ゴールデンカムイ182話 ネタバレと感想|アシリパの父の過去が明らかに!

2018年12月6日発売日の週刊ヤングジャンプ最新話!

 

ゴールデンカムイ182話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かりますよ~!

ゴールデンカムイ182話 ネタバレ

亜港監獄から無事脱出したソフィア・白石は、無事アシリパ・キロランケ・尾形と合流する。

 

前話でソフィアはキロランケに平手打ちをかましたが、その後は何事もなかったかのように、「さぁ行くよ!」と振り返り、先に進む。

 

場面が変わり、亜港監獄では依然として混乱が続いている。

 

看守が穴を見つけ、ソフィア一行を追おうと外に出る。

 

「いたぞッ あそこだ」

 

と、人影を見つけ銃を向けるも…

 

「待て!あれはニヴフの漁師だ!」

 

その周りは見渡す限り、漁をするニヴフたちが点々としていた。

 

看守たちは流氷の方角を探すことを諦めて、町の方角へ逃げた囚人たちを探しに行くことにした。

 

一方ソフィアたち一行は、流氷の上を悠々と歩いていた。

 

「上手くいった!!誰も追ってこねえ!!」

 

「脱獄決行の時間を 漁師の多い明け方にして正解だった!!」

 

白石はニヴフの漁師たちをカモフラージュにしていたのだった。

 

歩きながらアシリパは、ソフィアに自分の父について聞きたいと話しかける。

 

それを聞いたソフィアはニッコリと微笑み、「彼は純粋で美しかった」と、語りだした。

 

都会で何不自由ないお嬢様として育ったソフィアが、アシㇼパの父・ウイルクとキロランケ出会ったのは、革命運動だった。

  • 「コケモモの塩漬け」
  • 「樺太アイヌの犬ぞり」
  • 「前髪に結んだホホチリ」
  • 「ウィルタのトナカイの骨占い」
  • 「ニヴフのアザラシや魚の皮で作った服」
  • 「極東に住む少数民族たちの生活」

ウイルクはソフィアの知らないいろんなことを教えてくれたのだった。

 

「我々が話す独自の言葉 信じている神様」

 

「戦って守らないとすべて消えてしまう」

 

と、ウイルクは言う。

 

アメリカの先住民たちが白人に負けたのは、各部族が対立していたからだ、と大陸の歴史を引き合いに出し、生まれてくる子どもたちのために、独自の文化を守りたいのだと語るウイルク。

 

そのために、樺太アイヌと北海道のアイヌで協力し合い、樺太・北海道を含めた「極東連邦国家」を作る構想まで抱いていた。

 

ソフィによる、自身の父・アチャの昔話を神妙な面持ちで聞くアシリパ。

 

白石は、「ハハ…でっかいな」と、半ばあきれ顔だ。

 

また場面が変わって、脱獄の余波が残る亜港監獄では、杉本・谷垣・月島軍曹・鯉登少尉らが、現場の検分を行っていた。

 

脱獄に利用された穴を見つける谷垣。

 

月島軍曹は、「一歩遅かったが奴らは近いぞ」と双眼鏡を手に辺りを見回している。

 

杉本は、リュウにアシリパのマキリの匂いをかがせ、亜港監獄を後にした一行の行方をたどろうとしていた。

 

マキリの匂いを嗅いだリュウは、流氷の方を向いてソワソワしている。

 

その様子を見た鯉登少尉は「おいおい…流氷の上を逃げたというんじゃないだろうな?」と半信半疑の様子だ。

 

しかし杉本は、「リュウがあっちと言うなら俺は信じるぜ」と言いながら、リュウの頭を撫でまわす。

 

と、チカパシとエノノカが突然叫ぶ。

 

谷垣がどうしんたんだ?と振り返ると、穴の向こうにはトラが…。

 

衝撃のあまり「うわうっ」と変な声で叫び、上着のボタンを飛ばす谷垣。

 

その様子に思わずトラもビクッ。

 

杉本と鯉登少尉もトラに気づく。

 

犬たちは一目散に背中を向けて逃げ出した。

 

思わず、トラに向けて銃を放つ月島軍曹と谷垣。

 

弾丸はトラには当たらず、逃げ去るトラ…。

 

「カーン カーン」

 

「ドーーー…ン…」

 

流氷の空に、月島軍曹と谷垣の放った銃声がこだまする。

 

月島軍曹と谷垣の放った銃声は、流氷の上を歩く尾形の耳にも届いた。

 

尾形は無言で振り返る。

 

『古い銃で使われているような黒色火薬の間延びした銃声……』

 

銃声を分析し、何か考えている。

 

振り返りつつ、

 

「まさかな…」

 

とつぶやく…。

ゴールデンカムイ182話 感想

脱獄したソフィアによって、アシリパさんの父・ウイルクの過去が語られました。

 

ウイルクの壮大な思想には驚きですが、妙に納得感もあります。

 

なるほど、「この父にしてこの娘あり」かと。

 

また、回想で登場するウイルクの目は、ソフィアが「純粋で美しかった」と称したように、とてもまっすぐでした

 

そんなところも、アシリパとそっくりだという印象を受けました。

 

今回のハイライトは、杉本たちがトラと邂逅したシーン。

 

話の流れ的には、この後の銃声で尾形が杉本たちの存在に気づくことによって、次の話へと繋がっていくためだけのシーンです。

 

しかし、今回の話では数少ないギャグ描写。

 

体裁もなく上着のボタンを飛ばしてしまうほどにビクつく谷垣に影響されて同じようにビクつくトラ。

 

そして、トラにビビる「不死身の杉本」の後ろでわき目も降らず逃げ去っていく犬そり用の犬たち。お尻がかわいい。

 

しかし、前話で「何かがあった」と匂わせた、ソフィアとキロランケの再会シーンでしたが、結局今回で何があったのかははっきりしませんでした。

 

そこはちょっとモヤモヤの残るところです。

 

次週には何かわかるのでしょうか?

 

とはいえ、本編も早く進んで欲しいので悩ましいところですね…。

 

次週は一体どこまで進むのか期待です!

 

次話はコチラです↓

ゴールデンカムイ183話 ネタバレと感想|ウイルクの名前の由来が明らかに!
2018年12月6日発売日の週刊ヤングジャンプ最新話!(2019 No.2) ゴールデンカムイ183話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。 この記事を読むことで最新話の内容がサクッと分かります...

コメント