ネオレイション1話 ネタバレと感想|パソコン1台で街の悪と戦う!?

2018年12月10日発売日の週間少年ジャンプ最新話!

 

ネオレイション(ne0;lation)1話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

今週から新連載として始まったネオレイションですが、一体どんな漫画なのか楽しみですね~。

 

この記事を読むことで、そんなネオレイションの記念すべき第1話の内容がサクッと分かりますよ!

ネオレイション1話 ネタバレ

ーとある街の出来事ー

 

移動販売車でホットドッグを買っている少年がいました。

 

最近引っ越してきたと言うその少年は、女性の店員さんに「人探しをしてるんだけど知らない?」と聞きます。

 

「どんな人?」と店員さんが聞き返すと、「悪い奴」と答える少年。

 

店員さんが「そんなの探してどうするの?」と聞くと、少年は「いじめるんだよ」と、熱々のホットドッグを「うまっ」とほおばりながら言うのでした。

 


 

ー両親が借金を残して亡くなってしまい、たった二人で暮らす姉妹ー

 

両親が借金を残して亡くなってしまい、遺された姉弟はたった二人きりで暮らすことになりました。

 

当時高校生だった姉貴は学校を辞め、仕事をすることを選びます。

 

遺された弟である大悟は、2つのことをしなくてはいけなくなります。

 

まず一つ目はバイト。家計のためです。

 

「ミックスグリルとライスです」と、バイト先のレストランでお客さんの注文を持っていった先に座っていたのは・・・

 

いかにもガラの悪い細身の男性と、スキンヘッドの男・・・所謂、借金取りです。

 

「大悟くぅん愛想悪すぎなぁい?」とガラの悪い男に言われ、はあ・・・とため息をついて大悟はキッチン帽を脱ぎました。

 

「あんたらがわざわざ呼び出さなければ俺の仕事はキッチンだけだし、あんた達みたいな客に笑顔なんかできねぇ。それ食ったらとっとと出てって二度と来んな!」

 

声を荒げて、2人に出ていくように促す大悟・・

 

「えー何それぇ まるで俺達のせいで仕事できなぃみたいな言い方ぁ」と、細みの男が言い、
彼は店内に響くような大声で叫びました。

 

「この薬袋(みない)くんの家は他人からお金を借りておいてぇ、仕事がうまくいかないのは俺達のせいだって言うんですよぉ?!」

 

ざわざわとする店内で、大悟は無言でじっとこらえています。

 

細身の男は大悟に、「姉にガッポリ稼げる仕事があるから紹介するよ」と、嫌な感じで言います。

 

「今やらないと歳とってからじゃ買い手がつかないよぉ?」という言葉に、大悟はピク…と反応し「あ?」っとつぶやきました。

 

「たくさんの相手するのが嫌なら俺専用の愛人にしてやろうか?そうしたら借金融通してやってもいいぜ。」

 

その言葉に我慢ならない大悟は、頭の中のイメージ内で細身の男性を殴り飛ばしました・・。

 

実際は、もしもそれを実行してしまったら大騒ぎになり、学校を退学になってしまうので拳を出すのぐっとこらえてじっとしています。

 

大悟がやらなければならないこと、その二つ目はちゃんと高校を卒業することです。

 

これは高校を諦めるしかなかった姉からの、大悟への唯一のお願いなのでした。

 

そのとき、細身の男の後ろからコーヒーが飛んできてもろに頭に直撃!!

 

「ぶわっちぃいいいいいい!?」

という大きな音が店内に響き

 

「兄貴ぃぃぃいいい!!!」とスキンヘッドの男の驚いた悲鳴が響き渡りました。

 

細身の男性の後ろの席には、ホットドッグを買った少年が座ってノートパソコンを開きながらスマホを片手に座っていました。

 

「この釣りゲー、全然釣れないと思ったら振ってたのスマホじゃなくてコーヒーだった…!」

 

兄貴と呼ばれた細見の男を心配してスキンヘッドの男が叫びます。

 

「大丈夫ッスかああーー!?」

 

その事は対して応えたのは・・・

細見の男ではなく、コーヒーを投げた少年・・

 

「はい。PC見ながらやってたらスマホ飲むとこでしたけど何とか大丈夫ですよ。」

 

この言葉に対して、スキンヘッドの男は

 

「お前じゃねぇ兄貴に言ってんだ!!」「弁償だ!」と叫びます。

 

少年は、

 

「そんないいですよーカッコつけたくてブラック頼んだだけでほとんど飲まないし、苦いから」と返すと・・

 

「お前のコーヒーじゃねぇよ図々しっ!兄貴のシャツ代だ!」とスキンヘッドの男は叫びます。

 

「え・・?お兄さんと似てないですね」と少年は言い、

 

スキンヘッドの男は

「そういう兄貴じゃねえよ!なんだコイツ?!」と、話が全くかみ合っていません・・・

 

スキンヘッドの男は、兄貴を病院に連れて行くと言い、少年を「八分音符頭」と名付け、「治療費を100万円よこせ」と叫びました。

 

スマホで顔と制服姿を写真に撮り、そのままレストランを出ていきました。

 

一通り騒動が落ち着いてから大悟は少年に話しかけます。「お前・・顔見たことあるな。」

 

どうやら少年は大悟と同じ高校である原町田高校の1年で同級生だったようです。

 

「IQ191で全国模試1位、ぼくこそ超天才、尾根新太!」と少年は自己紹介をします。

 

新太は成績的には大悟の学校じゃなくてもよかったようですが、家が近いので原町田高校に決めたと言います。

 

そんな新太も、大悟のことは知っていました。不良として・・

 

大悟は、不良なんてやりたくてやっていたことじゃない・・・

 

さっきのヤクザのような、人を貶めてヘラヘラしているような奴を殴ったら、いつの間にかそう呼ばれるようになってしまった。

 

今は・・まぁ我慢してる・・と大悟は言います。

 

大悟は新太に、「さっきのヤクザは金本って言ってタチの悪いチンピラだから、学校の制服調べてお前の元に辿り着くぞ」と言いますが・・

 

「大丈夫!やられる前にやるから」と、新太の顔つきが変わり力強く言いました。

 

急に新太はPCを高速で操遠隔作し始め、そして瞬時に行ったことは・・

 

さっきのスキンヘッドの男のスマホを探し出し、その中に保存された画像ファイルを消去してしたのです!

 

新太は言います。

 

「僕は君と違って我慢しないんだ。我慢したことない。」

 

金満面の悪党が泣きっ面に変わる瞬間、超面白いんだぜ?と・・・

 

新太の発言に動揺を隠せない大悟ですが・・

レストランの同僚スタッフにオーダーが入ったからお願い!と呼ばれてキッチンに戻るのでした。

 

仕事を終えて帰宅する途中、大悟は昼間レストランに来た借金取りのスキンヘッドの男の後ろ姿を目撃します。

 

大悟は不審に思いながら、まずは家に帰宅しました。

 

家に戻ると姉に、さっき金本の子分来てた?と聞く大悟。

 

すると、さっきまでこの家にいたというのです・・

 

子分がきた用事は、今までの借用書とは別の借用書のコピーを持ってきたと言います。

 

それも、今までのと合わせると全額で900万近くになってしまうとのこと。

 

姉は今日急に言われたと言います。

 

父が死んで何年も経って、なぜ今まで黙っていたんだ?これは本物か?大悟は不審に思います・・

 

900万となると返す余裕はないと姉は言います。

 

法律的に争うことも考えたけど、弁護士費用も安くないから難しいと。

 

しかし、このこととは別に良いことも聞いた、と姉が笑顔で大悟に言います。

 

それはあの子分が、「キッチンカー含め事業ごと売れば700万になるから借金は残り200万になる。利子もぐんと減るけどどうか?」という誘いでした。

 

大悟は、姉のキッチンカーにかける想いを知っていました。

 

あのキッチンカーは、姉が高校を辞めて朝から晩まで働き、何もかも諦めるしかなかった姉が唯一、やってみていいかな?と言ったわがままで購入した大切なもの。

 

とても大悟には諦めきれません。

 


 

ー大悟、金本ファイナンスへー

 

大悟は本屋に行くと言って家を出ました。向かった先は、金本のいる金本ファイナンスです。

 

大悟は金本に土下座をしました。

 

どうしてもあのホットドッグ屋は売るわけにはいかない。

 

新しくわかった分の利子は待ってほしい。高校を出たら必ず働いて返すからと。

 

見逃してやってくれませんか?!と大悟は深く土下座して頼み込みました。

 

「どうせ土下座するならもっと深くしようか」と言われ、大悟は従ってもっと深く下がります。

 

すると「図が高い!」と急に靴で頭を踏んづけられてしまいます。

 

「これ一度やってみたかったんだよ!あっはっはっはっ」とどこかで聞いたことがある声・・・

 

大悟の土下座した頭を踏んでいたのは・・金本達、借金取りではなく新太でした。

 

「何でお前が踏んでんだ!尾…」と名前を言いかけたとき、シャラーーーップ!!と静止されます。

 

こんな悪そうな連中の前で個人情報を出すな!と叫ぶ新太。

 

僕のことは「ne0(ネオ)」と呼べ!と自信満々に宣言します。

 

そのとき、昼間の借りを変えさせてもらうぞと金本が詰め寄ってきました。

 

子分が、「いや兄貴ちょっとおかしい・・・」

何故こいつはこの場所がわかったんだ?と不審がります。

 

他にも知ってることがあるよ、とネオが言い、パソコンから音声を流しました。

 

するとそこから流れてきたのは、金本達の会話です。

 

あのキッチンカーを手に入れてSNSを使えば必ずヒットする・・とか、書類は真っ赤な偽物であの兄妹はちょろいだとか・・

金本達の悪事が全部大悟にばれてしまいました。

 

どうやって盗聴器を仕込んだ!?と聞く金本に、そんな高いものは使わないよとネオは言います。

 

ネオは、スマホに盗聴用のマルウェアを仕込んだといいます。

 

ネオはこうしたコンピュータの技術を犯罪に使う人間=破壊者(クラッカー)だと自らを名乗りす。

 

そして、自分はまだ未成年だから大した罪にはならない。

 

でも世の中にいる悪党を懲らしめるために、理系の不良として行動しているんだとネオは言いました。

 

そのパソコンを奪って壊せばいい!とナイフを持って突撃してきた金本に対抗したのは、大悟でした。

 

すると、金本の子分が書類原本を持って逃げ出そうとしました!

 

大悟は金本と争っているため、追うことができません。

 

子分が部屋を出て行こうとしたその時!

 

「メラ」

 

ネオがスキンヘッドの男を指さしながらこの言葉を放つと、なんと子分が燃えたのです!!

 

燃えた理由は、ネオが持っているPCから子分のスマホにハッキングして、負荷をかけて温度上昇させ、発火点を越えたときに燃えた、といいます・・・

 

ネオのようにパソコン一つでありえないことをやってのける者を、「魔法使い(ウィザード)」と呼んでいるのだそうです。

 

そのとき、金本自身はスマホを離して自分から遠ざけました。

 

これで変な魔法はくらわない!電子機器がなきゃ攻撃できないだろ!

 

これにはさすがのネオも、無理、としか言えません。

 

しかし、こんな時のための肉体系不良が、大悟です!

 

もし仮に殴っても殴られたことを話すには自分の犯罪も言わないといけないから、殴られても誰にも言えないよ、とある知恵をもらった大悟は、今までの数年分の怒りも込めて殴りまくりました。

 

大悟は姉の宝物を一緒に守ってくれたネオ=新太に心から感謝し頭を下げました。

 

新太は、大悟のような腕力のある配下が欲しかった!と言い、共に、悪党をこの町から一斉掃除しようと宣言するのでした。

 

幅を利かせている悪党がいれば新しい悪党は入ってこれない。

 

この町にはこの犯罪者、魔法使いのネオがいればそれで充分!と新太は言います。

 

これが大悟と新太(ネオ)の出会いと活動のスタートになります。

 

悪の魔法使いが、この町を支配するまで。

ネオレイション1話 感想

借金を遺して亡くなった両親に代わり、兄妹2人で苦労しながら借金返済の為に働く大悟と姉。

 

突然現れた新太(ネオ)のお陰で借金を帳消しになり新生活がどう進んでゆくのか気になるところです。

 

新太(ネオ)がコンピューターを使って、これから悪党をどのように成敗していくのかが見物です。

 

次話はコチラ↓

ネオレイション2話 ネタバレと感想|大悟がヤクザに拉致られた!?
2018年12月17日発売日の週間少年ジャンプ最新話! ネオレイション(ne0;lation)2話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 先週から新連載として始まったネオレイションですが、第2話...

コメント