

「彼の名前は早川アキ。デンジ君より三年先輩」

 

「今日は早川君について行きな」

 

あからさまに残念そうなデンジ「俺マキマさんと一緒に仕事すんじゃないんすか?」

 

アキはすかさず、「そんなわけないだろ。お前とマキマさんとでは格が違う。見回り行くぞ!」と言われ、引っ張り出されます。

 


 

―街の中―

 

「なぁ先輩よぉ。マキマさんって男いんの?」

 

「…」

 

「なぁよぉ」

 

「…」

 

「なあ」

 

「…ちょっとこい」

 

バキッ!

 

ビルの陰で何度も殴られるデンジ。

 

「お前仕事やめろ。明日も来たらまたボコるからな」というアキ。

 

「なんでだよ」

 

「俺の優しさが伝わらないかなぁ…」

 

そういって、半端な奴はこの仕事で命を落とすと話すアキ。

 

「お前さ…マキマさん目当てでデビルハンターなったろ」

 

「ピンポーン」

 

「じゃぁ殴って正解だったな。」

 

「マキマさんには俺から言っといてやるよ。お前は悪魔にビビッて逃げたってな」

 

そう言って去ろうとするアキの背後から、キン!急所を蹴りつづけるデンジ。

 

「先輩は優しい人なんだなぁオイ…」

 

「俺は今日、はじめてウドン食ったぜ…フランクフルトもな…」

 

「はじめて人並みの扱いされたし、はじめてメシ食わせてもらった」

 

「俺にとっちゃ夢みてぇな生活だ」

 

「俺は軽~い気持ちでデビルハンターになったけどよぉ」

 

「この生活続ける為だったら死んでもいいぜ」

 

ゴっ!なぐり合うデンジとアキ

 

「マキマさんはなぁ…お前みたいなチンピラが好きになっていい人間じゃねえんだよ!」

 

「あぁ?!んだよ!テメーもマキマさんが好きなだけじゃねーか!!」

 

「お前…マジで…玉ばっか…狙いやがって…」ドサ…倒れるアキ。

 

デンジはマキマのところまでアキを連れて帰ります。

 

「先輩が金玉の悪魔に、玉を襲われました」

 

アキは「ウソです…コイツの嘘です…」

 

その二人の様子をみて、マキマは

 

「ふーん。で、どう?仲良くできそう?」

 

「全っ然!」とデンジ

 

「こいつクズですよ」とアキ

 

仲良くできそうと判断したマキマは、「デンジ君には、早川君の部隊に入ってもらう。」

 

アキは納得いかない様子で、「ウチはただでさえめんどくさいのが多いんですよ?!これ以上変なヤツが増えたら…」

 

マキマは鋭い顔で言います。

 

「部隊を作ったときに言ったよね。他じゃ見ないような実験的な体制で動かしてみるって」

 

「…こいつ、何者なんですか?」

 

「デンジ君は人間だけど、悪魔になる事ができるんだ」

 

「…マジの話ですか?そういうの噂半分でしか聞いたことありませんけど…」と驚くアキ。

 

「デンジ君は特別なの。だから特別な対応で扱うことになりました。」

 

「公安を辞職したり、違反行動があった場合、デンジ君は、悪魔として処分されます。」

 

冷たい言葉をさらりと話すマキマ。

 

驚くアキと、初めて聞く話に固まるデンジ。

 

「それって…どういう事?」

 

「死ぬまで一緒に働こうって事」

 


 

―街の中―

 

アキとデンジが二人で歩く。

 

「お前を見張るために、一緒に住むことになった。」

 

「どっかに逃げたら殺していいって言われてるからな」

 

それを聞いて、一歩一歩足が止まるデンジ。

 

「…なぁ」

 

「マキマさんって悪い人なの?」

 

その問いにアキは、「いい人に決まってる…俺の命の恩人だ…」と言う。

 

それを聞いて、やっぱりマキマさんを好きだと思い返すデンジでした。

チェンソーマン3話 感想

デンジをどう使おうと企んでいるのか読めないマキマ。

 

これから寝起きを共にするアキが、マキマにどう命を助けられたのかも気になります。

 

アキの“めんどくさいのが多い”部隊で、今後、デンジがどう働くのか、アキとは仲良くなれるのか、楽しみです!

コメント